《No.89 電脳獣ディアブロシス》考察。ゴードン対策カード【遊戯王OCG】


《No.89 電脳獣ディアブロシス》効果テキスト

「No.89 電脳獣ディアブロシス」

エクシーズモンスター

星7 闇 サイキック族/ ATK2800/DEF1200

レベル7モンスター×2

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。相手のEXデッキを確認し、その内の1枚を選んで裏側表示で除外する。

②:このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ終了時、相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを裏側表示で除外する。

③:相手のカードが裏側表示で除外された場合に発動できる。裏側表示で除外されている相手のカードの数だけ、相手のデッキの上からカードを裏側表示で除外する。

《No.89 電脳獣ディアブロシス》効果解説

《No.89 電脳獣ディアブロシス》は「コレクターズパック2017」へ収録されるエクシーズモンスター。素材指定がないランク7エクシーズモンスターということで、レベル7のを立てることができるデッキにとっては出しやすい1枚。

3つの効果があるが、すべて「相手カードを裏側表示で除外する効果」を持っている。

①:効果としては、1ターンに1度、素材を取り除き発動する起動効果。相手のEXデッキを確認して1枚を裏側表示で除外する効果。

②:効果としては、戦闘破壊後、相手墓地のカード1枚を裏側表示で除外する効果。

③:効果としては、相手カードが裏側表示で除外された場合、裏側表示で除外されている相手カードの数だけ、デッキトップから裏側表示で除外することができる誘発効果。

すべて強力な裏側表示除外の効果を持っているが、特に注目する効果は、③効果になるだろう。①、②効果で除外した時に、③効果を発動するといった感じで相手カードを連鎖的に除外していくことができる。

《No.89 電脳獣ディアブロシス》効果考察

《No.89 電脳獣ディアブロシス》の③効果は、「裏側表示で除外されている相手カード」が多いほど、相手デッキを潰せるカード。

なので、《強欲で貪欲な壺》への切り返しカード(メタカード)になる。

例えば、相手が《強欲で貪欲な壺》を使っている状態で《No.89 電脳獣ディアブロシス》の①効果もしくは②効果を使えば、

10枚(ゴードン)+1枚(①or②効果)+11枚(③効果)で、合計22枚を除外できる。

相手デッキが40枚デッキの場合、半分以上のカードを除外できる。デッキによっては、そのテーマのギミックやコンボの一気に潰せてしまう。

次のターンで相手がこのカードを除外できない場合は、もう一度効果を使うことで相手デッキロスを狙っていくこともできてしまう。

《No.89 電脳獣ディアブロシス》は、エクシーズモンスターなので、メインデッキの圧迫はないことも良い。

レベル7を作れるデッキでエクストラデッキに余裕があれば採用しておけば、相手が《強欲で貪欲な壺》を使ってきたら出していくという形で使える。

実際、環境では《強欲で貪欲な壺》の採用率が高くなっているので、《No.89 電脳獣ディアブロシス》は、汎用ランク7エクシーズ枠として環境でも使えそう。

【関連記事】

「ランク7・エクシーズモンスター」おすすめ汎用カード一覧【遊戯王】
「ランク7・エクシーズモンスター」汎用・優良おすすめカード一覧! 「ランク7エクシーズ」として汎用性が高いカード・採用率が高いカードをまと...

「コレクターズパック2017」予約情報

遊戯王OCG デュエルモンスターズ COLLECTORS PACK 2017 BOX

『コレクターズパック2017(COLLECTORS PACK)』全収録カード一覧【遊戯王OCG】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク