【遊戯王】大会環境《純十二獣》で《死者蘇生》の採用率が上昇!


大会環境で純構築《十二獣》で《死者蘇生》の採用が増えている!

遊戯王カード SDMY-JP026 死者蘇生(ノーマル)遊☆戯☆王 [STRUCTURE DECK -武藤遊戯-]

環境での《純十二獣》デッキ構築

遊戯王カード MACR-JP047 十二獣ハマーコング(ノーマル)遊☆戯☆王ARC-V [マキシマム・クライシス]遊戯王カード MACR-JP048 十二獣ライカ(レア)遊☆戯☆王ARC-V [マキシマム・クライシス]

《十二獣ハマーコング》《十二獣ライカ》登場で、《純十二獣》が環境で上位を占めるようになりました↓

【遊戯王】《十二獣ライカ》《十二獣ハマーコング》使い方・回し方・構築・ワンキル解説
《十二獣ライカ》《十二獣ハマーコング》テキスト 《十二獣ライカ》  エクシーズ・効果モンスターランク4/地属性/獣戦士族...

大会優勝した純構築《純十二獣》デッキレシピ

純構築《純十二獣》大会優勝デッキレシピ

はっちCS×鯱プレイズ杯 in 愛知 1位

第2回バトロコ杯 ベスト4

純構築が大会でも上位を占めており、

《十二獣真竜》や《十二獣召喚獣》などを抑え、大会優勝してますね。

その純構築が強くなった理由は、

《十二獣の会局》1枚からの8300ポイントワンキルが可能になったからでしょう↓

【遊戯王】《十二獣》ワンキルルート回し方。《十二獣の会局》1枚から8300ダメージ!
《十二獣ハマーコング》《十二獣ライカ》登場によりワンキルが可能に。ワンキルルート・回し方解説 《十二獣ハマーコング》《十二獣ライカ》の登場...

純構築《純十二獣》での《死者蘇生》の採用

遊戯王カード SDMY-JP026 死者蘇生(ノーマル)遊☆戯☆王 [STRUCTURE DECK -武藤遊戯-]

古株のカードで、その汎用性も高さから昔から使用率が高い《死者蘇生》ですが、《純十二獣》とは特に相性が良いようです。

今の時代デュエルスピードが高速化し、先行で引いてしまっても墓地にカードがない場合腐ってしまうため、最近の《死者蘇生》の利用率はあまり高くなかったですが、1枚エクシーズができる《十二獣》の場合、簡単に墓地が肥えるので相性が良いわけです。

しかも墓地に行った《十二獣》をコストなく復活できるのは実質《十二獣の会局》がもう一枚あるようなもの。

遊戯王カード RATE-JP059 十二獣の会局(レア)遊☆戯☆王ARC-V [レイジング・テンペスト]

純構築ならばエクストラの《十二獣X》モンスターも複数積んでいるため、複数体並べることも可能になるのもポイント。

採用率上昇も納得できますね!

スポンサーリンク



まとめ

私の周理を考えてもやはり《純十二獣》はかなり強い。実際大会でも《純十二獣》が結果出していることが多いですね。

ワンキルルートにあるし、妨害カードをたくさん積むことができるのでメタカードを入れやすく相手からしたら厄介なのでしょう。

《真竜》や《魔術師》など新しい勢力が伸びてきている中、引き続き、十二獣一強環境は続くのでしょうか!!今後の環境の動向からも目が離せないですね!!

【関連記事:十二獣】

《環境考察》十二獣 vs 十二獣 対策(十二獣メタ)の考察
遊戯王環境トップの《十二獣》のミラーマッチ対策メタ 現環境は、十二獣一強の環境ですね。 そもそもなぜ十二獣が強いのかを考えないと、 ...
【環境考察】十二獣に《禁じられた聖杯》採用率が上がっている理由
大会優勝十二獣デッキに《禁じられた聖杯》の採用率上昇 その十二獣に、以前はあまり採用が見られなかった《禁じられた聖杯》の採用率が上昇してい...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク