《ヴェルズ》デッキ回し方・大会優勝デッキレシピ構築


《ヴェルズ》デッキ回し方・大会優勝デッキレシピ構築

《ヴェルズ》デッキとは

《ヴェルズ》デッキとは、《ヴェルズ》と名のついた闇属性レベル4モンスターで統一されたテーマモンスターを使用したデッキ。

レベル4モンスターを2体フィールドに揃えるギミックを採用して、ランク4エクシーズモンスターを立てる戦法を取る。

テーマ内のXモンスターである《ヴェルズ・オピオン》《ヴェルズナイトメア》《ヴェルズバハムート》などもランク4モンスターである。

キーカードである《ヴェルズ・オピオン》は『20thアニバーサリーパック2nd wave』でノーパラで再録されていることもあり、入手しやすくなりデッキ構築のハードルが下がった。

《ヴェルズ》大会優勝デッキレシピ構築

直近の大規模大会での入賞デッキレシピをピックアップさせていただきました。構築としてはほぼ《純ヴェルズ》デッキ構築になっている。

2016年5月10日 博多CS with はっちCS(チーム戦)1位C

2016年6月11日 第5回暁杯 ベスト8

《ヴェルズ》デッキ回し方

《ヴェルズ・オピオン》を立てる

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/闇属性/ドラゴン族/攻2550/守1650

レベル4「ヴェルズ」モンスター×2

(1):X素材を持っているこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない。

(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから「侵略の」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

ヴェルズデッキの動き方としては、レベル4ヴェルズモンスターを2体フィールドに揃えて、《ヴェルズオピオン》を立てます。

《ヴェルズオピオン》はフィールドに存在する限り、お互いにレベル5以上のモンスターを特殊召喚できなくなる効果を持っている。

レベル5以上のモンスターを特殊召喚するデッキが大会上位にいる環境において《ヴェルズ》デッキは活躍します。実質《虚無空間》や《大天使クリスティア》を出している状態ですからね。

ヴェルズが2016年入賞していた頃の環境デッキは《青眼》《DD》あたりがトップにいたので《ヴェルズオピオン》の特殊召喚封じメタがめっちゃ強かった。

同じようなメタデッキ構築として《虚無魔人》を立てる《帝デッキ》があるが、

アドバンス召喚から展開するカードであり、メインデッキに採用する《虚無魔人》とは違い、

《ヴェルズオピオン》はエクストラデッキから出てくる点、「素引きできない」というリスクがないため、ランク4を立てれば、ほぼほぼ展開することができた。

《ブラックホール》などのピン刺しで《ヴェルズオピオン》を除去できるカードがない限り、完全に封殺されてしまうことも。

今後の環境で「レベル5以上モンスターを特殊召喚する」デッキが主流になればなるほど、

《クリムゾンブレーダー》などのカードが採用されるようにもなり、ヴェルズデッキも同様に輝きを取り戻す可能性が十分にある。

「罠カード」を多めに採用

《ヴェルズ》デッキは、《ヴェルズオピオン》による封殺型デッキ。とすると妨害系の罠を大量に投入して、相手の出鼻をくじく戦略になる。

《魔封じの芳香》などは《ブラックホール》などの除去カード対策にもなり、特殊召喚を封じられた相手の切り返しをくずすこともできる。

《ヴェルズ》デッキの『新マスタールール』環境

ヴェルズデッキは、基本的には、封殺系のデッキであるため、

  • レベル5以上モンスターを特殊召喚するデッキテーマが上位にいる環境であれば、

ヴェルズデッキの環境での活躍は見られるでしょう。

『新マスタールール』環境においては、EXゾーンの新設により「互いにEXモンスターは1体のみしか召喚できない」という制限がついてます。

その影響で《十二獣》などのエクストラ多用デッキは弱体化し《kozmo》《真竜》《青眼》あたりのエクストラ依存度が低いデッキが環境を取るといわれています。

これらデッキの特徴はメインデッキのモンスターで制圧する戦い方がメインです。特に《kozmo》や《青眼》などのデッキにはかなり刺さります。

また、レベルを持つシンクロや融合モンスターを使うテーマが優位にある環境でも使えると言っても良いでしょう。

とはいえ、

《ヴェルズ》デッキもエクシーズを使うデッキであるため『新マスタールール』の影響は少なからずあり、且つ、レベルを持たないエクシーズやリンクモンスターが上位にいる環境ではそのメタパワーは明確に半減してしまいます。

又、アドバンス軸の《真竜》《帝》などの特殊召喚をあまり使わない召喚方法を使うデッキに対しても厳しいでしょう。

そのため、今後の環境次第で《ヴェルズ》デッキのメタが通用するのかが決まると言っていいのであくまで環境メタ封殺デッキとしての立ち位置になるでしょう。

スポンサーリンク



総括

あまり有名ではなく、マイナーテーマではありますが、特定のデッキにはかなり刺さるヴェルズデッキ。自身で使うことはなくても、

《ヴェルズ》デッキの回し方・効果などの特徴は一通り抑えておいても損はしないでしょう。

【関連記事】

【新環境】『新マスタールール』で使えるデッキテーマまとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク