【遊戯王】環境での《醒めない悪夢》考察。先行サイドデッキの活用法


《醒めない悪夢》考察。《魔術師》《メタルフォーゼ》などペンデュラムテーマメタにも。

《醒めない悪夢》が《マキシマムクライシス》に収録が決定しましたが、

このカードが《魔術師》《メタルフォーゼ》などの「ペンデュラムテーマ」メタとしても有効で、サイドデッキ採用率が上昇しています。

その内容に迫っていきたいと思います。 

《醒めない悪夢》テキスト

 永続罠「醒めない悪夢」の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。

(1):1000LPを払い、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象としてこの効果を発動できる。そのカードを破壊する。

《醒めない悪夢》考察

ターン1制限なし〜「ペンデュラムテーマメタ」

《醒めない悪夢》は「1000ライフ」を払いフィールドの表側表示魔法・罠カードを1枚破壊できる効果です。

永続罠カードなので、同じくメタとして使える速攻魔法の《サイクロン》系に比べて、動きとしては少し遅くなってしまいますが

(→《コズミックサイクロン》高騰!

《醒めない悪夢》は「1ターンに1度」の制限がないため、1ターンに何回でも破壊することが可能です。

「ペンデュラム」をセット時に破壊していけば、「セットし破壊、セットし破壊」でペンデュラム召喚自体を封じることができます。

サーチや破壊能力をもつ《魔術師》ならまだ巻き返しが可能かもしれませんが、

《メタルフォーゼ》に関しては、打ち手がなくなってしまうでしょう。フィールドに出て仕舞えばただのバニラですし。

「サイドデッキ」での活用〜先行用カード

とはいえ、永続罠カードという特性上、メイン入りは少し重い。

《コズミックサイクロン》をメインで入れておき、先行の時は入れ替えるといった形が現状としては無難でしょうか。

サイドもメタでパンパンなので、おそらく1枚。入れても2枚が限度でしょう。

とはいえ、先行初手で弾けたら色々と使い勝手が良いため重宝します。

《魔封じの芳香》との対比

今までのペンデュラムメタカードと言えば、「Pスケールセット自体」を無効にする《魔封じの芳香》でした。

《醒めない悪夢》と《魔封じの芳香》。それぞれメリットデメリットがありますので、どちらが良いとはいえないのが現状です。

【《魔封じの芳香》メリット】

  • 《ハーピィの羽根箒》対策可能。
  • 他の魔法カード封じにもなる。

【《魔封じの芳香》デメリット】

  • セット済Pカードは無効化不可能。
  • 自分もセットしないと魔法発動できない。

 【《醒めない悪夢》メリット】

  • セット済みPも破壊可能。
  • あまねく永続魔法罠・フィールド魔法メタになる。

【《醒めない悪夢》デメリット】

  • 《ハーピィの羽根箒》や《ドランシア》で破壊される。
  • 通常魔法対策はできない。

といったところでしょうか。

まあ、一長一短があり、どちらが良いというよりは「相手テーマ」や「環境の流行り」などに合わせて投入枚数を考えていくのが良いでしょう。

スポンサーリンク



まとめ

新弾《マキシマムクライシス》で今回もかなり面白いカードが出ましたね!

メタや対策の探り合いで、さらにデュエルに深みが生まれそうな予感がしますね!

引き続き、環境の動向に注目していきたいと思います!

【関連記事】

【遊戯王】《コズミックサイクロン》高騰値上がり!《真竜》《魔術師》対策に!
《コズミックサイクロン》高騰値上がり!環境テーマメタになる。対策カードとして採用率上昇 環境デッキの対策になるということで《コズミ...
スポンサーリンク