【遊戯王】大会で結果を出した《真紅眼(レッドアイズ)》デッキ考察


大会準々々優勝した《真紅眼(レッドアイズ)》デッキレシピ考察

先日のCSで《真紅眼》デッキが4位と大会で結果を出しました。そのデッキレシピを参考にし、構築・回し方等を考察していきます。

大会で結果を出した《真紅眼》デッキレシピ(融合軸)

《真紅眼(レッドアイズ)》デッキレシピ

オレタンCS 4位(2017年1/8開催)

(遊戯王カード検索様・はねまん様より)

インベイジョン・オブ・ヴェノム》で強化された《流星竜メテオブラックドラゴン》を主軸にしたデッキ構築になっております。

《真紅眼》デッキレシピ考察

「墓地起動カード」

昨今は、エクストラ多用デッキが多くF・S・X・Pに頼った戦い方をすることが非常に多くなりました。無論このデッキも多数の優良エクストラを採用しています。

そんな中、このデッキには墓地起動のカードを多く採用し、魔法罠カードを駆使しながら墓地にモンスターを送り、墓地リソースを使い上級モンスターを呼ぶこともできる構築になっています。

基本的な動きとしては、《真紅眼融合》から《流星竜メテオブラックドラゴン》を呼び、

墓地肥やしをしながら「墓地起動」カードで大型モンスターを展開する形になります。

何より特徴的なのが、通常モンスターとして通常召喚が可能なレベル4以下のモンスターは《増殖するg》を除けばたったの3体

高速化した現環境で勝ち抜くには、召喚権を使わないと戦えないデッキはあまりにも遅すぎる。そう言った意味でもあえて特殊召喚に振り切ったデッキ構築をすることで無駄な要素を削いだ展開が可能になる。

「デュアルモンスター」もいるので召喚権はそちらに使いたいし。

あとは《カオスソルジャー開闢の使者》《ライトパルサードラゴン》《レッドアイズダークネスメタルドラゴン》など大型モンスターでビートしていく戦いになります。

「罠カードが多い」

《十二獣》や《召喚獣》といった1ターンで大量展開するデッキ構築とは違い、どちらかというと少しスローな動き出しになるのが《真紅眼》の特徴でもある。

そのため罠カードを多く採用し、相手の動きを序盤は制して、中盤以降に畳み掛ける方法をとる方が良い。

さらに、もともと相手の妨害要素が少なく、何よりエクストラ依存度も低い《真紅眼》は、《AF(アーティファクト)》出張とも相性が良く、相手の妨害要因として《アーティファクトの神智》を3積みしています。

エクストラ封じはやはり強力で、十二獣や召喚獣などの環境勢にはやっぱり強力に効果を発揮します。

そして、墓地リソースからの特殊召喚ギミックを多用するため、あまり自分の妨害にはならない《スキルドレイン》の採用も納得出来る。

汎用罠カードをもう少し採用しても良い気もしますが、手札事故も考えこれくらいの採用が良いのかもしれません。

サイドデッキに《壊獣》

後攻用の除去鉄板《壊獣》を採用して、先行制圧展開をされた時用の対策もきちんと用意している。

「ランク7エクシーズ」も多少取り入れ、ケースバイケースで《真紅眼の鋼炎竜》につなげられるように、採用している《壊獣》はレベル7の《クモグス》と《ラディアン》を。

サイド採用する《壊獣》も使うデッキタイプによって採用されるモンスターが変わるのは面白いところ。

あとは、先行用のサイドカードとして《神の通告》あたりもちゃんと入れてあるようです。

まとめ

いずれにせよ、この環境の中で《真紅眼》で結果を出したのはマジですごい。

【環境トップ勢の対策(メタ)はこちら】

【遊戯王】環境勢《召喚獣》メタカードまとめ

《環境考察》十二獣 vs 十二獣 対策(十二獣メタ)の考察

スポンサーリンク



こういった構築で勝てるデュエリストはマジで最強でしょうね!

まだまだ私も学ぶことだらけのようでございます。

今後も面白い構築のデッキが優勝した際は、また考察をしていきます!

【関連記事:大会優勝デッキ考察】

【遊戯王】大会優勝した《クリストロン(水晶機巧)》デッキ考察

【遊戯王】《ブラックマジシャン》デッキが大会準優勝!デッキレシピを考察

【遊戯王】大会準優勝した《サイフレーム》入り《インフェルノイド》デッキ考察

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク