「堕天使」デッキ環境考察。大会優勝デッキレシピ構築・回し方・新マスタールール対応


【遊戯王】堕天使デッキ考察。大会優勝デッキレシピ構築・回し方・リンク召喚対応

《堕天使》デッキとは

2016年8月発売の『デステニーソルジャーズ』で一気に強化された「闇属性・天使族」で統一されたテーマです。

モンスターは高ステータスモンスターが多い。召喚方法はアドバンス召喚ではなく、墓地などからモンスター効果や魔法カードの効果で特殊召喚する方法で展開する。基本、エクストラ依存度が少ないのも特徴。

又、《大天使クリスティア》《虚無魔人》などで、特殊召喚封じ効果により、相手をロック&大型堕天使でビートする。大型モンスター特有の事故率が高いのも難点だが手札入れ替えやドローソースを活用することでそのリスクを少し回避できる。

《堕天使》大会優勝デッキレシピ構築

他に優勝デッキもありますが、最新環境におけるデッキレシピを参考にしたいので、

【2016年11月16日 第9回遊戯王高槻CS 3位】

デッキレシピ詳細

上記デッキレシピを参考デッキとして載せました。11月16日に入賞デッキのため、十二獣・召喚獣が環境で活躍している時に入賞したデッキレシピ。現在の環境でもそこそこ戦える実力はあると言っても良いでしょう。

《堕天使》デッキ回し方

手札交換でぐるぐる

基本的には、《トレードイン》《闇の誘惑》《堕天使イシュタム》《手札抹殺》などでぐーるぐるします。

堕天使は基本的にレベル7以上の大型モンスターであり、墓地蘇生や特殊召喚などで回ります。なので手札に堕天使が止まっているだけではリリースなしでは通常召喚もできず、積極的に墓地に送らないといけない。

そのためこのデッキにおいて《トレードイン》や《闇の誘惑》などの手札交換ドロソカードは必須。特に堕天使キーカードの《堕天使イシュタム》は墓地肥やしのパーツにもなり、ドローソースにもなり、超重要カードです(その分価格は高い笑)

堕天使デッキの特殊召喚ルートとして一般的なのは、

  • 《堕天使スペルビア》を墓地に送り、蘇生系カードで蘇生→墓地天使族蘇生ルートや、
  • 《堕天使マスマティア》で墓地肥やし特殊召喚から、墓地堕天使カード適応ルートなど。

起点になる堕天使をうまく揃えて展開していくことが重要になる。

《大天使クリスティア》《虚無魔人》の採用

次に《大天使クリスティア》《虚無魔人》の採用。

基本的にだいたいの堕天使デッキには、この2枚が採用されている。打点が高いのももちろんだが特殊召喚封じ効果を持っているためロック要因になる。

堕天使モンスターはみな、2500以上の打点を持ち、エクシーズシンクロなどのエクストラデッキに頼らずともかなり火力がある。しかも墓地蘇生などからフィールドの盤面を揃えるため召喚権を使わない。そのため虚無魔人のアドバンス召喚枠を残していることが多いのでこいつとの相性はかなり良い。さいあく闇属性を生かして《闇の誘惑》のコストにも出来ちゃう。

かなりの高確率で、高打点モンスターと《虚無魔人》や《大天使クリスティア》を並べられると対応できないデッキは多い。

なので、相手は《ブラックホール》や《エキセントリック》デーモンなどのピン刺し除去カードを握っていないと、なかなか突破できない。特に、エクストラ依存が高いデッキや《壊獣》なども特殊召喚が封じられるのでかなりキツイ。

もちろんこちらの特殊召喚も封じられるが、2500以上の攻撃モンスター2体以上いれば十分ビート要因としては困ることない。じわじわライフを削っていきそのまま勝ちに持って行く。すごく姑息な戦いをするがやられるとかなりキツイ。

堕天使の弱点

ロックコンボが決まれば強いが、《堕天使》弱点はかなり多い。

まず、こちらが後攻で妨害系の罠カードを仕掛けられている状態であれば、かなりキツイ。普通に何もできず負けるということも。

堕天使デッキは事故率を減らすためになるべく他の要素を削ぎ、汎用除去カードや手札誘発モンスターなどの採用は少なくなってしまうので、相手に先に盤面を整えられてしまうと動きにくくなるのだ。特に魔法メタ《王宮の勅命》《魔封じの芳香》、ドロー封じなどの《灰流うらら》、特殊召喚封じの《虚無空間》を仕掛けられると動けない。

《大天使クリスティア》も《虚無魔人》も、こちらが先に展開して相手に特殊召喚させずロックするタイプなので、展開ずみのものを除去していくことには向かない。

あとは《虚無魔人》も《大天使クリスティア》も特殊召喚経由の除去では突破されないが、《激流葬》《強制脱出装置》などの罠カードに対する耐性はなく、こいつらを貼られたら一気に場面を崩される。

こちらが先行なら、相手エンドフェイズ時に、《背徳の堕天使》などで相手の罠カードを除去してしまうことができるが、こちらが後攻だとタチがわるい。

なので、割とマジに、じゃんけんが重要w

スポンサーリンク



新「マスタールール4」環境下での堕天使の活躍

登場当初から弱点が多く環境上位にはなかなか食い込めなかった堕天使ですが、堕天使デッキは「新マスタールール4」環境下ではそれなりに活躍できるでしょう。

基本、エキストラデッキに依存しておらず、低速化した環境でも速度を落とさずデッキパワーを維持できるので相対的に上位にいける可能性もあります。

実際に、4月以降の環境で堕天使が活躍するのもありえそうですね。

《リンク召喚》関連

リンク召喚とは→『リンク召喚』詳細!「マスタールール4」の内容解説

リンクモンスター一覧→【遊戯王】新召喚方法『リンクモンスター』一覧まとめ

リンク召喚で使えそうなカード→『リンク召喚』環境下で使えそうなカードまとめ

リンク召喚の裁定待ち事項→【遊戯王】『リンク召喚』裁定待ち事項まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク