《V・HEROウィッチ・レイド》考察!罠リリースでアドバンス召喚!


《V・HEROウィッチ・レイド》効果テキスト

効果モンスター

星8/闇属性/戦士族/攻2700/守1900

このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの罠カードをリリースできる。

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。この効果を発動するターン、自分は「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。

《V・HEROウィッチ・レイド》効果解説

《V・HEROウィッチ・レイド》は「コレクターズパック」で登場する「レベル8闇属性戦士族」モンスター。

アドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの罠カードをリリースでき、召喚に成功した時に、相手フィールドの魔法罠カードをすべて破壊する《ハーピィの羽根箒》効果。この効果を使うターン自分は「HERO」モンスターしか特殊召喚できなくなる。

罠カードをリリースしてアドバンス召喚できる点は、「真竜」モンスターに似ている。

「真竜」モンスターはがリリースに使えるのは永続魔法・永続罠カードであるが、《V・HEROウィッチ・レイド》は「罠カード」をリリースできる。永続魔法はリリースできないが、永続罠だけでなく「カウンター罠」「通常罠」などもリリースすることができる。

《V・HEROウィッチ・レイド》が使えそうなデッキ

《V・HEROウィッチ・レイド》は「V・HERO」モンスターではあるが、テーマカードとしてのシナジーはほどほど。

「罠カードをリリースしてアドバンス召喚」できる《V・HEROウィッチレイド》は罠カードを積極的に墓地に送れる性能を活かした活用ができそう。

例えば、

「幻影騎士団(ファントムナイツ)」罠カードは、墓地から除外することで効果を使える。

「幻影騎士団」罠カードをリリースすることで《V・HEROウィッチレイド》をアドバンス召喚し、墓地に送られた「幻影騎士団」罠カードを除外して効果を使えばうまく活用できる。

「バスターブレイダー」デッキにも、墓地除外から効果を使える罠カードがある。

《破壊剣一閃》《破壊剣士の揺籃》《破壊剣の追憶》と、強力な効果を持つ罠カードが「バスターブレイダー」テーマには存在し、これら罠カードの採用率ももともと高いので使えるかもしれない。

その他にも、《幻煌龍》《RR》《カオスソルジャー》などのデッキにも墓地除外から効果を使える罠カードがある。

ただ、難点としては、《V・HEROウィッチレイド》はアドバンス召喚などの召喚権を使ってしまうこと。

レベル8モンスターとして2体リリースが必要なため、3枚のアドを使ってこのモンスターをあえて出すのは実際のところどうなのかは悩みどころ。

スポンサーリンク



「コレクターズパック2017」予約情報

『コレクターズパック2017(COLLECTORS PACK)』全収録カード一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク