【初動価格】「スターターデッキ2017」初動相場ランキング《遊戯王OCG》


遊戯王OCGデュエルモンスターズ STARTER DECK 2017

「スターターデッキ2017」新規カード一覧

  • 《ビットロン》
  • 《ドラコネット》
  • 《RAMクラウダー》
  • 《リンクスレイヤー》
  • 《サイバネット・ユニバース》
  • 《デコード・トーカー》
  • 《ハニーボット》
  • 《リンク・スパイダー》

「スターターデッキ2017」全収録カード一覧

スターターデッキ2017初動価格ランキング

6位《ドラコネット》100円程度

レベル3/ 闇属性/ サイバース族 / 攻 1400/ 守 1200

①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札・デッキからレベル2以下の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

第6位は、100円で《ドラコネット》

召喚成功時にレベル2以下通常モンスターをデッキ・手札からリクルートできるサイバース族モンスター。リンク素材にしたりなど機動的に使えるモンスター。

5位《ハニーボット》150円程度

《ハニーボット》

リンクモンスター

光属性/ サイバース族/ ATK 1900 LINK-2 左/右

サイバース族モンスター2体

①:このカードのリンク先のモンスターは効果の対象にならず、戦闘では破壊されない。

第5位は、150円で《ハニーボット》。

サイバース族のLINKモンスター。「LINK2」だがサイバース族の縛りがあるため今の所汎用性は低い。

4位《RAMクラウダー》170円程度

《RAMクラウダー》

レベル4/ 光属性/ サイバース族/ ATK1800/ DEF1000

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドのモンスター1体をリリースし、自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

第4位は、170円で《RAMクラウダー》。

墓地サイバース族の釣り上げ効果を持っているが、フィールドのモンスターをリリースする必要があるので1:1交換になるモンスター。正規召喚したリンクモンスターを蘇生できるが、それ以外だとなかなか使いにくいのは現状。

3位《リンクスレイヤー》220円程度

《リンクスレイヤー》

レベル5/ 地属性/ サイバース族 / 攻 2000/ 守 600

①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

②:1ターンに1度、手札を2枚まで捨て、捨てた数だけフィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。

第3位は、220円で《リンクスレイヤー》。

《フォトンスラッシャー》のように、手札からSSできるレベル5サイバース族。

サイバース族のレベル5モンスターとして、シンクロ・エクシーズ・リンク召喚の素材にできる素質がある。今後登場するカード次第では、大化けする可能性を秘めている。

(2)効果も強力で、ツインツイスターのような手札コストに魔法罠をその数分割ることができる効果を持っている。

2位《リンク・スパイダー》330円程度

《リンク・スパイダー》

リンクモンスター

地属性/ サイバース族/ ATK 1000 LINK-1 下

通常モンスター1体

①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4以下の通常モンスター1体をこのカードのリンク先に特殊召喚する。

第2位は、320円で《リンク・スパイダー》。

唯一の「LINK1」モンスター。通常モンスターの縛りがあるが効果で「トークン」などを生成してからリンク召喚するのも良い。リンクマーカーは下に1箇所伸びているだけだが、汎用性はかなり高い。リンク先に手札から通常モンスターをSSできる効果も強い。

1位《デコード・トーカー》550円程度

《デコード・トーカー》

リンクモンスター

闇属性/ サイバース族/ ATK 2300 LINK-3 上/左下/右下

効果モンスター2体以上

①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。

②:自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。

第1位は、550円で《デコード・トーカー》。

今回収録されている《リンクスパイダー》《ハニーボット》《デコードトーカー》の3枚の中では最も汎用性が高い。「LINK3」ではあるが、「効果モンスター2体以上」という最も緩い素材縛りであるため、様々なデッキへの出張が可能。また、リンクマーカーも右下・左下の2箇所に伸びているため、EXゾーンの拡張数も多い。

《デコードトーカー》目当てに『スターターデッキ2017』を買う人もいても良いだろう。

スポンサーリンク



総括

ちなみに『スターターデッキ2017』自体も、すでにプレミア価格になっている。

定価以上の買取をするショップもあるようで、かなり売り切れ続出中らしい。

Amazonは現在まだ1500円程度で購入できるようです。

スターターデッキ2017(Amazon)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク