【遊戯王裁定】「EXゾーンモンスターのコントロール奪取はメインモンスターゾーンへ」が確定!


【遊戯王OCG】「EXモンスターゾーンのコントロール奪取はメインモンスターゾーンへ」が確定!

「EXゾーンのモンスターのコントロール奪取はメインモンスターゾーンへ」

Q:EXモンスターゾーンの相手モンスターを対象として「精神操作」を発動した場合、そのモンスターはどのゾーンに置く?

A:そのモンスターは「精神操作」を発動したプレイヤーのメインモンスターゾーンに置かれます。また、コントロールが相手プレイヤーに戻る場合、そのモンスターは相手プレイヤーのメインモンスターゾーンに置かれます。

《精神操作》

通常魔法

(1):相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果でコントロールを得たモンスターは攻撃宣言できず、リリースできない。

先ほど、Vジャンプ5月号フラゲ情報がありまして

リンク召喚(新マスタールール)裁定関連で前々から話題になっていた、

《精神操作》などの相手モンスターのコントロールを奪うカードを使って「相手EXゾーンモンスターのコントロールを奪取した場合、そのモンスターはどこに置くのか」という裁定ですが、

「相手EXゾーンのモンスターのコントロールを奪取した場合、自分メインモンスターゾーンへそのモンスターを置く」という裁定になったようです。

つまり、

  • 自分EXゾーンにモンスターが存在しても《精神操作》を使い相手EXゾーンのモンスターのコントロールを奪取できる。
  • EXゾーンに自分のリンクモンスターがなくても、相手リンクモンスターを奪えばそのリンクマーカー先に自分のEXモンスターを呼べる。

という裁定になるということになります。

相手リンクモンスターのコントロールを奪うことで一気にゲームを有利に進められそうな裁定ですね。

現在では重ねてエクシーズの便利性ゆえに、《エネミーコントローラー》や《精神操作》などのコントロール奪取系のカードの再度デッキ採用が増えています。→《エネコン》《精神操作》が環境デッキで十二獣対策に使える

今後、リンク召喚環境になった以降にも、後攻用の再度デッキカードとして《エネコン》《精神操作》の採用が引き続き、継続していくのだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク