大会で結果を出した「クリッター真竜」デッキが強そう【遊戯王OCG】


《クリッター》テキスト

効果モンスター

星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 600

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。

《クリッター》が「真竜」デッキで使える

《クリッター》を採用した真竜デッキが大会で準優勝

「純真竜」デッキ

2017年4月15日 第161回ALANN CUP 2位

上記、CS大会で結果を出した「真竜」デッキに《クリッター》が3積みされており、「クリッター真竜」なるデッキが巷で噂になっている。

真竜デッキに《クリッター》を採用するメリットを考察していきたいと思う。

《クリッター》採用のメリット

《クリッター》採用のメリットとしては、

  • 手札誘発モンスターをサーチできる。
  • マスターPにモンスター耐性をつけられる

という点だろう。

「手札誘発モンスター」をサーチできる

《クリッター》採用のメリットは、まず、「手札誘発モンスター」をサーチできること。

《クリッター》は真竜アドバンス召喚のリリースで墓地送りになったり、《ドラゴニックD》で破壊された墓地送りになったりすると、デッキから攻撃力1500以下のモンスターをサーチできる。

なので、手札誘発モンスターである《灰流うらら》《幽鬼うさぎ》《増殖するg》強力なメタカードのサーチすることができる。戦況や相手デッキに合わせて、最適な手札誘発を呼べるのはメタの観点で確実性が高まり、かなり強力。

《クリッター》はエラッタによって、サーチターンでの発動制限がかかってしまったが、

「手札誘発を使うのは、基本次の相手ターン以降」なので

発動制限はそこまで問題にならない(特に先行の場合)

  • 《命削りの宝札》《kozmo》への《灰流うらら》
  • 《星杯》への《増殖するg》
  • 《恐竜》への《幽鬼うさぎ》

など手札誘発モンスターは現在の環境にメタとしてかなり刺さる。

【関連記事】

《命削りの宝札》メタカード・対策方法に関して考える

恐竜デッキのメタカードまとめました

《真竜剣皇マスターP》にモンスター耐性をつける

《クリッター》は《真竜剣皇マスターP》のアドバンス召喚素材になることでモンスター耐性をつけることができる。

現環境では、相手の《真竜剣皇マスターP》や《究極伝導恐獣(アルティメットコンダクターティラノ)》など、相手に干渉するモンスターに注意を払う必要があるため、「モンスター効果耐性」は積極的につけてたい

レベル4以下モンスターの採用が少ない真竜デッキで、

《クリッター》を採用することによって、自分《マスターP》にモンスター効果耐性をつけることができる。

スポンサーリンク



総括

個人的には、真竜デッキに《クリッター》を採用することで、先行でもやれることができたのが評価ポイント。

《ドラゴニックD》で破壊したり、《真竜の継承》《真竜皇の使徒》で自分ターンにアドバンス召喚したり、など先行で手札誘発をサーチできるのは強い。

「真竜」デッキの枠はなかなかきついですが、クリッターを採用するデッキタイプの大会入賞も今後増えてくるかもしれないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. まぬけ より:

    クリッターくんはリンクとも相性よさそうですね