【遊戯王】《ぶつかり合う魂》裁定:マスターPを除去できる


【遊戯王】《ぶつかり合う魂》裁定

遊戯王カード 20AP-JP055 ぶつかり合う魂(ウルトラパラレルレア)遊☆戯☆王ARC-V [20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE]

《ぶつかり合う魂》テキスト

速攻魔法

①:自分の攻撃表示モンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い相手の攻撃表示モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。その戦闘を行うモンスターの内、攻撃力が低いモンスターのコントローラーは、500LPを払ってそのモンスターの攻撃力をダメージ計算時のみ500アップする事ができる。その後、お互いがLPを払わなくなるまでこの効果を繰り返す。その戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になり、ダメージ計算後にその戦闘でモンスターが破壊されたプレイヤーのフィールドのカードは全て墓地へ送られる。

《ぶつかり合う魂》裁定

以下公式HPより

■「ぶつかり合う魂」は、『自分の攻撃表示モンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い相手の攻撃表示モンスターと戦闘を行うダメージ計算時』であれば、自分のターンでも相手のターンでも発動する事ができるカードです。

■「ぶつかり合う魂」の効果処理にて、攻撃力が低いモンスターのコントローラーは500ライフポイントを払って、戦闘を行っている自身のモンスターの攻撃力をアップするか、ライフポイントを払わないかを選びます。ライフポイントを払わなかった場合は、そのままダメージ計算に進みますが、ライフポイントを払い攻撃力をアップする事を選んだ場合は、その攻撃力がアップした事によって、戦闘を行っている自身のモンスターの攻撃力が低い状態となったプレイヤーが、次にライフポイントを払うかどうかを選び、お互いがLPを払わなくなるまで繰り返す事ができます。

■『ダメージ計算後にその戦闘でモンスターが破壊されたプレイヤーのフィールドのカードは全て墓地へ送られる』処理にチェーンブロックは作られません。

■戦闘の結果、お互いのモンスターの攻撃力が同じだった場合には、自分と相手両方のモンスターが破壊される事になりますので、『ダメージ計算後にその戦闘でモンスターが破壊されたプレイヤーのフィールドのカードは全て墓地へ送られる』処理によって、自分及び相手フィールドのカードが全て墓地へ送られる事になります。

この裁定により、500ポイントだけでなく、1000、1500、2000と払い攻撃力を上げていくことが可能ということ。

つまり、実質「ライボル&ハーピィを食らう」か「ライフを極限まで減らされる」かの選択を使われたプレイヤーは選択しないといけなくなります。

バトルフェイズ中にも特殊召喚できる《妖精伝記シラユキ》などが墓地入れば相手のライフの残り次第では、ワンキルも可能。

【遊戯王】《ぶつかり合う魂》考察!これ後攻ワンキルor全墓地送りで強くね?
《20th アニバーサリーパック2nd wave》収録の《ぶつかり合う魂》!ワンキルor全破壊。環境でも使えるレベル。 《20th アニバ...

《真竜剣皇マスターP》メタとして有効

永続魔法カードをモンスターの代わりにリリースしてアドバンス召喚されている相手の「真竜機兵ダースメタトロン」と戦闘を行う際に、自分が「ぶつかり合う魂」を発動した場合、どのように処理を行いますか?

Question

『このカードを通常召喚する場合、モンスター3体をリリースして召喚しなければならず、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる』方法によって相手が「真竜機兵ダースメタトロン」(攻撃力3000)をアドバンス召喚する際に、モンスター、永続魔法、永続罠カードをそれぞれリリースしています。

この状況で、自分が「煉獄の騎士 ヴァトライムス」(攻撃力2600)で、相手の「真竜機兵ダースメタトロン」を攻撃したダメージ計算時に「ぶつかり合う魂」を発動した場合、どのように処理を行いますか?

Answer

自分が「ぶつかり合う魂」を発動する場合、『その戦闘を行うモンスターの内、攻撃力が低いモンスターのコントローラーは、500LPを払ってそのモンスターの攻撃力をダメージ計算時のみ500アップする事ができる』処理を行う際に、まず、最初にライフポイントを払うかどうかを選ぶのは、攻撃力が低いモンスターのコントローラー(=質問の状況の場合、「煉獄の騎士 ヴァトライムス」をコントロールしている自分)となります。

質問の状況の場合、「ぶつかり合う魂」の処理によってライフポイントを払わなかった場合は、自分のモンスターが戦闘で破壊される事になりますので、自分フィールドのカードが全て墓地へ送られる事になります。

逆に「ぶつかり合う魂」の処理によって自分が500ライフポイントを払った場合は、「煉獄の騎士 ヴァトライムス」の攻撃力は3100となり、相手の「真竜機兵ダースメタトロン」の攻撃力を上回ります。

次にライフポイントを払うかどうかを選ぶのは相手プレイヤーとなりますが、相手が500ライフポイントを払っても、相手の「真竜機兵ダースメタトロン」は魔法カードの効果を受けないため、攻撃力をアップする事ができません。

その場合、『500LPを払ってそのモンスターの攻撃力をダメージ計算時のみ500アップする』処理による攻撃力のアップが適用されていませんので、『その後、お互いがLPを払わなくなるまでこの効果を繰り返す』処理を適用する事もできなくなります。

その後、「煉獄の騎士 ヴァトライムス」の方が攻撃力が上回った状態で戦闘が行われますので、相手の「真竜機兵ダースメタトロン」が戦闘で破壊される事になり、相手プレイヤーのフィールドのカードは「真竜機兵ダースメタトロン」も含め、全て墓地へ送られる事になります。

つまり、《ぶつかり合う魂》を使って《真竜剣皇マスターP》に攻撃すれば、

相手は魔法効果を受けない《マスターP》の攻撃力をアップできないということ。そのため《真竜剣皇マスターP》を戦闘で除去できるばかりか、相手フィールドのカード全てを墓地送りにできる十分すぎるおまけ付き。まじつええw

個人的にはもっと注目されても良いカードだと思います。

今なら、まさかの300円程度で購入できるので早めに買っておいても良いかも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク