【遊戯王】今話題の《LLネプチューン》デッキは強いのか考察


「LLネプチューン」は強いのか

新規カードLL-インディペンデント・ナイチンゲール》と《The tyrant NEPTUNE》のコンボがやばいと話題になっています。

【そもそもLL(リリカルルスキニア)とは、考察記事はこちら】↓

【遊戯王】LL(リリカル・ルスキニア)デッキ回し方・構築・考察

この記事では、実際この《LLネプチューン》デッキは強いのどうなのかを考察します。

LLネプチューン(リリカルルスキニアネプチューン)カードテキスト

LL-インディペンデント・ナイチンゲール

 融合モンスター 星1 風属性
鳥獣族 ATK/1000 DEF/0
「LL-アセンブリー・ナイチンゲール」+「LL」モンスター
①:元々のカード名に「LL」を含むXモンスターを素材としてこのカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。そのモンスターが持っていたX素材の数だけ、このカードのレベルを上げる。
②:このカードの攻撃力はこのカードのレベル×500アップし、このカードは他のカードの効果を受けない。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。このカードのレベル×500ダメージを相手に与える。

【他のLL(リリカルルスキニア)一覧・考察はこちら】

【遊戯王】LL(リリカル・ルスキニア)デッキ回し方・構築・考察

The tyrant NEPTUNE

 効果モンスター 星10 水 爬虫類 ATK 0 DEF 0このカードは特殊召喚できない。

このカードはモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚する事ができる。

このカードの攻撃力・守備力は、アドバンス召喚時にリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値分アップする。

このカードがアドバンス召喚に成功した時、墓地に存在するリリースした効果モンスター1体を選択し、そのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。

LLネプチューン(リリカルルスキニアネプチューン)考察

《LLネプチューン》とは

《ネプチューン》は1体「リリース」して、アドバンス召喚可能な「レベル10・攻守0・爬虫類族」の上級効果モンスターです。アドバンス召喚を行うとそのリリースしたモンスターの攻守と効果を得ることが可能。

つまり「LL-インディペンデント・ナイチンゲール」リリースした場合、攻撃力1000で「LL-インディペンデント・ナイチンゲール」効果でレベル×500アップし、レベル10×500=5000アップで攻撃力6000の化け物に変貌します。

しかも、カード効果耐性があり、毎ターン自分メインフェイズに相手へ5000ダメージのバーン付き。

「LL-インディペンデント・ナイチンゲール」はレベル1で《簡易融合》を使って出せるので、《簡易融合》《The tyrant NEPTUNE》が2枚手札にあれば一気に展開することができます。

これは強いっすね。

中堅環境あたりで活躍しそうな予感がします。

《LLネプチューン》と相性の良いカード

ネプチューンが「爬虫類族」なのでランク4Xモンスター《キングレムリン》でサーチ可能。

そのためランク4エクシーズを立てられる《レベル4》を入れる構築になりそう。ということは、、、、、、、

忍び寄る「かれら」

はい、こいつらですね。《十二獣》。

おそらく《ランク4》関係なく環境に入るならこいつらの出張は必須でしょう。

《LLネプチューン》の展開方法は「アドバンス召喚」で《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》をリリースして《ネプチューン》を出すので、召喚権を使う必要がある。そのため初手に《ネプチューン》がない場合でも、《十二獣の会局》から召喚権を使うことなく《キングレムリン》へつなげ→《ネプチューン》サーチが可能なのでこの出張は必須です。

そして、何よりドランシアなどの妨害モンスターを立てられ、安定感、防御力強化のためにも《十二獣》は役に立ちます。

《LLネプチューン》デッキ構築・回し方

「サーチ手段」

《LLネプチューン》コンボは「召喚権」を使う必要があるので「召喚権使わないサーチ手段」を駆使することが重要です。

《簡易融合》がキーカードになりますがそのサーチ手段も決して多い訳ではありません。そのため《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》を召喚権を使わず特殊召喚するギミックが他にも必要。そこで「烏合無象」でしょう。《烏合無象》と《ワンフォーワン》コンボもかなり強力です。

《ワンフォーワン》デッキより《レベル1LL》1体特殊召喚→《烏合無象》発動→《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》を特殊召喚。

特殊召喚する「リリカルルスキニア」は「LLコバルトスパロー」を出せば「リリカルルスキニア」1体をデッキサーチが可能です。

効果詳細はこちらより↓

【遊戯王】LL(リリカル・ルスキニア)デッキ回し方・構築・考察

そして、この烏合無象軸での構築になる場合《RR》パーツ出張はありかもしれない。

《RRシンギングレイニアス》はXモンスターが場に入れば特殊召喚できるレベル4鳥獣族。ドランシアやキングレムリンがいれば手札から特殊召喚できる。使い分け次第で《烏合無象》のコストにできたり、ランク4エクシーズにつなげたりとかなり使い勝手は良くなりそう。

さらには召喚権を使ってしまいますが、

新規《捕食植物》出張で《簡易融合》と《ネプチューン》をサーチする手段もあります。

召喚権を使ってしまう点を除けば、現状最強のサーチ方法だと思います。

【詳しくはこちら↓】

【遊戯王】新規《捕食植物》を使った《捕食LLネプチューン》がやばい

「デュエルの進め方」

LL(リリカルルスキニア)自体は、サーチ手段や特殊召喚手段は豊富ですが、アド損になりやすいのと相手ターンの妨害がほとんどないので劣勢に立たされやすい。

この《LLネプチューン》を構築は、

1ターン目に召喚を決める構築に特化するか、もしくは妨害系カードや十二獣を多めに採用し、1ターン目はサーチに特化し2ターン目以降にネプチューンを出す構築にするか、のどちらかになりそう。

ちなみに「バーン系」の罠カードを多数採用する構築も重要です。

《魔法の筒》《業炎のバリアファイアーフォース》あたりを入れ、相手の妨害&バーンをして少しでもライフを削っておくことでネプチューンコンボで止めをさす、もしくはコンボ成功後にライフバーンを使い追い詰めることもできるので、相性は抜群です。

相手のライフをとことん削っていく構築になりそうですね。

スポンサードリンク



まとめ

いずれにせよ、《LLネプチューン》はかなり面白い構築になりそう。今後、あまり日の目を見なかったバーン系カードも注目されそうですね。

情報や構築が開発され次第随時、情報を更新していきます!

【関連記事:捕食植物軸《捕食LLネプチューン》デッキ】

【遊戯王】新規《捕食植物》を使った《捕食LLネプチューン》がやばい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク