【遊戯王】《フレシアの蟲惑魔》再び高騰!?《魔術師》に奈落を打てるランク4エクシーズ


【遊戯王】《フレシアの蟲惑魔》再び高騰!?

《フレシアの蟲惑魔》が再び高騰しているようです。

理由は、魔術師対策(メタカード)に《奈落の落とし穴》が有効だからでしょう。

その価格と背景を考察していきます。

【関連記事:魔術師デッキレシピ・考察・構築・回し方など】

《フレシアの蟲惑魔》テキスト

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/地属性/植物族/攻 300/守2500

レベル4モンスター×2

(1):X素材を持ったこのカードは罠カードの効果を受けない。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、「フレシアの蟲惑魔」以外の自分フィールドの「蟲惑魔」モンスターは戦闘・効果で破壊されず、相手の効果の対象にならない。

(3):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、発動条件を満たしている「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。この効果は、その罠カード発動時の効果と同じになる。この効果は相手ターンでも発動できる。

《フレシアの蟲惑魔》高騰の価格推移

《ペンデュラムボリューション》発売前

魔術師が収録された《ペンデュラム・エボリューション》が発売された、

12月23日以降、一気に価格が上がっていますね。

十二獣が登場した10月上旬あたりに高騰しましたが、

採用率低下しつつも汎用ランク4エクシーズとして、

1枚約840円程度で推移していました。

《ペンデュラムボリューション》発売以降

平均価格が1000円程度とあるが、

Amazonでは最安で、1150円程度まで上がってます。

一時期は、1300円程度まで上昇していたので今回もそれくらいになる可能性もあるかも。

《Amazonリアルタイム価格》

→ フレシアの蟲惑魔

魔術師以外のデッキにも刺さるため、汎用ランク4エクシーズとして、

1枚は持っておいたほうが良いかもしれませんね。

《フレシアの蟲惑魔》高騰の背景

《魔術師》の環境入り

ペンデュラム・エボリューション》に収録された

《魔術師》デッキが早くも環境で結果を出しています。

《DJみーくんもさっそく公認大会で優勝しました!》

【関連記事】→《十二獣魔術師》デッキで公認大会優勝してきたぜ!

《魔術師》はペンデュラムテーマであり、

十二獣とも相性が良く、この二つのテーマが徒党を組み、

環境で暴れ始めていることが大きく関係しています。

そのメタとして《フレシアの蟲惑魔》と《奈落の落とし穴》が注目されているのでしょう。

《魔術師》メタとしての《フレシアの蟲惑魔》

《魔術師》はペンデュラムテーマ。

ペンデュラムモンスターは一度に大量に展開が可能で、

破壊されてもエクストラデッキに行き、次のターンにフィールドに舞い戻ってきます。

そのため《激流葬》などでは対策として不十分。

そこで、一度に大量に召喚された攻撃力1500以上のペンデュラムモンスターを全て除外できる《奈落の落とし穴》がメタカードとして白羽の矢が立っているというわけで、

それにつられ、汎用ランク4で、デッキより奈落発動可能な《フレシアの蟲惑魔》が高騰しているんです。

今や十二獣、ABC、召喚獣など、ランク4を立てられるデッキは無数にある。

魔術師が環境で暴れることを考えたら、

エクストラに1枚忍ばせておくこともまあわかります。

ということで、まだまだ《フレシアの蟲惑魔》

高騰が続きそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク