「魔導真竜WW」大会優勝デッキ回し方・デッキレシピ構築【遊戯王OCG】


「魔導真竜WW」大会優勝デッキレシピ

「魔導真竜WW」デッキがCS大会で優勝したようです。

2017年4月24日 東京遊戯CS 1位

先日、「真竜WW」が大会優勝していますが、

「真竜WW召喚獣」デッキ大会優勝!回し方・デッキレシピ構築解説
「真竜WW召喚獣」大会優勝デッキレシピ 「真竜WW召喚獣」デッキという、デッキタイプが大会で優勝した模様。真竜デッキに、「WW召喚...

今回は、そこから派生して「魔導」パーツを出張させた「魔導真竜WW」という構築になっている。

「魔導真竜WW」デッキレシピ構築

「魔導」出張は、強力なドローソースに変わる「ルドラの魔導書」をメインに展開する構築。

「魔導パーツ」の採用枚数としては、下記枚数↓

  • 《魔導書士バテル》×2枚
  • 《ルドラの魔導書》×2枚
  • 《グリモの魔導書》×2枚
  • 《ゲーテの魔導書》×1枚

《魔導書士バテル》は2枚。《グリモの魔導書》《ルドラの魔導書》は名称指定の1ターンに1度もついているし2枚が妥当か。墓地に魔導書カードが存在する時に発動できる《ゲーテの魔導書》も1枚採用されている。

又、今回《WW-グラスベル》が3枚採用されている。

《WW-グラスベル》は、基本、素引きしたくないカードで、《WW-アイスベル》効果でデッキから特殊召喚する形で出していきたい。

なので《真竜WW》デッキでは、《アイスベル》3枚、《グラスベル》1枚、《スノウベル》1枚いった感じで、《WWグラスベル》の採用枚数は1枚、多くて2枚程度なのが一般的。

しかし、今回の《魔導真竜WW》においては、《ルドラの魔導書》が採用されているため、

素引きした《WW-グラスベル》通常召喚→効果で《WW-アイスベル》サーチ→《ルドラの魔導書》発動で場の《WW-グラスベル》を墓地へ送り2ドロー→フィールドにモンスターがいなくなったので《WW-アイスベル》効果で特殊召喚→効果で《WW-グラスベル》をデッキリクルートで、「レベル7風属性シンクロ」へつなげていくことができ、

素引きした《WW-グラスベル》を《ルドラの魔導書》の効果で墓地に送りドロー加速に使っていくことができるため、グラスベルの3枚採用でもOK。

前の環境で、《AFWW召喚獣》が流行ったが、

【大会考察】大会入賞した《AFWW召喚獣》デッキシレピ考察
【大会優勝考察】大会入賞した《AFWW召喚獣》デッキレシピから回し方を考察しました! 新制限環境下での大会に《AFWW召喚獣》が大会で結果...

このデッキには《ワンダーワンド》が採用されていて、

《AFWW召喚獣》では、このカードが《WW-グラスベル》の素引きリスクのケアの役割を担っていて、今回の《ルドラの魔導書》はワンダーワンドに継ぎ、代替カードとして機能させることができる。

「魔導真竜WW」デッキ回し方

「魔導真竜WW」の回し方として、ドロー加速コンボがある。

《WW-アイスベル》《魔導書士バテル》の2枚から、

《WW-アイスベル》効果で特殊召喚。

効果でデッキより《WW-グラスベル》を特殊召喚。

効果で《WW-アイスベル》をサーチ。

次に、《魔導書士バテル》を通常召喚

→効果で《ルドラの魔導書》(グリモの魔導書でもOK)をサーチ。

《ルドラの魔導書》発動→場の《WW-アイスベル》を墓地に送り2枚ドロー。

さらに《WW-グラスベル》《魔導書士バテル》でレベル6シンクロ《スターダストチャージウォリアー》を特殊召喚で、成功時に1枚ドロー。

最終局面:召喚権使い+《スターダストチャージウォリアー》+3枚ドロー。

この動きは《WW-アイスベル》《魔導書士バテル》の2枚から動けるのが強い上、先行1ターン目に《クリスタルウィングシンクロドラゴン》を立てる以外の選択肢が増えるのが良い。

《真竜》や《命削り真竜》デッキ相手には、《帝王の烈旋》への警戒が必要。

《WW-スノウベル》で破壊耐性があってもリリースには対応できないため、《帝王の烈旋》で処理されてしまうことが多い。

そういう意味でも、1ターン目に《スターダストチャージウォリアー》を立てて、ドロー加速から手札誘発や罠カードなどを手札に持ってくることで、次のターンまで様子を見る選択肢ができたのは大きい。

スポンサーリンク



「魔導真竜WW」デッキ関連記事

「魔導真竜WW」デッキの関連記事をまとめました。

《ファイヤーハンド》《アイスハンド》真竜対策のサイド採用が強い

【遊戯王環境】真竜環境が「後攻ゲー」になっている点を考察

《エアサーキュレーター》は真竜WW(ウィンドウィッチ)と相性が良い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク