《戦線復帰》考察!「通常罠バージョン」のリビデ!


《戦線復帰》考察!『コードオブザデュエリスト』収録

《戦線復帰》テキスト

通常罠

①:自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

《戦線復帰》考察

通常罠版の「リビデ」

『コードオブザデュエリスト』《戦線復帰》の収録が決定しました!

面白い効果を持つカードが登場しましたねー!

「通常罠」で「守備表示蘇生」版の《リビングデッドの呼び声》といったところでしょうか。

こういうテキストが短いけど強力なカード個人的にめっちゃ好きですw

《竜魂の幻泉》と同じく守備表示で復活する効果ですね。

念のためそれぞれの効果をおさらい。。。

《リビングデッドの呼び声》

永続罠

(1):自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

《竜魂の幻泉》

永続罠

(1):自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。特殊召喚したそのモンスターの種族は幻竜族になる。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

リビデ、竜魂の幻泉は、ともに「永続罠」カード。

今回の《戦線復帰》は「通常罠」カード。

サイクロンを打たれると効果を使えない永続罠である「リビデ、竜魂の幻泉」などに比べ、サイクロン、コズミックサイクロンなどを打たれても効果を使用できる「通常罠カード」であることが《戦線復帰》のメリット。守備表示で復活させるため、自分ターンでバトル参加にできないのが残念だが、相手ターンの壁として守備復活は悪くない。

デッキテーマ毎に、リビデ、竜魂の幻泉などが活きるのは、

《星輝士トライヴェール》による全体バウンスコンボを使う《星因士テラナイト》デッキであったり、

破壊時にリクルート効果を持つ《kozmoダークシミター》などを能動的に破壊できる《kozmo》デッキなどではリビデに分がある。

特定のデッキとのシナジーがあるデッキにおいては、リビデ・竜魂の幻泉が良いが、

特段の理由がない限り通常罠であることのメリットを享受するケースが多くなるでしょう。

蘇生札として《戦線復帰》を採用するデッキにおいては、《死者蘇生》《ソウルチャージ》などに次ぐ、蘇生カードとしての汎用性を持っている。

守備表示を嫌い、やっぱりリビデ!というケースもありうるが、壁としての運用がメインであれば戦線復活の方が良いかもしれない。

まあ、でも使い分けになりそうですねー!

『コード・オブ・ザ・デュエリスト』全収録カード一覧まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク