「フィールド魔法」汎用おすすめカード一覧【遊戯王】


「フィールド魔法」環境で使えるオススメ一覧

フィールド魔法カード一覧

遊戯王「フィールド魔法」として汎用性が高いおすすめカードをまとめてみました。

最強フィールド魔法サーチカード《テラ・フィーミング》についで《盆回し》が登場したことによって汎用フィールド魔法の需要が上がっています。

《チキンレース》

フィールド魔法

(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。

(2):お互いのプレイヤーは1ターンに1度、自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

  • デッキから1枚ドローする。
  • このカードを破壊する。
  • 相手は1000LP回復する。

汎用フィールド魔法と言ったらこれ!

フィールド魔法の中でも、チキンレースはドローソースとして使える。1000LPで1ドローということでデッキ圧縮にもなり、テラフォーミングを含めて実質6枚のデッキ圧縮効果をもたらすことができる。

《半魔導帯域》

フィールド魔法

自分メインフェイズ1・メインフェイズ2の開始時にこのカードを発動できる。

(1):お互いのメインフェイズ1の間、フィールドのモンスターは、それぞれの相手の効果の対象にならず、それぞれの相手の効果では破壊されない。

(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分はフィールド魔法カードを発動・セットできない。

《盆回し》で送りつけるべき汎用フィールド魔法

互いのメイン1でフィールドのモンスターは、それぞれ相手の効果の対象にならず、効果破壊されない効果を持つ。また、発動プレイヤーは、フィールド魔法をセット発動を封じられる。そのため盆回しで送りつけることで効果を発揮する。

《オレイカルコスの結界》

フィールド魔法

このカードの発動時に、自分フィールド上の特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。このカードがフィールド上に存在する限り、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できず、自分フィールド上のモンスターの攻撃力は500ポイントアップする。1ターンに1度、このカードはカードの効果では破壊されない。自分フィールド上にモンスターが表側攻撃表示で2体以上存在する場合、相手は攻撃力の一番低いモンスターを攻撃対象に選択できない。「オレイカルコスの結界」はデュエル中に1枚しか発動できない。

こちらも《盆回し》で送りつける汎用フィールド魔法!

発動時に自分フィールドの特殊召喚されたモンスターを全てを強制破壊する。また発動プレイヤーはモンスターをエクストラデッキより特殊召喚できない。

《王家の眠る谷-ネクロバレー》

フィールド魔法

(1):フィールドの「墓守」モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。

(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、お互いに墓地のカードを除外できず、墓地のカードへ及ぶ効果は無効化され、適用されない。

「除外と墓地に効果が及ぶ効果」を無効にする汎用フィールド魔法!

除外封じになるためデッキメタとしてサイドデッキへの採用率も増えている。《テラ・フォーミング》サーチ対応しているため1枚で実質4枚を積むことができる。除外メタカードの中でも、フィールド魔法ならではの利便性を享受できるカードでもある。

環境で《王家の眠る谷ネクロバレー》サイドデッキ採用が増えてる理由。

《ゴーストリックパレード》

フィールド魔法

このカードがフィールド上に存在する限り、お互いのフィールド上のモンスターは、裏側守備表示のモンスターに攻撃できず、相手フィールド上のモンスターが裏側守備表示のモンスターのみの場合、相手プレイヤーに直接攻撃できる。また、相手モンスターの直接攻撃宣言時、自分のデッキから「ゴーストリック」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。このカードがフィールド上に存在する限り、相手プレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。

《盆回し》で送りつけるべき汎用フィールド魔法!

発動プレイヤーの相手プレイヤーはダメージが0になるカード。《盆回し》で送りつけるべきカードである。

さらに、裏守備モンスターを攻撃できず、相手フィールドが裏守備のみの場合直接攻撃ができる効果。どうしても死守したモンスターを裏守備にすることで防いだり、《月の書》《皆既日蝕の書》で相手モンスターを裏守備にし直接攻撃を狙ったりするコンボも有効。

《炎王の孤島》

フィールド魔法

「炎王の孤島」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、デッキから「炎王」モンスター1体を手札に加える。

(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこの効果を発動できる。手札の鳥獣族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。

(3):フィールドゾーンの表側表示のこのカードが、墓地へ送られた場合または除外された場合に発動する。自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

手札のカードを破壊できる汎用フィールド魔法

破壊トリガーによる起動するデッキも増えたため、手札カードを破壊できる《炎王の孤島》はかなり使える。

また①効果でサーチした「炎王モンスター」を、②効果で手札から特殊召喚する事で召喚権を使わず、破壊&特殊召喚が可能。

《ドラゴニックD》

フィールド魔法

(1):フィールドの「真竜」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。

(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、アドバンス召喚した「真竜」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。

(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、デッキから「真竜」カード1枚を手札に加える。

こちらも手札カードを破壊できる汎用フィールド魔法!

このカードも《炎王の鼓動》と同じく手札のカードを破壊できるカード。サーチできる真竜カードは優秀なカードも多いため破壊要因として出張もあり。又、《炎王の孤島》のようなデメリットの側面がないため採用しやすい。

スポンサーリンク



総括

《盆回し》の登場で、2枚以上のフィールド魔法を採用する必要があり、汎用フィールド魔法枠が注目されつつありますね。

素引きしてしまった場合でもそこそこ使えるフィールド魔法として、デッキタイプに合わせたカードを採用したいところです。

【関連記事】

汎用速攻魔法まとめ

汎用永続罠まとめ

汎用カウンター罠まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク