「雷仙神」考察!LPコストで出せる2700打点レベル7モンスター【遊戯王OCG】


《雷仙神》効果テキスト

効果モンスター

星7/光属性/雷族/攻2700/守2400

(1):このカードは3000LPを払って手札から特殊召喚できる。

(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に発動する。自分は5000LP回復する。

《雷仙神》効果解説

《雷仙神》は「コードオブザデュエリスト」で登場した特殊召喚ルールを持ったレベル7モンスター光属性・雷族モンスター。

①効果は、3000LPを払うことで手札から特殊召喚できる効果。特殊召喚ルールによる特殊召喚なので、この特殊召喚に対してチェーンブロックを作られずにフィールドに出すことができる。

②効果は、①効果から関連した効果で、①効果で特殊召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に発動でき、5000LPを回復する効果。

①効果によるライフコストが3000LPなので、合計すると2000LPのプラスになってくれる。

《神の通告》《神の宣告》など、まだまだライフコストを払う系のカウンター罠の採用率も高く、ライフ回復は単純に嬉しい効果ではある。

ちなみに、「除外」や「バウンス」や「墓地送り」効果など破壊ではない効果によってフィールドから離れる場合には効果を使うことができないため、注意が必要。

《雷仙神》効果考察

あんまり注目されていませんが、個人的には強いと思う《雷仙神》。

《雷仙神》はライフ回復効果に目が行きがちだが、単純にスタータスが強い。

ライフコストだけで手札からチェーンブロックを作らず特殊召喚でき、攻撃力2700のモンスターが出てくるのは普通に強い。召喚権を温存できるばかりか、アタッカーとしても機能して、もし相手によって破壊されてしまった場合でもライフを5000回復できる。

先行で壁として立たせるのもアリ。

後攻でアタッカーとして使うのもアリ。

レベル7光属性を生かし、シンクロやエクシーズをしていくのもアリ。

「ランク7・エクシーズモンスター」おすすめ汎用カード一覧【遊戯王】

ただし、一つ注意が必要なこととしては《十二獣ヴァイパー》や《ABCドラゴンバスター》など、

「除外やバウンス」効果が環境上位にいる場合は除去されてしまう、といったリスクがある。そうなるとライフ回復効果を使えず終わる確率が高くなってしまう。

ただ、「破壊効果」が環境上位の場合は、

除去をあまり警戒しすぎずにフィールドに出せるので、相手への牽制にも壁としても使える。

そういう意味では、環境上位テーマ次第で採用が変わってくる側面もあるだろう。

スポンサーリンク



《雷仙神》相場価格

《雷仙神》は「コードオブザデュエリスト」におけるノーレア枠のカードだが、そこまで高騰している感じではなさそう。

今後、ランク7エクシーズが環境にくる時は高騰する可能性も高いので2〜3枚は入手しておいても良いかもしれないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク