「月光(ムーンライト)」デッキ回し方・大会優勝デッキ構築【遊戯王OCG】


「月光(ムーンライト)」デッキ回し方・新マスタールール環境への適応

月光(ムーンライト)デッキとは

「遊戯王ARC-Vセレナ」使用テーマ

遊戯王ARC-Vにおいて「セレナ」使用するテーマである。

月光(ムーンライト)は、基本的には「闇属性・光属性の獣戦士族」のモンスターがメインになっており、ペンデュラムモンスターも一部テーマ内に存在する。上級モンスターへのアクセスは「融合モンスター」の融合召喚から展開する。

《月光彩雛》

効果モンスター

星4/闇属性/獣戦士族/攻1400/守 800

「月光彩雛」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):1ターンに1度、デッキ・エクストラデッキから「ムーンライト」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このターン、このカードを融合素材とする場合、墓地へ送ったそのモンスターの同名カードとして融合素材にできる。

(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、自分の墓地の「融合」1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

(3):このカードが除外された場合に発動できる。このターン、相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。

(1)は起動効果で、デッキエクストラから「ムーンライトモンスター」を1体墓地に送り、融合素材にする時にその同名カードとして素材にできる効果、(2)効果で墓地へ行った時に、墓地の「融合」を回収する効果。(3)は除外されたターン、相手はバトルフェイズを行えない効果。

月光(ムーンライト)デッキの展開にキーカードとなるカード。エクストラからカードを墓地に送る(1)効果を使い、墓地除外から墓地のムーンライトも融合素材にできる「月光狼」の効果の応用ができる。「墓地除外」などからこいつ自身が除外された場合相手はバトルフェイズ中に効果を使えなくなる効果がある。

《月光狼》

ペンデュラム・効果モンスター

星6/光属性/獣戦士族/攻2000/守1800

【Pスケール:青1/赤1】

(1):自分は「ムーンライト」モンスターしかP召喚できない。この効果は無効化されない。

(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分のフィールド・墓地から、「ムーンライト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

【モンスター効果】

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の「ムーンライト」モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

P効果(2)は、自分メインでフィールド墓地からムーンライト素材を除外して、融合召喚する効果。モンスター効果は、フィールドにいる限り、ムーンライトモンスターに貫通能力を持たせる効果。

モンスター効果より、P効果がかなり強い。フィールド墓地から「ムーンライト」を除外して、ムーンライト融合モンスターを融合召喚できる効果。《月光彩雛》とのコンボなどで強力な月光(ムーンライト)融合モンスターへアクセスできる。

《月光虎》

ペンデュラム・効果モンスター

星3/光属性/獣戦士族/攻1200/守 800

【Pスケール:青5/赤5】

(1):1ターンに1度、自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

【モンスター効果】

「月光虎」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

P効果は、墓地のムーンライトを攻撃不可・効果無効・エンドフェイズ破壊で蘇生する効果。融合・シンクロ・エクシーズ・リンクなどの素材にする時に使いたい効果。

モンスター効果は、自身が戦闘効果破壊時に、墓地のムーンライトを蘇生できる効果。なかなか強く、墓地肥やしから釣り上げ効果に使える。

《月光蒼猫》

効果モンスター

星4/闇属性/獣戦士族/攻1600/守1200

「月光蒼猫」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、「月光蒼猫」以外の自分フィールドの「ムーンライト」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。

(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「ムーンライト」モンスター1体を特殊召喚する。

(1)効果は特殊召喚成功時に、自身以外の「ムーンライト」モンスターの攻撃力を場にする効果。上級の融合ムーンライトモンスターにその効果を付与したところ。(2)効果は、戦闘効果破壊時に、デッキより「ムーンライトモンスター」1体をリクルートできる効果。

汎用性も高く、月光デッキのキーカードになる1枚。

《月光黒羊》

効果モンスター

星2/闇属性/獣戦士族/攻 100/守 600

(1):このカードを手札から捨て、以下の効果から1つを選択して発動できる。

  • 「月光黒羊」以外の自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を選んで手札に加える。
  • デッキから「融合」1枚を手札に加える。

(2):このカードが融合召喚の素材となって墓地へ送られた場合に発動できる。「月光黒羊」以外の、自分のエクストラデッキの表側表示の「ムーンライト」Pモンスターまたは自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を選んで手札に加える。

(1)効果は手札から捨てることで効果を使える。墓地から「ムーンライト」回収もしくは、デッキより「融合」サーチができる。(2)効果は、融合素材で墓地へ送られた場合に、エクストラ「ムーンライト」Pモンスターもしくは、墓地の「ムーンライト」モンスターを手札に回収できる効果。

(1)効果は汎用性も高く、融合をサーチできるため、出張カードとして他のデッキにも採用されていたりする。

《月光舞豹姫》

融合・効果モンスター

星8/闇属性/獣戦士族/攻2800/守2500

「月光舞猫姫」+「ムーンライト」モンスター

このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。

(1):このカードは相手の効果では破壊されない。

(2):1ターンに1度、自分メインフェイズ1に発動できる。このターン、相手モンスターはそれぞれ1度だけ戦闘では破壊されず、このカードは全ての相手モンスターに2回ずつ攻撃できる。

(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動する。このカードの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで200アップする。

《月光舞獅子姫》

融合・効果モンスター

星10/闇属性/獣戦士族/攻3500/守3000

「月光舞豹姫」+「ムーンライト」モンスター×2

このカードは上記のカードを融合素材とした融合召喚でのみ特殊召喚できる。

(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

(2):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

(3):1ターンに1度、このカードがモンスターを攻撃したダメージステップ終了時に発動できる。相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

月光(ムーンライト)大会優勝デッキレシピ構築

《月光(ムーンライト)》デッキは、大会優勝の実績もあります。

墓地肥やしから力を発揮するテーマであるため《隣の芝刈》を入れた60枚デッキへの出張タイプが多い感じでしょうか。

『十二獣捕食月光』デッキ

第19回トレカマーケットCS 1位

『十二獣捕食月光』デッキ

第18回トレカマーケットCS ベスト8

過去に考察記事も書いています↓

【遊戯王】大会ベスト8の結果を出した《十二獣捕食月光》デッキレシピ考察
大会ベスト8《十二獣捕食月光》デッキレシピ・構築・回し方・考察 先日CSにて《十二獣捕食月光》デッキが「大会ベスト8」の結...

『十二獣セフィラ月光』デッキ

第1回ホビステ池袋CS with はっちCS 4位C

月光(ムーンライト)デッキ回し方・使い方

「月光」基本的な回し方

「月光(ムーンライト)」デッキの勝ち筋は、

月光融合モンスターである《月光舞豹姫》《月光舞獅子姫》どちらかのアッタカーを出す。

こいつらで一気に打点を作り出し、ワンショットで勝負を決める。これに尽きる。このワンキル火力が、月光(ムーンライト)デッキの強みであり、採用する理由になる。

《月光舞豹姫》《月光舞獅子姫》の展開ルートは、下記記事で紹介しています。

【遊戯王】獣戦士テーマ《月光(ムーンライト)》出張がマジで強い!
《月光(ムーンライト)》の十二獣・真竜への出張で《月光舞獅子姫》のお手軽展開 《十二獣真竜》デッキへの《月光》出張がマジで強そう。 《月...

※《十二獣ドランシア》が禁止カードになったので、ドランシアの破壊効果の代わりに《ドラゴニックD》などで代用して考えてください。

「芝刈デッキ」への出張

「月光」デッキは、出張パーツとして「芝刈」デッキへの出張ができる。月光の墓地蘇生効果を活かし「墓地肥やしデッキ」とは相性が良いというわけ

月光デッキには、《月光香》のような墓地発動効果を持っているカードがあるため《隣の芝刈》のような無作為に行う墓地肥やしでも大丈夫。

墓地に落ちた月光を釣り上げる《月光虎》や《月光香》を使って、蘇生した「月光」をシンクロ・エクシーズ・リンクなどの素材にして起動的に動いたり、

《月光狼》効果を使い、墓地「月光」モンスターを墓地除外から融合をしていく使い方が「墓地肥やし」ギミックから展開することができる。

これら月光(ムーンライト)の優れている点は、P効果や、魔法効果なので、召喚権を使用せずそのコンボを使用することができる点。

「月光」の種族が、獣戦士族であることを生かし「炎舞天キ」や「十二獣ブルホーン」などのサーチ方法にも富んでおり、なおかつ、これらの月光が召喚権を使わない、1枚から展開できる比較的省エネカードである。

とにかく墓地に月光が肥えれば、「ブルホーン」や「天キ」などのサーチで、その場の状況に合わせた月光を持ってくることができる。

芝刈型のデッキは「シラユキ」「捕食」「ライロ」「不知火」などランク4を作れる芝刈デッキであるため「ブルホーンのピン刺し」は全然アリ。

しかも、真竜要素を入れたデッキであれば、永続魔法の「炎舞-天キ」もアドになる。

2017年2月25日トレカマーケットCSで優勝した『十二獣捕食月光』デッキは、「捕食」「ジェムナイト」「シラユキ」などを採用した「芝刈型」デッキ構築になっている(→第19回トレカマーケットCS 1位

さらには、

芝刈デッキは往々として、打点が低いカード多く、その打点強化にも《月光》が打点補助として使える。

環境でも「真竜」や「kozmo」などの高ステータスモンスターが並ぶ際に、その対抗策として《月光》融合モンスターを使っていくことができる。

スポンサーリンク



「月光」デッキの新マスタールール環境

月光デッキは、新マスタールール環境でどうなのか。

融合テーマである《月光》デッキは、EXゾーン新設でEXモンスターの制限により、ある程度制限を受けます。

ですが、個人的にはまだまだ戦えるんじゃないかと思ってます。

《十二獣ドランシア》が禁止になったことで、多少月光デッキのパワーは落ちてしまいました。

《月光蒼猫》などの破壊から動けるカードを自分ターンにドランシアで破壊できる点はゲーム序盤では助かっていた。

今後は《ドラゴニックD》などの破壊手段が残されているため、真竜などと組んで、再度環境での採用を見かけることも多くなるかもしれませんね。

「月光」関連記事まとめ

「月光」回し方・デッキレシピなどに関連した記事をまとめました。

【遊戯王】獣戦士テーマ《月光(ムーンライト)》出張がマジで強い!

【遊戯王】大会ベスト8の結果を出した《十二獣捕食月光》デッキレシピ考察

【遊戯王】十二獣規制に関して考察してみる。禁止・制限環境下での使い方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク