《灰流うらら》効果考察。手札誘発はやはり強い【遊戯王OCG】


《灰流うらら》効果テキスト

星3 炎属性
アンデット・チューナー ATK/0 DEF/1800
「灰流うらら」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。
・デッキからカードを手札に加える効果
・デッキからモンスターを特殊召喚する効果
・デッキからカードを墓地に送る効果

【灰流うらら裁定】《灰流うらら》裁定。増殖するgにチェーン無効化可能!

《灰流うらら》効果考察

幅広い「デッキから〇〇」効果を無効化

手札誘発《灰流うらら》ですが、幅広く「デッキから〜」的なカードを無効にできます。ちなみに無効であって、破壊ではないのは注意が必要。

サイドデッキにも、メインにも入れられる。

同じ手札誘発カードである《幽鬼うさぎ》は、破壊はできるが、無効化できないので手札誘発として使い分けになりそうですね。

汎用性としてはどちらかというと《幽鬼うさぎ》に分があるので、《灰流うらら》はデッキ枚数がキツキツなデッキには「サイドデッキ」からの採用も多くなるかもしれません。

《灰流うらら》は環境デッキメタ・対策の

《十二獣》対策

《灰流うらら》は十二獣メタにもなります。

効果発動のタイミングとしては下記などになります。

  • 《十二獣の会局》の効果発動時、
  • 《十二獣ブルホーン》サーチ発動時、
  • 《十二獣モルモラット》の付与効果発動時、

一番効果的なのは《十二獣の会局》に対して発動する事ですかね。無効化・破壊されるので召喚権を使わないモルモラットの特殊召喚を防ぐ事ができます。

又、《魔術師》や《真竜》など「破壊待ち」のテーマも多くあるので、その展開速度も急激に落とせるのもかなり良い。

十二獣の会局が入れられるから《十二獣》を出張しているというテーマも多いと思うので、それを止める事ができるのは大きいですね。

【関連記事:《十二獣》対策】↓

《環境考察》十二獣 vs 十二獣 対策(十二獣メタ)の考察
遊戯王環境トップの《十二獣》のミラーマッチ対策メタ 現環境は、十二獣一強の環境ですね。 そもそもなぜ十二獣が強いのかを考えないと、 ...

《召喚獣》対策

《灰流うらら》は召喚獣対策にも有効です。

  • 《召喚師アレイスター》サーチ効果
  • 《暴走魔法陣》サーチ効果
  • 《テラ・フォーミング》サーチ効果

発動のタイミングとしては、上記がメインになりそうです。

一番良いのは《アレイスター》のサーチ効果発動時でしょうね。特に初手の場合ですとなおさら。

テラフォなども含めて事実上9枚アレイスターがデッキに入っている計算なので、初手に持っている可能性だってあります。そのため通常召喚時の《アレイスター》に対して発動するのが最適かと思います。

《召喚魔術》サーチを封じてしまえば、

《召喚獣メルカバー》《ドランシア》が並ぶ最悪最強の布陣を防げるます。

【関連記事:召喚獣対策】↓

【遊戯王】環境勢《召喚獣》メタカードまとめ
《召喚獣》対策(メタ)まとめ。《十二獣召喚獣》デッキ対策カード 「十二獣」対策記事は多々ありますが 《召喚獣》対策記事は少な...

【関連記事:召喚獣基本知識】↓

【遊戯王】召喚獣デッキの組み方解説!優勝デッキも紹介
《召喚獣》デッキの組み方 全国各地で《召喚獣》デッキが続々と結果を出しています! 《召喚獣》関連記事はこちら》 →...

《インフェルノイド》対策

《灰流うらら》は《インフェルノイド》対策にもなります。

  • 《隣の芝刈》発動時
  • 《左腕の代償》発動時

発動タイミングとしてはどちらでも良いですが、《左腕の代償》発動時が一番効果的でしょうか。問答無用で相手の動きを封じることができます。

最近は「芝刈型」のインフェルノイドの発動がかなり多くなっているため、この手札誘発からの対策はかなり堪えるのではないでしょうか。

《芝刈十二獣ノイド》使用者はカモフラージュするためにも、芝刈発動の前に《十二獣の会局》や《モルモラット》展開などで《灰流うらら》を使わせてしまうのもありでしょうね。

《灰流うらら》と《アーティファクトロンギヌス》の採用率上昇すれば、《インフェルノイド》の入賞数はかなり落ちることが予想され、2017年4月のリミットレギュレーションを待たずして事実上の弱体化になりそうです。

【関連記事:インフェルノイド大会優勝デッキ基礎知識】↓

【遊戯王】《十二獣ノイド》と《芝刈十二獣ノイド》の違い。《大会優勝デッキ考察》
【遊戯王】大会優勝デッキレシピの構築から見る《十二獣ノイド》と《芝刈十二獣ノイド》のちがい。十二獣とインフェルノイドの
【遊戯王】大会準優勝した《サイフレーム》入り《インフェルノイド》デッキ考察
【遊戯王】大会準優勝した《PSYフレーム》入り《インフェルノイド》デッキレシピ考察 2016年10月レイジングテンペストで《隣の芝...

スポンサーリンク



まとめ

KONAMIとしては、先行有利を少しでも食い止めようと後攻用サーチ対策カードとして、《灰流うらら》を登場させたのかもしれませんが、裁定判明によって、完全に先行有利を助長する形になりそう。

【灰流うらら裁定】《灰流うらら》裁定。増殖するgにチェーン無効化可能!

【関連記事:真竜】

【遊戯王】《真竜》デッキ回し方・構築・考察!環境入りは確実!

【遊戯王】《真竜》デッキ対策。メタカードまとめ!

【遊戯王】《真竜》デッキに《DD》出張がめっちゃ相性良い件

【灰流うらら裁定】

《灰流うらら》裁定。増殖するgにチェーン無効化可能!

スポンサーリンク
スポンサーリンク