【遊戯王】十二獣規制に関して考察してみる。禁止・制限環境下での使い方


十二獣規制の考察。禁止・制限下での使い方・回し方。リミットレギュレーション(制限改訂)

《十二獣》デッキ

十二獣が規制された後、その後の環境がどうなっているのか考察してみました。

規制対象候補は下記が筆頭でしょう。

《十二獣モルモラット》

効果モンスター

星4/地属性/獣戦士族/攻   0/守   0

(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「十二獣」カード1枚を墓地へ送る。

(2):このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。

・1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する。

《十二獣の会局》

永続魔法

「十二獣の会局」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。そのカードを破壊し、デッキから「十二獣」モンスター1体を特殊召喚する。

(2):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。墓地のこのカードをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

《十二獣ドランシア》

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/地属性/獣戦士族/攻  ?/守   ?

レベル4モンスター×4

「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。

(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

《十二獣ブルホーン》

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/地属性/獣戦士族/攻   ?/守   ?

レベル4モンスター×2

「十二獣ブルホーン」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。

(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから通常召喚可能な獣戦士族モンスター1体を手札に加える

そもそもなぜ十二獣が強いか

答えは単純明白。それは超エコだからです

手札1枚から、手札1枚サーチできモンスター3体を一気に並べれる。

他がどんなに事故っても、十二獣が1枚でも手札にくれば、一気にサーチ・蘇生・フリチェ破壊モンスターを並べられる安定感から、どんなデッキにも出張可能。

その性能ゆえに、

  • 通常では事故リスクが高いデッキに光を与えたり、
  • かたや純構築に絞り妨害系魔法罠・手札誘発モンスターを大量投入の戦略にしたり、

と、かなり幅広く活躍するようになりました。

十二獣は環境を支配しており、出張タイプ・純構築ともに大会環境上位が当たり前になり、むしろ十二獣が入っていないデッキの方が少数派になります。大会参加72名の内71名が十二獣を使っているなんてこともあったほど。

とはいえ個人的にこの環境は、

《十二獣》《十二獣壊獣》《十二獣真竜》と三つ巴的な読み合いが面白く、又、召喚獣・AF・インフェルノイドなどとの混合タイプも出て、

十二獣一色に染まるからこその

  • 「デッキタイプの読み合い」
  • 「1枚1枚の採用の是非」
  • 「サイドデッキ構築の綿密さ」

など緻密な戦略が必要なため、逆に超おもしろいと思ってます。

しかしながら、やはり新制限環境下で《十二獣》は規制されるでしょうし、その後の環境も合わせて考察する必要があると思うので記事にまとめました。

今回は、規制対象候補筆頭の

  • 《十二獣モルモラット》《十二獣の会局》が禁止
  • 《十二獣ドランシア》《十二獣ブルホーン》が制限

になったことを想定して考察を進めます。

規制後の十二獣はどうなるか

ランク4が立たなくなる

《十二獣モルモラット》禁止(制限)になった時、

代わりに《十二獣ヴァイパー》《十二獣サラブレード》《十二獣ラム》《十二獣ラビーナ》が採用されることがになるでしょう。

その場合、1枚エクシーズからブルホーンサーチ・ライカ蘇生・ドランシア召喚までは可能ですが、モルモラットのようなリクルート効果がないためランク4エクシーズはたてにくくなります。

  • 《ダイガスタエメラル》による墓地回収
  • 《ガガガザムライ》によるワンキル
  • 《武神帝-カグツチ》による墓地肥やし

そうなると、上記のようなランク4エクシーズを使った従来のギミックが採用しにくくなる。

特に《ダイガスタエメラル》が立たず《ブルホーン》《ドランシア》が制限になってしまうと《ブルホーン》《ドランシア》の召喚は1回きりになってしまう。2回目以降の展開は《貪欲な壺》や《十二獣の方合》などで墓地回収しない限り使えなくなる。

十二獣の強さが実質半減してしまいますね。

出張タイプの構築が難しく

もう一つ、《十二獣の会局》が禁止・制限になった時、

十二獣の召喚は、MX-セイバーインヴォーカーなどを経由しない場合、基本的には召喚権を使用する必要がある。そうなると召喚権を使う必要があるテーマなどとの相性は微妙になるのはわかるのは明白といえる。

例えば、《十二獣真竜》などは

《ドラゴニックD》を1枚しかひけなかった時、《真竜の継承》が手札にないとマスターPをサーチからの召喚は召喚権を必要とする。そうなると十二獣の展開で召喚権を使ってしまっている場合少し出だしが遅くなる。

他には、

  • 《フォトンスラッシャー》などを入れている《召喚獣》や
  • 自発的にランク4を作れる《魔術師》
  • 特殊召喚の《十二獣壊獣》

などへの影響は、多少限定的になりそうだが、「モルモラット展開からランク4が立てられない」《ブルホーン》や《ドランシア》が1枚のみといった条件下では戦いにくいのは言うまでもない。

全体的に、出張タイプへの影響はありそうだ。

規制後の運用方法

「獣戦士族テーマ」や「芝刈」など

では、全く使われなくなるかといったらそうではないだろう。

少なくとも、手札1枚からエクシーズで一気に展開できる点はかわらず強いので、

初動の安定感が低い《芝刈シラユキ》デッキなどへの出張は比較的有効だし、獣戦士サーチがブルホーンからできるため《月光》などの獣戦士テーマへの出張は引き続きありだろう。

また特殊召喚系《インフェルノイド》などでも引き続き活躍することはできるかもしれない。

「汎用ランク4エクシーズ」枠

  • 《十二獣ライカ》→《十二獣ドランシア》
  • 《十二獣ブルホーン》→《十二獣ドランシア》

のルートはいずれも「レベル4×2体」からの展開が可能だ。

そのため、ほかのテーマデッキへの、汎用ランク4枠で採用するという運用方法も出てくるのではないだろうか。メインには《十二獣ヴァイパー》を数枚採用しておき、

素引きの場合も通常召喚から展開でき、またブルホーンサーチ先に使い、ドランシア打点強化や、手札アドの確保につなげたりとできる。

「シンクロデッキ」と「ペンデュラムデッキ」への出張

1枚エクシーズと「獣戦士サーチ」ができるブルホーンがいるため、シンクロデッキやペンデュラムデッキへの出張は規制後も有効かもしれない。

シンクロデッキにおいて《柴戦士タロ》《スクラップゴブリン》などのチューナーサーチ要因としても使えるし、

ペンデュラムデッキなどではスケール用に

《ドラコニアの獣竜騎兵》や《EMキングベアー》のサーチ元としても出張可能だ。

特に、特殊召喚扱いになるペンデュラムデッキには、意外と十二獣ギミックの出張は引き続き有効かもしれないですね。

《モルモラット》《会局》なしでのガチ十二獣構築

これに関しては、やはり規制後の環境を見てみないとわからないですが、

《十二獣モルモラット》《十二獣の会局》が規制された後でも、十二獣のガチ構築でも環境トップで戦える説もあるしれません。

他のテーマもある程度十二獣のあおりを受けて構築されているテーマが多いと思うので、それが一気に規制されるため相対的に引き続き、環境トップでい続ける可能性はあります。

こちらに関しては規制後の環境を見定めていきたいですね。

スポンサーリンク



まとめ

十二獣は大きく環境に影響を与えました。

新ルール・新召喚方法も追加される4月以降の環境がどうなるか。引き続き、環境に注目していきます!

【関連記事:十二獣】

【遊戯王】十二獣デッキに【スターダストチャージウォリアー》採用で《飛翔するg》対策に

【遊戯王】《十二獣ラム》と《十二獣サラブレード》からモルモラット展開する回し方

【遊戯王】真竜・十二獣対策として《我が身を盾に》が大会環境で採用率が上昇!

【遊戯王】《十二獣》ワンキルルート回し方。《十二獣の会局》1枚から8300ダメージ!

【遊戯王】《エネコン》《精神操作》が環境デッキで十二獣対策に使える

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク