【遊戯王】魔術師P効果裁定:破壊タイミングについて


【遊戯王】魔術師P効果裁定:破壊タイミングについて

あまり疑問に思わない方もいらっしゃるかもしれませんが、

管理人の身内で、魔術師P効果における自壊タイミングについて意見が分かれたことがありました。魔術師P効果は効果を使うと破壊される効果を持っていますが、その「破壊タイミング」はいつなのかという点が不明瞭だったため、公式に問い合わせをしました。

魔術師P効果による破壊タイミング

《紫毒の魔術師》

ペンデュラム・効果モンスター

星4/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2100

【Pスケール:青1/赤1】

(1):1ターンに1度、自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスターが戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。そのモンスターの攻撃力はダメージステップ終了時まで1200アップする。その後、このカードを破壊する。

【モンスター効果】

このカードはルール上「フュージョン・ドラゴン」カードとしても扱う。

(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

《黒牙の魔術師》

ペンデュラム・効果モンスター

星4/闇属性/魔法使い族/攻1700/守 800

【Pスケール:青8/赤8】

(1):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力をターン終了時まで半分にする。その後、このカードを破壊する。

【モンスター効果】

このカードはルール上「エクシーズ・ドラゴン」カードとしても扱う。

(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の魔法使い族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

問題の場所

《紫毒の魔術師》P効果↓

(1):1ターンに1度、自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスターが戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。そのモンスターの攻撃力はダメージステップ終了時まで1200アップする。その後、このカードを破壊する。

《黒牙の魔術師》P効果↓

(1):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力をターン終了時まで半分にする。その後、このカードを破壊する。

この2枚の効果の「その後」とはいつなのかという問題。

例えば《紫毒の魔術師》の場合、

ダメージ計算前に発動→攻撃力1200アップし、その後すぐに破壊するなのか、それとも、

ダメージ計算前に発動→攻撃力1200アップし、ダメージステップ終了時に攻撃力が元に戻った後に破壊するのか

《黒牙の魔術師》の場合、

効果発動→相手モンスター攻撃力半分→その後すぐ破壊なのか、それとも、

効果発動→相手モンスター攻撃力半分→ターン終了時に相手モンスターの攻撃力が元に戻った後に破壊なのか。

身内で意見が分かれたこともあり、その内容を公式に問い合わせてみました。

魔術師P効果裁定:破壊タイミング

効果を使ってすぐに破壊

公式に問い合わせたところ、

「発動後すぐに破壊される」ということでした。

なので、《紫毒の魔術師》の場合、「ダメージ計算前」に破壊されることになる。《黒牙の魔術師》は発動して「攻撃力が半分になった後すぐに」破壊されることに。

僕も最初はそう思ったのですが、確かにテキストの解釈次第でそういう裁定もありえるかなーと思ったもので、問い合わせて解決しました。

スポンサーリンク



総括

下記に魔術師デッキ関連記事をまとめました。合わせて考察にどうぞ!

【関連記事:魔術師】

【遊戯王】「魔術師デッキ」に《召喚獣》ギミックの採用が捗る!

【遊戯王】大会準々優勝したズァーク入り《十二獣魔術師》デッキ考察

【遊戯王】環境テーマ《魔術師》デッキ対策。メタカードまとめ!

【遊戯王】《十二獣魔術師》デッキで公認大会優勝してきたぜ!考察多めにしました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク