「No.41 泥睡魔獣バグースカ」考察!汎用妨害エクシーズ【遊戯王OCG】


「No.41 泥睡魔獣バグースカ」テキスト

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/地属性/悪魔族/攻2100/守2000

レベル4モンスター×2

このカードのコントローラーは、自分スタンバイフェイズ毎にこのカードのX素材を1つ取り除く。取り除けない場合、このカードを破壊する。

(1):攻撃表示のこのカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

(2):このカードがモンスターゾーンに守備表示で存在する限り、フィールドの表側表示モンスターは守備表示になり、フィールドの守備表示モンスターが発動した効果は無効化される。

「No.41 泥睡魔獣バグースカ」効果解説

「コレクターズパック2017」に「No.41 泥睡魔獣バグースカ」の収録が判明しました。

『コレクターズパック2017(COLLECTORS PACK)』全収録カード一覧

スタンバイフェイズにエクシーズ素材を一つ取り除く必要があるが、妨害&制圧力を持つ新たな汎用ランク4エクシーズ。

スタンバイにエクシーズ素材を取り除く必要あるのは《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》と似ているが、あちらは取り除けない場合ダメージを受けるが《No.41 泥睡魔獣バグースカ》は自壊になるだけでデメリットは低い。

又、効果としてはなかなか汎用性も高く、「No.41 泥睡魔獣バグースカ」は攻撃表示の時、守備表示の時に、それぞれ効果が変わる。

攻撃表示の場合は、「相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない」効果。守備表示の場合は、「フィールドのモンスターは守備表示になり、フィールドの守備表示のモンスターが発動した効果は無効化される」効果。

「No.41 泥睡魔獣バグースカ」考察

No.41 泥睡魔獣バグースカ」は攻撃表示の場合、効果耐性としてはそこそこだが攻撃力が2100打点なので戦闘破壊には弱い。そのため、もっぱら守備表示の運用になるだろう。

フィールドのモンスターはすべて強制的に守備表示になるため、攻撃・効果ともに耐性がある。弱点としては、守備表示にならないリンクモンスター・効果耐性モンスター・魔法罠カードなど。

先行1ターン目で立ててしまえば、フィールドのモンスター効果を無効にできるため、それ以降の後続の妨害ができる。

ただし、《真竜皇V.F.D》とは違い、起動効果でない永続効果である上に、自分のモンスターに対しても効果が及んでしまうため使いにくいといえば使いにくい。

自分のターンになったら表示変更し攻撃表示にすれば、表示形式変更ができ、効果が無効化されることはなくなるため、そのターン自分の展開を進めることはできる。だが、それ以降は表示形式変更ができないため、次の相手ターンでの妨害効果がなくなってしまうため切り返しを受けるリスクはある。

そういった意味でも、使いやすい反面、使用できるデッキテーマを限定するカードになる。

とはいえ、先行1ターン目で立てられる「妨害系ランク4エクシーズ」としては《フレシアの蟲惑魔》などにつぐ、汎用枠になりそうですね。

スポンサーリンク



総括

No.41 泥睡魔獣バグースカ」が判明しました。こういう汎用系のエクシーズモンスターは1枚は確保しておきたいところですね。

コレクターズパック2017収録カード一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク