【メルカリ⑥】遊戯王カード転売としてのメルカリ活用(店舗仕入)


遊戯王カードのメルカリ転売方法

今回は《店舗仕入れ型》です。

僕が行っている店舗仕入れ方メルカリ転売術をまとめました。

《ストレージをうまく使いこなそう》

《高すぎず安すぎないカードを狙う》

viber-image%e3%81%ae

カードショップやブックオフのトレカコーナーでは、

ストレージのカードは1枚20円〜30円程度で販売されています。

そこから100円以上の価値があるカードを仕入れてメルカリで販売します。

本当にそんなカードあるのだろうか、と思う方も多いのではないでしょうか。

確かに高く売れるカードはきちんとショーケースに入れられて、ネットの価格に合わせたレート設定されていることがほとんどです(例外はありますが)

ですが、例えばブックオフの場合、

300円以上のカードはきちんとレート通りの値付がされていますが、1枚300円以下の価値のカードは、ちょくちょく20円コーナーに置かれていることがあります。

おそらく理由は、低価格カードの値付けや、トレンドによる微妙な価格の乱高下に、いちいち店員さんが対応するのは効率的ではないからだと思います。この高すぎず安すぎない微妙な塩梅のカードを狙っていくのです。

ブックオフ以外のカードショップも、3枚で300円程度で売れるカードがストレージに20円程度で転がっていることが良くありますので、最寄りのショップでカードが売っているところを見つけましょう。

個人的な所感としては、都心部のカードショップよりも、田舎のショップの方が競合の業者が少ないため良いカードを安価で仕入れることができます。

《手元に残る利益はだいたい145円程度》

viber-imageq

【3枚300円】で売れるカードを1枚20円で仕入れます。

遊戯王は同一カード3枚セットで仕入れます(理由は同一カードのデッキ上限が遊戯王は3枚だからです。)

そのセットをメルカリで3枚300円で販売します。メルカリの最低値付けが300円だからです。そのカードが欲しいお客様は一番安い価格で買った場合でも、メルカリ上では300円でしか購入できないため、この300円という最低金額を利用して価格を固定します。

原価は、3枚の場合仕入れ額は60円(20円×3枚)です。手数料10%が引かれるので、30円がメルカリに手数料として引かれます。発送料は、郵便書簡という配送方法を使い62円です。梱包資材は、スリーブや折れ防止の厚紙や濡れ防止ビニール等を合わせて、3円〜4円程度です。合計すると、300円で売れて、155円くらいが原価になります。なので1セット145円程度が利益になります。

これを1日7セット売ると、

1日1015円の利益。

月にすると、30450円程度の利益。

お小遣い稼ぎには十分な金額になるでしょう。

多く利益を出している人も利益創出の構図はこれと同じですので、至ってシンプルです。

《売れるカードの見つけ方はメルカリで検索》

遊戯王カードの知識があるカードは特に有利なのですが、

売れるカード見つけ方は【メルカリ検索】を使いましょう。

ショップの店頭で、レアカードや使えそうなカード(汎用カードなど)を何枚か探し出します。

そのカード名をメルカリで検索をかけ、いくらで売れているかを検索するのです。3枚300円で「SOLD OUT」になり売れているものが多くあれば、そのカードは売れるカードと思って良いでしょう。

あまり下まで行くと過去のレートより現在が下がっている可能性があるので、なるべく上の方の検索結果を参考にしましょう。目安は1、2か月以内です。

また、一覧を見るのが困難な場合は下記方法で検索します。

「詳細検索」→「販売状況」→「売り切れ」を選択し検索をかけます。

そうすることで過去に売れた商品一覧のみを表示させることができます。

過去に売れた実績がないカードは今後も売れることはほとんどないので、

そのカードは仕入れる必要はないでしょう。

逆に、売り切れが多い場合は、そのカードは需要があると考えられるため、それは売れるカードと断定します。

こうやって少しずつ知識を蓄えて、売れるカードのリストを頭の中に構築していきます。一度売れたカードは知識として頭に入るため、今後仕入れに行った際もこの知識を利用して再度仕入れることができます。やればやるほど知識が増えるため、慣れてくると一度の仕入れに100枚以上仕入れるということもあります。

はじめは不慣れかもしれないですが、慣れればとてもシンプルなので非常に楽しいです。

【まとめ】

慣れが大事とはいえ、とてもシンプルですし、何よりカードの知識やトレンドがわかってとても面白いです。

デュエリストの方もそうでない方も、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク