「芝刈ノイド」には壊獣より《ヴォルカニッククイーン》が良い【遊戯王OCG】


《ヴォルカニッククイーン》効果テキスト

効果モンスター

星6/炎属性/炎族/攻2500/守1200

このカードは通常召喚できない。相手フィールド上のモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールド上に特殊召喚できる。1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上のカード1枚を墓地へ送る事で、相手ライフに1000ポイントダメージを与える。また、自分のエンドフェイズ時にこのカード以外の自分フィールド上のモンスター1体をリリースするか、自分は1000ポイントダメージを受ける。このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。

《ヴォルカニッククイーン》効果解説

《ヴォルカニッククイーン》の効果としては、《溶岩魔神ラヴァゴーレム》の1体リリース版のモンスターといったところ。

破壊や除外などではない「リリース」という手段を取るため、耐性持ちモンスターを確実に除去することができる。

《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》

特殊召喚・効果モンスター

星8/炎属性/悪魔族/攻3000/守2500

このカードは通常召喚できない。相手フィールドのモンスター2体をリリースした場合に相手フィールドに特殊召喚できる。このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。

(1):自分スタンバイフェイズに発動する。自分は1000ダメージを受ける。

同じく相手モンスターをリリースする「壊獣」シリーズもあるが、、

《ヴォルカニッククイーン》《溶岩魔神ラヴァゴーレム》の「壊獣」との違いとして、

①:相手へデメリットを持つ効果がある

②:通常召喚ができないモンスターである

③:そのターン通常召喚ができなくなってしまうデメリットがある

「壊獣」は、出すターンにも自分はモンスターを通常召喚できるし、壊獣カウンターによって発動する効果を持っているが、実際は出したらほぼバニラ状態になる。

通常召喚が使えないのは辛いため、普通のデッキでは「壊獣」の方が使いやすい。

「芝刈ノイド」における《ヴォルカニッククイーン》と《溶岩魔神ラヴァゴーレム》

しかし、「芝刈ノイド」デッキにおいては、《名推理》《モンスターゲート》の2枚が採用されていることから、壊獣よりも《ヴォルカニッククイーン》《溶岩魔神ラヴァゴーレム》が採用される傾向にある。

【参考:芝刈ノイド大会優勝デッキレシピ】

2017年4月9日 第31回足立CS 1位C

《名推理》

通常魔法(制限カード)

相手プレイヤーはモンスターのレベルを宣言する。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキからカードをめくる。出たモンスターが宣言されたレベルと同じ場合、めくったカードを全て墓地へ送る。違う場合、出たモンスターを特殊召喚し、それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

《モンスターゲート》

通常魔法(準制限カード)

(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、そのモンスターを特殊召喚する。残りのめくったカードは全て墓地へ送る。

ご存知の通り、

この《名推理》《モンスターゲート》は、「通常召喚が可能なモンスター」が出るまで墓地に送る強力な墓地肥やしカード。なるべく多くのカードをデッキから墓地に送りたい「芝刈ノイド」デッキにおいては、通常召喚ができない《ヴォルカニッククイーン》や《ラヴァゴーレム》はそのコンボの邪魔をしないで済む。

逆に、壊獣モンスターは通常召喚が可能なため、壊獣をめくってしまうと、せっかくの墓地肥やしがそこで止まってしまう。

通常召喚ができないデメリットもあるが、「芝刈ノイド」デッキにとってはそこまで痛く、それよりも推理ゲートを成功させることにウェイトをおきたいため、やはり《ヴォルカニッククイーン》や《溶岩魔神ラヴァゴーレム》の採用が採用される傾向にある。

《ヴォルカニッククイーン》か《溶岩魔神ラヴァゴーレム》のどちらかは、割とプレイヤーの好みによるところであろうが、個人的には1体リリースで良い《ヴォルカニッククイーン》の方が強いかなーと思う。

ちなみに、以前《サイフレームロードγ》出張型の「芝刈ノイド」デッキの考察をしましたが、

【遊戯王】大会準優勝した《サイフレーム》入り《インフェルノイド》デッキ考察
【遊戯王】大会準優勝した《PSYフレーム》入り《インフェルノイド》デッキレシピ考察 2016年10月レイジングテンペストで《隣の芝...

「サイフレーム」モンスターも通常召喚ができないモンスターなので、《名推理》《モンスターゲート》の邪魔をしないという同じ理屈で採用しやすかった。

《真竜剣皇マスターP》や《kozmo》など、

「壊獣」や《ヴォルカニッククイーン》のリリースによる除去の需要はまだまだ高く、今後もこれらの活躍も増えてくるでしょう。

ちなみに、《ヴォルカニッククイーン》《溶岩魔神ラヴァゴーレム》はともにノーマルなので、価格が安いため手に入れやすいのも良い。

芝刈ノイドデッキ関連記事

芝刈ノイドデッキの関連記事をまとめました。

まだまだノイド関連の記事数は少ないですが、余裕があったら増やしていきます。

【遊戯王】《サイフレームギア》出張採用が増えている

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク