【遊戯王】《十二獣ライカ》《十二獣ハマーコング》使い方・回し方・構築・ワンキル解説


《十二獣ライカ》《十二獣ハマーコング》十二獣デッキでの回し方・ワンキルルート解説

「2017年1月14日」にマキシマムクライシスが発売されました。

【マキシマムクライシス予約】↓

マキシマムクライシス予約(駿河屋)

マキシマムクライシス(Amazon)

《十二獣ライカ》

 エクシーズ・効果モンスターランク4/地属性/獣戦士族/攻   ?/守   ?

レベル4モンスター×2体以上

「十二獣ライカ」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。

(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、効果が無効化され、X召喚の素材にできない。

《十二獣ハマーコング》

 エクシーズ・効果モンスター

ランク4/地属性/獣戦士族/攻   ?/守   ?

レベル4モンスター×3体以上

「十二獣ハマーコング」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。

(2):X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカード以外のフィールドの「十二獣」モンスターを効果の対象にできない。

(3):自分・相手のエンドフェイズに発動する。このカードのX素材を1つ取り除く。

《十二獣ライカ》《十二獣ハマーコング》考察

基本的な《十二獣ライカ》《十二獣ハマーコング》使い方

今までの《十二獣》デッキレシピでは、十二獣Xモンスターの採用は下記が一般的でした。

  • 2十二獣ドランシア
  • 2十二獣ブルホーン
  • 1十二獣タイグリス
  • 1十二獣ワイルドボウ

「純構築」の場合、《ドランシア》《ブルホーン》3枚ずつというのもありましたが、基本的な形はこの採用枚数になるのではないかと思います。

そんな中、今回登場した2体の十二獣エクシーズモンスターによって純構築はもちろん、出張タイプのデッキの強化になりました。

1ターンに1度しか同じ十二獣は重ねる効果を使えないため、ワイルドボウ以外の下敷き要因が増えたことは純構築にとってはかなり嬉しいことでしょう。

《十二獣ライカ》は「墓地復活」効果があるため出張としても効果的。下記では出張タイプでの使い方もまとめました。

「十二獣のワンキルルート」

今回の新規登場で手札1枚からのワンキルが可能になりました。

  • 《十二獣の会局》1枚からの8300ダメージ
  • 《十二獣モルモラット》《炎舞天キ》2枚からの8400ダメージ

のワンキルルートを下記で紹介してます!↓

【遊戯王】《十二獣》ワンキルルート回し方。《十二獣の会局》1枚から8300ダメージ!
《十二獣ハマーコング》《十二獣ライカ》登場によりワンキルが可能に。ワンキルルート・回し方解説 《十二獣ハマーコング》《十二獣ライカ》の登場...

《真竜》リリース要因になります

【展開例】

《モルモラット》→《モルラット》展開(詳細は割愛)→《モルモラット》2体+素材を持った《ブルホーン》→ブルホーン効果で《ヴァイパー》サーチ→《ブルホーン》に《ライカ》重ねて《ブルホーン》取り除き、墓地の《十二獣》1体復活→《ドランシア》重ねる

最終局面:ドランシア+モルモラット2体+十二獣1体+(手札にヴァイパー)

ライカで復活させた十二獣1体はリリース要因になり、《真竜の継承》や《真竜の使徒》を使い《真竜剣皇マスターP》などを特殊召喚できます。→真竜カード効果解説・考察

《魔術師》シンクロに使えます

【展開例】

《モルモラット》→《モルラット》展開(詳細は割愛)→《モルモラット》2体+素材を持った《ブルホーン》→ブルホーン効果で《ヴァイパー》サーチ→《ブルホーン》に《ライカ》重ねて《ブルホーン》取り除き、墓地の《モルモラット》1体復活→《ドランシア》重ねる

最終局面:ドランシア+モルモラット3体+(手札にヴァイパー)

基本的な流れは、前述の《真竜》展開と同じになります。

《ライカ》で復活させる十二獣モンスターは《モルモラット》を選びましょう。《ライカ》復活モンスターは「効果が無効化されエクシーズ素材にできない」ですが、「シンクロ素材」にはできます。

なので《ズァーク》登場で採用される可能性がある《白翼の魔術師》とレベル8シンクロ召喚ができます。→《ズァーク》デッキ回し方・構築

レベル8シンクロには《覚醒の魔導剣士》や《PSYフレームロードω》など有力なモンスターが多数いますので、デュエルの展開を有利に進めることが可能になります。

総括

《十二獣ライカ》はかなり汎用的ですし、何せ通常のエクシーズ召喚も《十二獣ブルホーン》とおなじ「レベル4モンスター2体」で可能なので、召喚獣などにも使えます。

《浮霊さくら》などでブルホーンが除外されてしまった場合でもこいつから十二獣展開につなげることも可能になります。

そういう意味でも《ワイルドボウ》よりはかなり使い勝手が良い感じでしょう!

《十二獣真竜》デッキが大会優勝!デッキレシピ考察!

《真竜》デッキ回し方・構築・考察!環境入りは確実!

《十二獣魔術師》デッキで公認大会優勝してきたぜ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク