「剛鬼(ごうき)」デッキ回し方・効果解説・デッキレシピ構築


「剛鬼(ごうき)」デッキとは

「剛鬼(ごうき)」デッキとは「遊戯王VRAINS」「鬼塚豪」が使用する新テーマ。

「地属性・戦士族」で統一され、剛鬼モンスターはすべて守備力が0のモンスターになっている。2017年4月発売の『コードオブザデュエリスト』に新規収録されカテゴリー化される。

剛鬼モンスターは、フィールドから墓地に送られるとデッキから剛鬼カードをサーチができるという後続ケアができるテーマでもある。

「剛鬼(ごうき)」デッキテーマカード一覧

《剛鬼ザグレートオーガ》

《剛鬼ザ・グレート・オーガ》

リンク・効果

地属性・戦士族  LINK3 右下・下・左下 ATK2600

「剛鬼」モンスター2体以上

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドのモンスターの攻撃力は、そのモンスターの元々の守備力分ダウンする。

(2):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。

リンク3「剛鬼」リンクモンスターで、リンクマーカーを右下・下・左下に持つ。素材縛りは「剛鬼」2体以上でリンク召喚可能。

①:フィールドのモンスターの攻撃力を守備力分下げる効果と、②;戦闘・効果で破壊される場合、リンク先モンスターを身代わりにできる効果。

①効果は、「剛鬼」がすべて守備力0のため、事実上、相手モンスターの攻撃力を永続で減少させる効果を持っている。

《剛鬼スープレックス》

《剛鬼スープレックス》

効果モンスター

星4・地属性・戦士族

ATK1800 DEF 0

このカード名のの効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札から「剛鬼」モンスター1体を特殊召喚する。

(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「剛鬼スープレックス」以外の「剛鬼」カードを手札に加える。

レベル4「剛鬼」モンスター。

①効果は、召喚成功時「剛鬼」を手札から特殊召喚する効果、②効果は、フィールドから墓地に送られた場合、「剛鬼」カードをサーチする共通効果。

①効果は、よくある召喚成功時に同じテーマモンスターを手札からSSできる効果。「剛鬼スープレックス」以外の縛りがないため、「剛鬼スープレックス」をもう一体だし、ランク4エクシーズなんてこともできるみたい。

ただ、エクシーズ素材になってしまうと②の墓地送り時のサーチ効果を利用できないため、やはりリンク召喚につなげていきたい。

《剛鬼ツイストコブラ》

《剛鬼ツイストコブラ》

効果モンスター

星3・地属性・天使族

ATK 1600 DEF 0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体をリリースし、自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、リリースしたモンスターの元々の攻撃力分アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「剛鬼ツイストコブラ」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

レベル3「剛鬼」モンスターです。

①効果は、「剛鬼」をリリースし、フィールドの「剛鬼」の攻撃力を上げる誘発即時効果、②効果は、フィールドから墓地に送られた場合、「剛鬼」カードをサーチする共通効果を持つ。

①効果は、能動的に、自分フィールドの剛鬼モンスターを墓地に送れ手段として使える。通常魔法の剛鬼カード《剛鬼再戦》の墓地レベルのことなる剛鬼モンスター2体を蘇生する効果は、墓地に2枚剛鬼がないと使えないためその墓地肥やしにもなり、且つ、サーチ効果を使わせることもできる。

《剛鬼ライジングスコーピオ》

《剛鬼ライジングスコーピオ》

効果モンスター

レベル5/地属性/戦士族/ATK 2300/DEF 0

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドのモンスターが存在しない場合、または「剛鬼」モンスターのみの場合、このカードはリリースなしで召喚できる。

②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動出来る。デッキから「剛鬼ライジングスコーピオ」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

レベル5「剛鬼」モンスターです。

①効果は、フィールドにモンスターがいないor剛鬼モンスターのみの場合、リリースなしで召喚できる効果。②効果は、フィールドから墓地に送られた場合、「剛鬼」カードをサーチする共通効果を持つ。

リリースなしで召喚できるのは良く、攻撃力も剛鬼モンスターの中でも高い。レベル5枠の剛鬼として、少なめの採用になるかもしれんが、重要な剛鬼デッキパーツになる。

《剛鬼再戦》

《剛鬼再戦》

通常魔法カード

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分の墓地のレベルの異なる「剛鬼」モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

「剛鬼」通常魔法カードです。

墓地のレベルの異なる「剛鬼」モンスターを2体守備表示で特殊召喚できる。

「剛鬼」モンスターの共通効果でサーチもでき、且つ墓地に送られることで起動する剛鬼デッキにおける墓地蘇生効果は、願ったりもかなったりな効果。

2体蘇生なので、リンク召喚につなげやすい。

「剛鬼(ごうき)」デッキ回し方・構築

「剛鬼(ごうき)」デッキの回し方・動かし方

「剛鬼」モンスターはすべて②共通効果で、フィールド→墓地で、デッキより「剛鬼」カードをサーチできる効果を持つ。

②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動出来る。デッキから「◯◯」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

基本的には、この共通効果でアドを取っていく戦い方になるだろう。《剛鬼ツイストコブラ》も場の剛鬼モンスターを能動的に墓地に送れる効果を持っている。

「剛鬼(ごうき)」デッキの問題点

ただ「剛鬼」デッキにおける問題は、特殊召喚手段が《剛鬼スープレックス》のみである事だ。しかも特殊召喚方法が召喚成功時に、他の剛鬼を手札からSSなので、割とアド損になりやすい。

剛鬼モンスターの「サーチ効果」は優秀なのだが、それはフィールドから墓地へ送られた場合の話。デッキや手札から墓地に送られた場合は効果は使えない。となると、フィールドに剛鬼を出していく必要があるが、剛鬼モンスターをフィールドに出す手段は、基本通常召喚になる。

そのため、1ターンに1体しか展開できず、フィールドにも墓地にも剛鬼が揃わず、手札で剛鬼モンスターが渋滞してしまう。墓地リソースが活きる《剛鬼再戦》も、墓地にモンスターが2体以上ある必要があるため初手の動き出しがとにかく遅い。

そのため、何かしらの手段で、フィールドに特殊召喚する方法を整える必要がある。

「剛鬼(ごうき)」デッキ構築

「ペンデュラムテーマ」と組み合わせる

「剛鬼」デッキの構築において、剛鬼デッキの一つの解決先が、「ペンデュラムテーマ」と合わせること。

「新マスタールール」における「ペンデュラム召喚の新裁定」によって、EXデッキからペンデュラムモンスターを特殊召喚する際は、EXモンスターゾーンに召喚しないとならない裁定になってしまいました。そのため基本、1体しかEXデッキからペンデュラム召喚できない裁定ですが、手札からのペンデュラム召喚には制限がありません

そのため、手札で滞留しがちな「剛鬼」モンスターを積極的にフィールドに展開することができる。

特に相性が良いのは「メタルフォーゼ」でしょう。

「メタルフォーゼ」のP効果で、フィールドのカードを破壊する効果は、「剛鬼」モンスター共通効果である以下のサーチ効果と相性が良い。

②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動出来る。デッキから「◯◯」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

さらに言うと「錬装融合(メタルフォーゼフュージョン)」からのメタルフォーゼ融合モンスターの展開に関しては、

融合召喚であるため、エクシーズなどと違って、素材となりフィールドから墓地へ行った「剛鬼」モンスターのサーチ効果を使うこともできちゃう。

その点、メタルフォーゼとの組み合わせを検討しても良いかもしれない。

「地属性リンクモンスター」が使える

「剛鬼」モンスターは地属性モンスターで統一されているため、

《ミセスレディエント》などのリンクモンスターを採用することができる。

リンク・効果モンスター

地属性/獣族/攻1400

【LINK-2:左下/右下】

地属性モンスター2体

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。

(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

【遊戯王リンク召喚】《ミセス・レディエント》考察!

「剛鬼モンスター」リンクモンスターである《剛鬼ザグレートオーガ》は「リンク3モンスター」リンク召喚するにはフィールドにモンスターを3体並べないとならないため素材が少し重い。

さらに言えば、

《剛鬼ザグレートオーガ》は、その効果の特徴上フィールドに出したからといってアドを取る動きはできず、フィールドのモンスターの攻撃力を下げる妨害効果、破壊から守る身代わり効果しか持っておらず、場持ちや後続展開ができるわけでもない。

なので、どちらかというと《ミセスレディエント》の方が良かったりする。

そういう意味でも、

「剛鬼」デッキの構築は、なかなかテーマ内だけでは構築が難しく、うまく他のテーマと補完しあいながらデッキ構築していくことが重要になりそうだ。

スポンサーリンク


「剛鬼」デッキ関連記事まとめ

「剛鬼」デッキの関連記事をまとめました。

『コード・オブ・ザ・デュエリスト』全収録カード一覧まとめ

『トリックスター』考察!『コードオブザデュエリスト』収録

スポンサーリンク
スポンサーリンク