【メルカリ⑧】遊戯王カード転売としてのメルカリ活用(価格設定編)


メルカリでの遊戯王カードの値付けのコツ

今回は、メルカリで遊戯王を出品する際に必要な価格設定のコツをご紹介いたします。

《まずは相場の確認》

まずはそのカードがいくらで売れているかの相場を確認しましょう。

「カード名」を検索すれば、他の出品者が出品したものを見ることができます。

メルカリは便利なもので、注文が入った商品は「SOLD OUT」がつくので、

「何が」「いくらで」購入されたのかを知ることができます。なので大体の相場がわかります。

《こちらは私の商品ページになります》

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-10-03-03

《セット売りや複数売りにも注目しましょう》

メルカリの良い点は、カード一枚一枚を単体で出すだけでなく、組み合わせて出すことができます。

例えば、コンボで力を発揮するカードを組み合わせて出品したり、同じカードを2枚セットや3枚セットでも出品する等です。

1枚1枚売る場合、なかなか売れないだけでなく、2回分の注文処理をしないといけないので、組み合わせや複数枚で売る場合の方が良い時もあります。もちろん送料も一回ですみます。その分、価格を少し下げてあげれば、購入者も出品者もwin-winだったりするわけです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-9-57-05

《回転率の確認を》

これは、結構見逃しがちなポイントになりますが、

その商品がどのくらいの頻度で注文がくるものなのかを確認しましょう。

検索結果一覧の中から「SOLD OUT」商品を見てみましょう。

そうすると「◯日前」「◯ヶ月前」に注文が来たかが表示されているので、いつに注文が来ているのかが把握できます。

その中から、比較的過去のものは「SOLD OUT」が多いが、最新の出品はあまり売れていないような商品の場合、過去は需要があったが、現在は需要が低く供給過剰になっており、回転率が悪くなっている可能性もあります。

その場合、相場的には「SOLD OUT」の価格よりも低くなっている可能性もありますので、その値付けで出してもなかなか売れない可能性があります。

早く売ってしまいたい時には、少し価格を下げて出品すれば売れる可能性が高まります。

逆に最新の出品したものにも、「SOULD OUT」が多くなっているようでしたら、その商品は現在も需要があり、回転が早い商品と言えると思うので、相場の価格で出品したらタイミング次第では、すぐに売れるでしょう。

回転率を確認せず相場のまま出品したとしたら、

供給過剰が進み、価格下落する可能性があるので結果的にロスに繋がります。

一つ一つ把握するのは手間がかかりますが、

なるべくこれを確認する癖をつけることで、「早く」「比較的高い価格で」売ることができます。

【まとめ】

今回は価格設定方法をご紹介いたしました。

少しでも高く、そして早く売りたい場合などは、

この記事を参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク