【遊戯王】《十二獣捕食不知火》デッキが大会優勝!デッキレシピ・回し方・構築を考察!


《十二獣捕食不知火》デッキが大会優勝!デッキレシピ・回し方・構築を考察!

《十二獣捕食不知火》デッキがCS大会優勝しました。そのデッキレシピから構築・回し方を考察しました!

【デッキレシピ詳細】↓

第4回ヒノキ杯 1位

《十二獣捕食不知火》デッキレシピ構築

《妖精伝姫シラユキ》起点

《妖精伝記シラユキ》

効果モンスター

星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。

(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

《シラユキ》を起点にデッキ構築されているようです。

当然デッキ枚数も60枚で《隣の芝刈》が搭載されているよう。

除外トリガー効果を持つカードの採用されていることもあるので、まずはシラユキを落とすことをまずは意識した構築なのでしょう。

そのため、下記の【捕食植物-ブリリアント】コンボも採用されています。

《捕食植物》と《ブリリアントフュージョン》

《捕食植物オフリス・スコーピオ》

効果モンスター

星3/闇属性/植物族/攻1200/守 800

「捕食植物オフリス・スコーピオ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。デッキから「捕食植物オフリス・スコーピオ」以外の「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。

《捕食植物ダーリング・コブラ》

効果モンスター

星3/闇属性/植物族/攻1000/守1500

「捕食植物ダーリング・コブラ」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。

(1):このカードが「捕食植物」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

《ブリリアント・フュージョン》

永続魔法

「ブリリアント・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードの発動時に自分のデッキから「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を、攻撃力・守備力を0にしてエクストラデッキから融合召喚する。このカードがフィールドから離れた場合にそのモンスターを破壊する。

(2):1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てて発動できる。このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。

《捕食植物オフリススコーピオ》と《捕食植物ダーリングコブラ》《ブリリアントフュージョン》のコンボを使うことで、《捕食植物オフリススコーピオ》1枚から

  • 《インヴォーカー》
  • 《ジェムナイトセラフィー》
  • 《シラユキ》を墓地

の展開ができます。詳しい回し方はこちらで解説してます↓

【遊戯王】出張セット《捕食植物オフリススコーピオ》《捕食植物ダーリングコブラ》が大会環境でマジ強い
「ランク3&フュージョンサーチ」《捕食植物オフリススコーピオ》《捕食植物ダーリングコブラ》出張コンボの回し方 マキシマムク...

除外先《不知火》

除外先に《不知火》テーマによるコンボが採用されています。

不知火は除外されると効果を発揮するカードなので、シラユキの除外先としてかなり有効です。しかもレベル4なので「ランク4」・ユニゾンビと「レベル8シンクロ」を立てやすいのも特徴です。

詳しい除外コンボとしての不知火活用はこちらを↓

【遊戯王】除外ギミック「不知火」環境でのデッキレシピ・構築・回し方
アンデットテーマ「不知火」環境でのデッキレシピ・構築・回し方・考察 《不知火》デッキとは 「アンデット族」で「除外」を駆使する 《不知...

《十二獣捕食不知火》デッキ回し方

「モルモラット」展開

基本的には初動の動きはモルモラット展開が王道でしょう。

《ローンファイアブロッサム》《捕食植物オフリススコーピオ》《十二獣モルモラット》《十二獣の会局》がそれぞれ3枚ずつ計12枚が積まれているため、かなりの確率でモルモラット展開に持っていける。

その場合怖いのが、特殊召喚を多様するため《増殖するg》なのですが、《増殖するg》を打たれた時のために《暗黒のマンティコア》が2枚採用されている。

モルモラット展開では、《ブルホーン》の獣戦士族サーチを2回使うことができるので、《暗黒のマンティコア》をサーチを使い持ってくることは比較的容易。そのままマンティコアループまで持っていき、ワンキルができる。

ちなみに余談ですが、

このデッキには採用されていないですが、この「芝刈不知火」型のデッキタイプは、《ネクロフェイス》を採用して

《ネクロフェイス》《シラユキ》《アマテラス》《不知火》などを使いデッキレスコンボにすることも可能です。詳しくはこちら↓

【遊戯王】「芝刈不知火シラユキ」の《増殖するg》デッキロスワンキルがやばい
シラユキ・アマテラス・ネクロフェイス・芝刈・十二獣・不知火で《増殖するg》デッキデスコンボ 《増殖するg》デッキロスワンキル 効...

アマテラスとΩとヌトス

モルモラット展開から、相手が《増殖するg》を使わなかった場合は、

ランク4《武神帝カグツチ》→ブルホーンで《武神ヒルコ》サーチからPセット効果で→《武神姫アマテラス》と展開し、墓地肥やしを狙っていくことも可能です。

《武神帝-カグツチ》や《ブリリアントフュージョン》《おろかな埋葬》《隣の芝刈》あたりでどうにか墓地に《シラユキ》を供給し、

《シラユキ》効果で墓地7枚除外し墓地復活→除外された「レベル4」や《ユニゾンビ》をアマテラスで帰還し、

「ランク4エクシーズ」や「レベル8シンクロ《PSYフレームロードΩ》」を狙っていくことを狙っていくのもありです。

ちなみに、《旧神ヌトス》も採用し

《サイフレームロードΩ》と《アマテラス》で《ヌトス》を出し、墓地のΩとアマテラスをΩ効果で再度戻し、再びおかわりしていくというコンボも採用されているようです。

ヌトス効果でさらにレベル4を出せるのでそこからさらにエクシーズを狙っていくことも可能です。

とまあ、かなり複雑だが面白そうな展開ができる《十二獣捕食不知火》デッキです

スポンサーリンク



まとめ

下記に、

大会入賞している珍しいデッキレシピ考察記事をまとめました。合わせて環境考察にどうぞ↓

【関連記事】

【遊戯王】規制後《ABCデッキ》の大会環境での活躍を考察

【遊戯王】大会ベスト8の結果を出した《十二獣捕食月光》デッキレシピ考察

【遊戯王】大会ベスト8の結果を出した《十二獣真竜kozmo》デッキ考察

【遊戯王】「魔術師デッキ」に《召喚獣》ギミックの採用が捗る!

スポンサーリンク
スポンサーリンク