《スローライフ》効果考察!通常召喚・特殊召喚に依存するデッキで使えそう


《スローライフ》効果テキスト

永続魔法

自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分メインフェイズ1開始時にこのカードを発動できる。

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、以下の効果を適用する。

  • モンスターを通常召喚したプレイヤーは、そのターンモンスターを特殊召喚できない。
  • モンスターを特殊召喚したプレイヤーは、そのターンモンスターを通常召喚できない。

《スローライフ》効果解説

《スローライフ》が「コレクターズパック2017」への収録が判明しました。

効果としては、

自分フィールドにモンスターが存在しない自分メイン1に発動できるカード。

フィールドに存在する限り下記の効果が適応される。

  • モンスターを通常召喚したプレイヤーは、そのターンモンスターを特殊召喚できない。
  • モンスターを特殊召喚したプレイヤーは、そのターンモンスターを通常召喚できない。

互いに、特殊召喚か通常召喚のどちらかしか使えないという効果。

なので、「特殊召喚」「通常召喚」のどちらかの召喚方法に比重が多いデッキでの採用が見込まれるカード。

《スローライフ》採用できそうなデッキテーマ

「命削り系」デッキ

《命削りの宝札》を採用する命削り系デッキへの採用はできそう。

《命削りの宝札》

通常魔法

「命削りの宝札」は1ターンに1枚しか発動できず、

このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。

(1):自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。

《命削りの宝札》のデメリットの1つに、「このカードを発動するターンはモンスターを特殊召喚できない」という縛りがある。

そのため、基本的には特殊召喚を行わず、通常召喚で戦う《真竜》《妖仙獣》デッキなどへ採用されることが多い。

《スローライフ》は、通常召喚・特殊召喚のどちらか一方を封じるカードであるため、通常召喚に依拠したデッキである「命削り系」デッキへの採用は相性が良い。

「インフェルノイド」などの特殊召喚デッキ

「インフェルノイド」などの特殊召喚を基調としたデッキへの採用もありだろう。

《モンスターゲート》《名推理》を採用するため、

インフェルノイドデッキは、特殊召喚による召喚方法を扱うモンスターの採用が多い。

そのため、召喚方法もおのずと特殊召喚に依存しており、インフェルノイドの場合、通常召喚は《インフェルノイドデカトロン》《妖精伝姫シラユキ》などを除けばほとんど使うことがない。

《スローライフ》の効果で、通常召喚を封じられていても、自分はそこまでデメリットを被らず、相手へデメリットを与えることができる。

以上から、《スローライフ》は「インフェルノイド」「命削り」「スピリット」デッキなどの特殊召喚・通常召喚どちらかに依存したデッキへの採用ができそう。

スポンサーリンク



「コレクターズパック2017」収録一覧・予約

遊戯王OCG デュエルモンスターズ COLLECTORS PACK 2017 BOX

『コレクターズパック2017(COLLECTORS PACK)』全収録カード一覧【遊戯王OCG】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク