【遊戯王】環境で汎用ランク4《狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》採用率上がっている理由


【遊戯王】環境で《No.80狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》エクストラ採用で評価が上がっている理由

十二獣出張が環境ではもはや必須級になっていますですが、そんな十二獣デッキにランク4エクシーズモンスター《No.80狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》採用が増えています。

その理由や背景をさぐっていきます。

《No.80 狂装覇王ラプソディインバーサーク》テキスト

 エクシーズ・効果モンスター ランク4/闇属性/悪魔族/攻   0/守1200

レベル4モンスター×2

自分のメインフェイズ時、自分フィールド上のこのモンスターを、攻撃力1200ポイントアップの装備カード扱いとして自分フィールド上のエクシーズモンスターに装備できる。また、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。相手の墓地のカード1枚を選択してゲームから除外する。「No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク」のこの効果は1ターンに2度まで使用できる。

《No.80 狂装覇王ラプソディインバーサーク》採用率が上がっている理由

相手の墓地除外ができるため、現環境メタに役立ちます。

  • 召喚魔術やアレイスターなどの墓地除外が可能な《召喚獣》
  • 墓地肥やしから展開する《インフェルノイド》
  • 十二獣の方合やダイガスタエメラルが入っている《十二獣》

など墓地ソースを利用するデッキテーマに効果を発揮します。

特に《十二獣ノイド》には厄介でしょうね

十二獣ノイド関連記事はこちら↓

【大会デッキ考察】《十二獣ノイド》と《芝刈十二獣ノイド》の違い

基本的には後攻用カードで、モルモラット展開でフィールドに特殊召喚したモルモラット2体を素材にする形での展開になります。除外効果を使い終わったらドランシアに装備してしまえば余すことなく使い切ることができる。ヴァイパーと合わせれば打点2400のモンスターになる。

とはいえ、相手の手札の枚数や相手墓地の肥え状況を見ながら、他のランク4で出すものがないときに出すのが一般的。なので相手の出方を見ながら使い分ける必要があります。

もともと妨害系ランク4は少なく、《フレシアの蟲惑魔》は「デッキに落とし穴系カードを入れる」必要がありデッキを圧迫する要因になってしまう。そういった意味でもパッとでて相手の動きを阻害するカードが1枚程度エクストラデッキに忍ばせていても良いんじゃないかと思います。

環境に合わせてエクストラ採用もどんどん変わっていきますね!

引き続き十二獣環境は続きそうです!

【関連記事】

【遊戯王】《十二獣魔術師》デッキで公認大会優勝してきたぜ!考察多めにしました!

《連鎖除外》が十二獣対策として採用率が上がっている理由

十二獣に《禁じられた聖杯》採用率が上がっている理由

十二獣 vs 十二獣 対策(十二獣メタ)の考察

スポンサーリンク
スポンサーリンク