「インフェルニティ」回し方・大会優勝デッキレシピ構築【遊戯王OCG】


「インフェルニティ」デッキとは

インフェルニティは『遊戯王5D’s』で登場した「悪魔族闇属性」テーマ。

「鬼柳京介」というアニメの物語上重要な位置を占めるキャラクターが使用するデッキテーマ。

「手札が0枚の時に効果を発揮する」という稀有な特徴を有しており、墓地から特殊召喚を繰り返しアドを取る戦い方がとても異色。

現在の高速化した環境では過去テーマの域を出ずにあまり頭角を表すことはないが、地味にファンが多く、ソリティア度や回し方の巧妙さが強いといえば強い。

『新マスタールール』環境でリンク召喚の登場により活躍可能性が上がったテーマの一つ。

「インフェルニティ」大会デッキレシピ構築

2016年1月9日 第114回ALANN CUP 3位

インフェルニティ→デッキレシピ

大会当時、EMモンキーボードが禁止制限前だったため《EMIFデッキ》になっていますが、そのEM要素を抜いた部分で見てください。

「インフェルニティ」デッキ回し方

「インフェルニティ」基本的な動かし方

「インフェルニティ」デッキ基本的な回し方は、

《インフェルニティデーモン》《インフェルニティネクロマンサー》などの効果を使って、サーチや蘇生を駆使してフィールドにインフェルニティモンスターを揃え、シンクロ・エクシーズ・リンクモンスターへとつなげていく展開方法をとる。

効果モンスター

星4/闇属性/悪魔族/攻1800/守1200

(1):手札が0枚の場合にこのカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「インフェルニティ」カード1枚を手札に加える。この効果は自分の手札が0枚の場合に発動と処理ができる。

効果モンスター

星3/闇属性/悪魔族/攻   0/守2000

このカードは召喚に成功した時、守備表示になる。また、自分の手札が0枚の場合、このカードは以下の効果を得る。1ターンに1度、自分の墓地から「インフェルニティ・ネクロマンサー」以外の「インフェルニティ」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚できる。

《インフェルニティデーモン》のサーチ効果は、1ターンに1度の縛りがないため、ソリティア展開する中で、このカードのサーチ効果を使い、

強力な罠カードである《インフェルニティバリア》と《インフェルニティブレイク》をフィールドにセットしていく。この2枚の罠カードを使い、相手の動きを封じる展開を完成させることができる。

「インフェルニティ」デッキのソリティア展開は、いろいろなものが開発されているようだが、今回は、2017年4月15日発売『コードオブザデュエリスト』に収録されている《ファイアウォールドラゴン》を使ったコンボがかなり強いそうなのでこちらを紹介します。

リンク召喚を絡めた展開であるため、今後の環境でも活躍の可能性はありそう。

『インフェルニティ』デッキ回し方動画

今回、「インフェルニティ」デッキの回し方動画として紹介するのは、

FeC 遊戯王チャンネル」様が紹介している下記の動画。

とてもわかりやすいので、回し方の参考になりますのでどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. テンサル より:

    強力な罠カードである《インフェルニティバリア》と《インフェルニティバリア》をフィールドにセットしていく。この2枚の罠カードを使い、相手の動きを封じる展開を完成させることができる。

    バリアとバリアになってます・・・
    細かいことですみません・・・

    • yugioumikun より:

      本当だ、、、、、助かりました〜
      いつも、見てくれてありがとうございます〜!