【遊戯王】《十二獣魔術師》デッキで公認大会優勝してきたぜ!考察多めにしました!


《十二獣魔術師》で公認大会優勝。デッキレシピから回し方、組み方、対策を紹介

新ストラクチャーデッキ《ペンデュラムエボリューション》に収録されている

《魔術師》を使った《十二獣魔術師》デッキで、公認ショップ大会で優勝してきました!

そのデッキレシピを公開します!そして考察も!

《十二獣魔術師:関連記事》

《十二獣魔術師》強化に使えそうな《マキシマム・クライシス》収録カード効果・構築解説

【遊戯王】環境テーマ《魔術師》デッキ対策。メタカードまとめ!

《十二獣魔術師》デッキレシピ

◇モンスターカード

  • 3虹彩の魔術師
  • 3紫毒の魔術師
  • 2黒牙の魔術師
  • 2白翼の魔術師
  • 2慧眼の魔術師
  • 1賎竜の魔術師
  • 3十二獣モルモラット
  • 3十二獣ヴァイパー
  • 1ドラコニア獣竜騎兵
  • 1EMキングベアー
  • 1エキセントリックデーモン
  • 1竜剣士ラスターP
  • 3増殖するg

◇魔法カード

  • 3十二獣の会局
  • 3星霜のペンデュラムグラフ
  • 1ペンデュラムコール
  • 1揺れる眼差し
  • 1ブラックホール
  • 1ハーピィの羽根箒

◇罠カード

  • 1時空のペンデュラムグラフ
  • 3次元障壁

◇エクストラ

  • 2十二獣ドランシア
  • 2十二獣ブルホーン
  • 1十二獣タイグリス
  • 1十二獣ワイルドボウ
  • 1ガガガザムライ
  • 1EMトラピーズマジシャン
  • 1希望皇ホープ
  • 1希望皇ホープザライトニング
  • 1星刻の魔術師
  • 1ダイガスタエメラル
  • 1励輝士ヴェルズビュート
  • 1爆竜剣士イグニスターP
  • 1サイフレームロードω

サイドデッキ

  • 3奈落の落とし穴
  • 2神の通告
  • 3王宮の鉄壁
  • 2浮霊さくら
  • 2ガメジエル
  • 1コズミックサイクロン
  • 1禁じられた聖杯
  • 1皆既日食の書

《十二獣魔術師》デッキ考察

デッキ構築ポイント

基本的な特徴を下記にまとめました。

◇レベル4の魔術師を採用

◇《ドラコニアの獣竜騎兵》《EMキングベアー》を採用

◇妨害系は《次元障壁》《神の通告》。サイドに《奈落の落とし穴》

◇《Emトラピーズマジシャン》《ガガガザムライ》《ホープザライトニング》採用


ブルホーンサーチ用に獣戦士のペンデュラムを入れてます。

《十二獣魔術師》デッキ回し方

《十二獣》《魔術師》双方のデッキテーマの特徴から展開を進めるのですが、

基本的には、フリチェ破壊効果を持つ《十二獣ドランシア》《ランク4》1〜2体を展開することができれば初動の動きとしてはOKです。

で、この《十二獣魔術師》が何故強いか。

それは良い循環が《十二獣》⇆《魔術師》で起こるため

《十二獣ドランシア》破壊効果→《魔術師》のぐるぐる促進はわかると思います。

それに加え、《魔術師》が《十二獣》にさらなる安定感をもたらし、《ドランシア》へつながるルートが超お手軽になります。

モルモラット→十二獣ドランシアのいわゆるモルモラット展開は、

ドランシアの破壊効果で魔術師側の展開を加速させる側面があり、十二獣→魔術師の展開から、ランク4エクシーズをさらに強固なものにします。

従来の十二獣は初手で《ドランシア》+《ダイガスタエメラル》の布陣が一般的でした。

そこに魔術師が加わることで《ドランシア》《ダイガスタエメラル》《星刻の魔術師》の3体が並びます。つまり魔術師展開を《十二獣出張》でサポートするわけですね。

それに加え、このデッキでは、

初手で《ドランシア》に届くルートが《魔術師》採用によって増えている側面もある。

つまり、魔術師→十二獣のルートも確保できるわけ。

レベル4ペンデュラムモンスターの《魔術師》は《十二獣ブルホーン》の素材にすることもできます。そこから《ドランシア》につなげられる。

  • 《慧眼の魔術師》
  • 《EMドクロバッドジョーカー》
  • 《星霜のペンデュラムグラフ》
  • 《虹彩の魔術師》

あたりがキーカードとなり、レベル4エクシーズを加速させてくれる。

もちろん、召喚した《ドランシア》は魔術師の《破壊→展開加速》にも寄与します。

つまり、良い循環を双方で生むのがこのデッキの特徴です。

《ドランシア⇆魔術師》で大量展開をできれば、あとはランク4エクシーズ相手を制圧していきます。

かなりエゲツなく、安定感が高いです。

《十二獣魔術師》デッキ妨害カード

妨害系カードとしては、おきまりの《増殖するg》《次元障壁》《神の通告》辺りを入れ、

そしてさらに《時空のペンデュラムグラフ》がかなり強いです。

《紫毒の魔術師》と《時空のペンデュラムグラフ》を使い、相手表側表示カード2枚を破壊できます。それも相手ターンに。

ここに《星霜のペンデュラムグラフ》があれば、さらなる魔術師をもう1体デッキよりサーチすることができます。

そしてこの《紫毒の魔術師》《時空のペンデュラムグラフ》はそれぞれサーチ手段に富んでいるため、かなりの確率で展開できます。

これは環境トップ取れるレベルですわ。

《十二獣魔術師》デッキ対策(メタ)

まずペンデュラム召喚自体を封じる点で《神の通告》《奈落の落とし穴》辺りでしょうか。


《神の通告》は墓地送り、《奈落の落とし穴》は除外ができるため相手の展開を少し遅らせることができます。ただ、神の通告はライフコストが必要なこと、奈落は天敵《紫毒の魔術師》は除外できないことがデメリットでしょう。

《次元障壁》ももちろん効果を発揮しますが、発動タイミングが難しいのと、《エクシーズ》《ペンデュラム》どちらを選べば良いかかなり迷います。

《コズミックサイクロン》なども、除外によってエクストラ行きを封じることができるので、良いです!

ミラーマッチの場合、《増殖するg》もかなり有効です。

手札が増えることはペンデュラムの安定性を格段に向上させるからです。

《メタルフォーゼ》デッキ使用者に《増殖するg》打たれると厄介ですよね。それと似た感じです。

大会準々優勝した《ズァーク》入り《十二獣魔術師》デッキ

マキシマムクライシス収録された《覇王龍ズァーク》採用型の、《十二獣魔術師》デッキがさっそく大会で結果を出したようです!

【デッキレシピ詳細】↓

【遊戯王】大会準々優勝したズァーク入り《十二獣魔術師》デッキ考察
大会準々優勝した《覇王龍ズァーク》入り《十二獣魔術師》デッキレシピ構築・回し方・考察 1月14日発売の《マキシマムクライシス》が発...

スポンサードリンク



まとめ

《デュエリストアドベント》の登場で、さらに《十二獣魔術師》が環境で活躍していますね!!

引き続き、十二獣魔術師に注目です!

《関連記事》

【遊戯王】環境テーマ《魔術師》デッキ対策。メタカードまとめ!

《十二獣魔術師》強化に使えそうな《マキシマム・クライシス》収録カード効果・構築解説

【遊戯王】大会優勝経験者が《真竜》環境取れるかガチ考察!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク