【遊戯王】獣戦士テーマ《月光(ムーンライト)》出張がマジで強い!


《月光(ムーンライト)》の十二獣・真竜への出張で《月光舞獅子姫》のお手軽展開

《十二獣真竜》デッキへの《月光》出張がマジで強そう。

《月光》カードテキスト

《月光彩雛》

効果モンスター

星4/闇属性/獣戦士族/攻1400/守 800

「月光彩雛」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):1ターンに1度、デッキ・エクストラデッキから「ムーンライト」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このターン、このカードを融合素材とする場合、墓地へ送ったそのモンスターの同名カードとして融合素材にできる。

(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、自分の墓地の「融合」1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

(3):このカードが除外された場合に発動できる。このターン、相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。

《月光狼》

ペンデュラム・効果モンスター

星6/光属性/獣戦士族/攻2000/守1800

【Pスケール:青1/赤1】

(1):自分は「ムーンライト」モンスターしかP召喚できない。この効果は無効化されない。

(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分のフィールド・墓地から、「ムーンライト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

【モンスター効果】

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の「ムーンライト」モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

《月光蒼猫》

効果モンスター

星4/闇属性/獣戦士族/攻1600/守1200

「月光蒼猫」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、「月光蒼猫」以外の自分フィールドの「ムーンライト」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。

(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「ムーンライト」モンスター1体を特殊召喚する。

《月光舞豹姫》

融合・効果モンスター

星8/闇属性/獣戦士族/攻2800/守2500

「月光舞猫姫」+「ムーンライト」モンスター

このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。

(1):このカードは相手の効果では破壊されない。

(2):1ターンに1度、自分メインフェイズ1に発動できる。このターン、相手モンスターはそれぞれ1度だけ戦闘では破壊されず、このカードは全ての相手モンスターに2回ずつ攻撃できる。

(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動する。このカードの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで200アップする。

《月光舞獅子姫》

融合・効果モンスター

星10/闇属性/獣戦士族/攻3500/守3000

「月光舞豹姫」+「ムーンライト」モンスター×2

このカードは上記のカードを融合素材とした融合召喚でのみ特殊召喚できる。

(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

(2):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

(3):1ターンに1度、このカードがモンスターを攻撃したダメージステップ終了時に発動できる。相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

《月光(ムーンライト)》出張コンボ詳細

《月光舞獅子姫》お手軽召喚

《十二獣》デッキであれば、手札にある《月光蒼猫》《月光狼》を使い一気に《月光舞獅子姫》の展開が可能です。

【以下展開例】

《月光蒼猫》通常召喚→

ドランシア効果で《月光蒼猫》破壊→

破壊時効果でデッキより《月光彩雛》を特殊召喚。

《月光彩雛》①効果でエクストラデッキより《月光舞豹姫》を墓地に送る。

《月光狼》をPセットからP効果を使い、

墓地の《月光舞豹姫》《月光蒼猫》+フィールドの《月光彩雛》を除外して、

《月光舞獅子姫》を融合召喚。

《十二獣真竜》だとさらにお手軽

《魁炎星王-ソウコ》を活用

《十二獣真竜》であれば、モルモラット展開でランク4エクシーズ先に《魁炎星王-ソウコ》を立てるケースも多くなっています。永続魔法の《炎舞》カードをセットできるため《真竜》リリース要員にできるので《ダイガスタエメラル》よりも場合によっては良いこともあるからでしょう。

今回の月光出張において、《十二獣の会局》を引けず《十二獣モルモラット》を通常召喚した場合、召喚権をのこすことができません。

そんな中、《魁炎星王-ソウコ》を立て《炎舞天枢》をサーチすれば、《月光蒼猫》を召喚することが可能になる。

それによりモルモラットに召喚権を使った場合でも、《月光》展開をすることができる。

《月光》が手札にない場合

逆に《炎舞天枢》や《十二獣の会局》が手札にあり、

《月光》モンスターが手札にない場合は、《炎舞天キ》を使えば《月光》モンスターのサーチも可能。

なので事実上、下記のどれか1枚が手札にあれば、

《ブルホーン》のサーチ枠を使うことを前提にして、モルモラット展開から《月光舞獅子姫》までつなげることが可能になる。

  • 《月光狼》
  • 《月光蒼猫》
  • 《炎舞天枢》
  • 《炎舞天キ》

打点の面で《月光舞獅子姫》は申し分なく、2回攻撃効果を除けばただのバニラになってしまう《ガガガザムライ》に比べたら対象耐性・破壊耐性も持っておりかなり強い。

これは、十二獣に《月光》出張はアリだね!!

スポンサーリンク



総括

《月光彩雛》の登場で色々なタイプのデッキに《月光》が出張していますね。

最近では、《十二獣捕食月光》というタイプもCSで結果を出しています↓

【遊戯王】大会ベスト8の結果を出した《十二獣捕食月光》デッキレシピ考察
大会ベスト8《十二獣捕食月光》デッキレシピ・構築・回し方・考察 先日CSにて《十二獣捕食月光》デッキが「大会ベスト8」の結...
スポンサーリンク
スポンサーリンク