《恐竜真竜》回し方・デッキレシピ構築解説


《恐竜真竜》デッキ回し方・構築解説

恐竜族デッキとは

ストラクチャーデッキR『恐獣の鼓動』

ストラクR《恐獣の鼓動》が2月25日に発売され恐竜族テーマが強化されます。恐竜族テーマとは、そこに新規で収録される種族が恐竜族で統一されているテーマのこと。

優秀なリクルートやサーチ効果を持っているカードが多く、戦術として非常に巧みな戦い方をするテーマになります。

《恐獣の鼓動》収録→ストラクチャーデッキR《恐獣の鼓動》全収録判明カード一覧!

今回《恐竜真竜》という、恐竜族と《真竜》を組み合わせたデッキタイプがかなり強そうなのでそのコンボ詳細をまとめてみました。

《魂喰いオヴィラプター》

効果モンスター

星4/闇属性/恐竜族/攻1800/守 500

「魂喰いオヴィラプター」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。

(2):このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

《プチラノドン》

星2 地属性恐竜族 ATK/500 DEF/500

①:このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。デッキからレベル4以上の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

《究極伝導恐獣》

特殊召喚・効果モンスター

星10/光属性/恐竜族/攻3500/守3200

このカードは通常召喚できない。自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。

(1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。

《恐竜真竜》デッキレシピ構築

今回《恐竜真竜》デッキを構築する際に採用される主要な真竜パーツは《ドラゴニックD》及び《真竜皇リトスアジムD》だ。

恐竜族モンスター《ベビケラサウルス》《プチラノドン》などは破壊トリガーでデッキより恐竜族を特殊召喚する優秀なリクルーターになる。そのため破壊を介する《ドラゴニックD》はもちろん相性が良いし、《リトスアジム》も召喚条件が地属性の破壊なのでとても相性が良い。

しかも破壊コンボによって墓地が肥える《真竜》ギミックは《幻創のミセラサウルス》《究極伝導恐獣》など墓地リソースを活用するカードとも相性が良い。

さいあく、一気にワンキルダメージを与えることも可能になる。

又、《真竜皇バハルストスF》や《真竜凰マリアムネ》なども有効だろう。手札で破壊要因が揃わない際の破壊先にも破壊元にもなる。ランク9《真竜皇V.F.D》に持って行けるレベル9要因としても優秀。

《恐竜真竜》デッキ回し方

基本動作

手札に下記があるときに、

  • 《ドラゴニックD》
  • 《魂喰いのオヴィラプター》

【以下展開】

《ドラゴニックD》発動→《魂喰いオヴォラプター》を通常召喚。

《魂喰いのオヴィラプター》効果でデッキより《ベビケラサウルス》Aサーチ

《ドラゴニックD》効果で《ベビケラサウルス》A破壊し《真竜皇リトスアジムD》をサーチ。

破壊され墓地に行った《ベビケラサウルス》A効果でデッキより2体目の《ベビケラサウルス》Bをリクルート。

《魂喰いのオヴィラプター》効果を発動し《ベビケラサウルス》Bを破壊し墓地の《ベビケラサウス》A蘇生→《ベビケラサウルス》Bの効果でデッキより《ベビケラサウルス》Cをリクルート。

《ベビケラサウルス》C《ベビケラサウルス》Aの2体を破壊し《リトスアジムD》を特殊召喚し、相手のエクストラ3枚除外

《ベビケラサウルス》効果でデッキより《幻創のミセラサウルス》&《ジュラックアウロ》効果でデッキより《ジュラックアウロ》特殊召喚

《ジュラックアウロ》《ミセラサウルス》で《源竜星ボウテンコウ》をS召喚。

《ボウテンコウ》起動効果→デッキより《リトスアジムD》を落とし《ボウテンコウ》レベル9に変更。

《リトスアジム》と《ボウテンコウ》で《真竜皇V.F.D》をX召喚。

【最終局面】

  • 真竜皇V.F.D
  • 魂喰いオヴィラプター
  • (相手エクストラ3枚除外)
  • (墓地にミセラサウルス含む恐竜5枚)

手札2枚からこの展開はマジ強い(ちなみにマスタールール4にも対応)

しかもそれぞれ《テラフォーミング》《化石調査》というサーチカードも存在するためかなりの確率でここまで持ってくることができる。

次のターンに《究極伝導恐獣》

この一連の動きで墓地に下記5枚の墓地肥やしができる。

  • 《ベビケラサウルス》3枚
  • 《幻創のミセラサウルス》1枚
  • 《ジュラックアウロ》1枚

なので、次の自分ターンに、墓地《幻創のミセラサウルス》効果発動し、

自身含む墓地の恐竜4枚除外し《魂喰いオヴィラプター》をデッキからリクルートし、

特殊召喚した《オヴィラプター》効果で《究極伝導恐獣》をデッキより手札に加え、

墓地の恐竜族2枚を除外し《究極伝導恐獣》を特殊召喚できる。

スポンサーリンク



総括

この《恐竜真竜》は新環境でも使えるのがさらに良いですね。

また、大会環境でも《恐竜真竜》デッキは優勝しています。

【大会優勝】恐竜デッキ優勝レシピ考察!

その他にも『恐獣の鼓動』の恐竜族を使った回し方があるのでその考察記事をまとめてみました。合わせて構築の考察にどうぞ↓

【遊戯王】恐竜族デッキ《恐獣の鼓動》と相性が良いカードまとめ。

【遊戯王】《恐獣の鼓動》恐竜ストラクのデッキ構築・回し方・考察!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    最後の究極電導恐獣出すときに墓地1枚足りなくないですか?

    • yugioumikun より:

      そのままでは足りないですね。
      なので、前のターンのオヴィラプターが残っていればランク4を作って、素材を切って墓地肥やしして出します。
      オヴィラプターが相手ターンにやられていたらそいつをそのまま除外する感じで出します。