【遊戯王】「芝刈不知火シラユキ」の《増殖するg》デッキロスワンキルがやばい


シラユキ・アマテラス・ネクロフェイス・芝刈・十二獣・不知火で《増殖するg》デッキデスコンボ

《増殖するg》デッキロスワンキル

効果モンスター

星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200

「増殖するG」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。(1):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。このターン、以下の効果を適用する。

・相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

《増殖するg》は特殊召喚するたびに「デッキ1枚ドローしなければならないため」特殊召喚ループなどで相手のドローを誘い、デッキロスを狙うことがでワンキルすることが可能です。

今回紹介する《芝刈不知火シラユキ》デッキは、

比較的容易な発動条件であり、且つコンボ用の専用デッキというよりは、メインデッキギミックに少しコンボ要素カードを加えるだけで作れるのがポイントです。

《芝刈不知火シラユキ》デッキロスコンボ

【発動条件】

相手に《増殖するg》を使われた状態で

  • 手札に《十二獣の会局》
  • 芝刈で《ネクロフェイス》《不知火の隠者》《不知火1体》《シラユキ》が墓地へ

  1. 芝刈発動
  2. 《十二獣の会局》→モルモラット展開でライカ(ブルホーン+タイグリス素材持ち)とモルモラット2体+ラムサーチ(8ドロー
  3. 墓地の《シラユキ》効果で墓地の《ネクロフェイス》《不知火の隠者》《不知火1体》を含む7枚除外して《シラユキ》特殊召喚(1ドロー)→シラユキ除外効果にチェーンして《ネクロフェイス》効果で除外された時に(5枚デッキロス)+《不知火の隠者》効果で《不知火1体》を除外ゾーンから特殊召喚(1ドロー
  4. モルモラット1体・不知火1体・シラユキで《アマテラス》をX召喚(1ドロー)→効果で《シラユキ》取除き《ネクロフェイス》除外ゾーンより特殊召喚(1ドロー
  5. 墓地の《シラユキ》効果で、場の《ネクロフェイス》《アマテラス》と「墓地5枚」除外して《シラユキ》特殊召喚(1ドロー)→除外されたネクロフェイス効果で(5枚デッキロス
  6. ラム召喚→ラム・シラユキ・モルモラットで2枚目《アマテラス》特殊召喚(1ドロー)→効果で《シラユキ》取除き《ネクロフェイス》特殊召喚(1ドロー
  7. 墓地《シラユキ》効果で《アマテラス》《ネクロフェイス》含む墓地5枚取除き《シラユキ》特殊召喚(1ドロー)&ネクロフェイス効果で(5枚デッキロス
  8. 《ライカ》効果で墓地《ラム》蘇生。(1ドロー)→《ライカ》に《ドランシア》重ねる(1ドロー)→《ドランシア》効果で《ラム》破壊しモルモラット特殊召喚(1ドロー)→《モルモラット》と《シラユキ》で《ブルホーン》X召喚(1ドロー

これで【35枚デッキロス】ができ、初手の5枚と合わせて40枚をめくれる。

《幽鬼うさぎ》《D.D.クロウ》

このデッキレスコンボの天敵は、《幽鬼うさぎ》《D.D.クロウ》手札誘発で発動できるため、「モルモラット展開」の途中で打たれるうさぎや、《シラユキ》を飛ばされる《D.Dクロウ》はデッキに1枚でも入っているとその時点でアウト。

一番最後に引く場合は大丈夫だけど、デッキの上部に潜っていたらコンボの途中で発動されてしまいます。

スポンサーリンク



まとめ

この展開が強いのは、このコンボ専用のデッキ構築と言うよりは、

通常の《芝刈アンデット族》デッキ構築に、メインデッキに《ネクロフェイス》・サイドデッキに《アマテラス》を加えれば作ることが可能ということです。

増殖するgは3積みが基本なので、このコンボ決まればかなり面白そうですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク