【メルカリ⑦】遊戯王カード転売としてのメルカリ活用(ネット仕入)


遊戯王カードのメルカリ転売方法

今回はネット仕入型です。

今回は前回の店舗仕入型に続き、今回はネット仕入型の紹介です。

viber-image%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%91

《引退品を購入しよう》

まずはネット仕入の定番である、【引退品購入】を紹介します。

ヤフオクやメルカリを頻繁に利用される方は、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

「引退」とは遊戯王のプレイヤーが卒業、引越、気まぐれなど何らかの理由に伴い、「遊戯王をやめること」を意味しています。

引退品とは、そういった遊戯王を引退された方から大量にカードを購入することです。仕入れ先は「ヤフオク」「メルカリ」「オタマート」などのフリマアプリやオークションなど、個人が出品できるサイトで行います。

ヤフオクやメルカリなどで「遊戯王 引退」などで検索すれば見つけられます。

ノーマルカードは、1枚2、3円程度が相場でしょうか。

売れるカードも結構混ざっていることが多いですので、これを仕入れて、メルカリに出品します。

良い引退品を仕入れできれば、かなりの利益を得られるでしょう。

《サイト間の価格差を利用する》

この方法は情報が命になります。

例えばあるカードがサイトAでは500円が相場、サイトBでは900円が相場

という状況でサイトAから仕入れて、サイトBで転売し、

その価格差を利用して利益を得る方法です。

例として「龍の鏡」というカードをあげましょう。

card1000379_1

今は「王の記憶編」で再録がされてしまったためレートが下がってしまい、サイト間の価格差はなくなってしまっていますが、

過去に、このカードの価格が「メルカリ<Amazon」となっている時がありました。

メルカリで3枚で400円〜500円程度が相場になって販売されていました。

つまり1枚130円〜160円程度です。

しかしAmazonの場合、1枚500円前後が取引相場で、3枚で1400円程度という状態の時がありました。3枚500円で仕入れて1400円で売れば、送料や手数料などの経費を引いたとしても、700円〜800円近い利益が出ます。

しかも、仕入れはネットでできるので、手間がかからないのです。

こういう価格差のあるカードを複数見つけてそれを展開するだけで、利益を稼げます。いたってシンプルです。

傾向としては、

新作カードよりは、過去のカード程この価格差はあるように感じます。高騰カードや不動の人気カードなどです。

一度このようなカードを見つけてしまえば、このカードは「金のなる木」として安定的な利益を上げてくれます。ありがたいですよね。

ですが注意してほしいのが、

この価格差は一時的なものであるため、大量に在庫を抱えることはリスクにもなります。

また一つの商品だけに特化してしまう場合もリスクです。こういった価格差のあるカードは新作カードなどと比べて回転率が低く、よくて1ヶ月 に2、3個程度の注文です。あんまり仕入れすぎても仕入金額だけが膨らみますし、価格差がなくなってしまったら、利益を創出することができなくなります。

なので1つのカードに特化するというよりは、薄く広くカードを仕入れることをおすすめします。

そして、肝心の探し方ですが、申し訳ないですが、これに関してはコツはないです。自分自身で探すしか方法はないです。

随時相場は変わっていくので、いろいろなところに アンテナを張り、その都度、知識として蓄えていくのがベストです。

おすすめとしては、引退品仕入や店舗仕入れをする中で情報を蓄え、その中で価格差のあるカードを見つけたら、それを安い相場のサイトで仕入れて、高い相場のサイトで出品することです。

利益をもたらしてくれるのは間違いないので、是非探してみてください!

009887

【まとめ】

ネット仕入れにはそのほかにもいろいろ方法があります。

ですが、今回は代表的な「引退品転売方法」「価格差を利用する方法」の二つを紹介しました。

皆さんも是非、自分だけの仕入れ方法を編み出してください!

また情報がありましたら随時更新します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク