《エアサーキュレーター》は真竜WW(ウィンドウィッチ)と相性が良い【遊戯王OCG】


「エアサーキュレーター」効果テキスト

効果モンスター

星3/風属性/水族/攻   0/守 600

このカードが召喚に成功した時に発動する事ができる。自分の手札2枚をデッキに加えてシャッフルし、デッキからカードを2枚ドローする。このカードが破壊された時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

《エアサーキュレーター》効果解説

「エアサーキュレーター」は、「レベル3風属性水族」のモンスター。

攻撃力0、守備力600とステータスは低めだが、効果が汎用性もあり使える。

モンスター効果としては、

1つ目が「召喚成功時に自分手札2枚をデッキに戻し、2枚デッキからドローすることができる」手札入れ替えの効果。

2つ目は、破壊されるとデッキから1枚ドローできる効果。フィールド上で破壊される必要がなく、手札で破壊された場合でもその効果を使うことができる。

手札入れ替え&ドロー加速枠として汎用性があるカードで、相場価格もそこそこ高い値段を維持していれる。

《エアサーキュレーター》は真竜WWと相性が良い

《ドラゴニックD》の破壊先になる

《エアサーキュレーター》は《ドラゴニックD》の破壊先になることができる。

《ドラゴニックD》は手札のカードも破壊することができるので、どこから破壊されるかの指定がない《エアサーキュレーター》を破壊すればドロー効果を使うこともできる。

又、自身は風属性ということもあり《真竜WW召喚獣》において《召喚獣ライディーン》の融合召喚のコストになることができる。

破壊されて墓地にいる場合、そのまま融合素材にできてしまうので、一口で二度おいしい。

《エアサーキュレーター》手札入れ替え効果

次に、《エアサーキュレーター》の手札入れ替え効果は、素引きした《WW(ウィンドウィッチ)モンスター》を手札に戻すことができる。

《WW(ウィンドウィッチ)》デッキの初動は、《WW-アイスベル》から。

この1枚から、召喚権を使わずに一気に破壊耐性持ちの《クリスタルウィングシンクロドラゴン》に変えることができる。

詳細はこちら→「真竜WW召喚獣」デッキ大会優勝!回し方・デッキレシピ構築解説

簡単に説明すると、《WW-アイスベル》から効果で《WW-グラスベル》をデッキリクルート→《WW-グラスベル》効果で《WW-スノウベル》をデッキサーチ→《WW-スノウベル》を手札から特殊召喚。で3枚のWWを揃え、クリスタルウィングシンクロドラゴンまで持っていく。

かなり強いが、WWデッキの一つ難点があるとすると、

《WW-グラスベル》《WW-スノウベル》を素引きしてしまうリスクだ。

それぞれ、効果で「デッキからリクルート&サーチすること」で力を発揮する。

そのため、《WW-グラスベル》《WW-スノウベル》は初手で素引きしたくない。そのためかだいたいのデッキ構築は、《WW-グラスベル》《WW-スノウベル》のそれぞれ採用枚数は、1枚、多くても2枚といったところ。

そんな中、

《エアサーキュレーター》は召喚成功時に手札入れ替え効果を発動することができる。つまり、素引きし手札で腐りかける《WW-グラスベル》《WW-スノウベル》をデッキに戻すことができる。《エアサーキュレーター》の手札入れ替え効果も「真竜WW」デッキにおいては役に立たせることができる。

以前のWW(ウィンドウィッチ)デッキは、

「AFWW召喚獣」というデッキ構築が一般的であり、「召喚獣アレイスター」「テラフォーミング」「暴走魔法陣」「WW(ウィンドウィッチ)」をそれぞれガン積みだったため、素引きリスクのは《ワンダーワンド》である程度ケアできていた。

ただ、真竜WWデッキ・真竜WW召喚獣デッキにおいては、魔法使い族の採用枚数が、AFWW召喚獣と比べ少ない。そのため手札の《ワンダーワンド》を腐らせる可能性が高く《ワンダーワンド》の採用はデッキ構築上難しいことが多い。

そういう意味でも、「真竜WW召喚獣」における《WW-グラスベル》《WW-グラスベル》の素引きリスクのケア方法を「エアサーキュレーター」である程度代替できていると言える。

スポンサーリンク



「真竜WW」関連記事

「真竜WW」デッキの関連記事をまとめました。

「真竜WW召喚獣」デッキ大会優勝!回し方・デッキレシピ構築解説

【遊戯王環境】真竜環境が「後攻ゲー」になっている点を考察

スポンサーリンク
スポンサーリンク