「リンク2モンスター」汎用おすすめリンクモンスター【遊戯王OCG】


「リンク2」モンスターまとめ

《アカシックマジシャン》

《アカシック・マジシャン》

リンク・効果モンスター

リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1700

【リンクマーカー:上/下】

トークン以外の同じ種族のモンスター2体

自分は「アカシック・マジシャン」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードのリンク先のモンスターを全て持ち主の手札に戻す。

(2):1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。このカードの相互リンク先のモンスターのリンクマーカーの合計分だけ自分のデッキの上からカードをめくり、その中に宣言したカードがあった場合、そのカードを手札に加える。それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

《プロキシードラゴン》

リンク・効果モンスター

リンク2/光属性/サイバース族/攻1400

【リンクマーカー:左/右】

モンスター2体

(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。

素材指定がない汎用リンク2モンスター。

攻撃値が低いが、出しやすさの面ではかなりの汎用性がある。

《リンクバンパー》

リンク・効果モンスター

リンク2/地属性/サイバース族/攻1400

【リンクマーカー:上/左】

サイバース族モンスター2体

(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが相手のリンクモンスターに攻撃したダメージステップ終了時に発動できる。このバトルフェイズ中、そのモンスターは通常の攻撃に加えて、このカード以外の自分フィールドのリンクモンスターの数まで、相手のリンクモンスターに攻撃できる。この効果を発動するターン、そのモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。

《ハニーボット》

リンク・効果モンスター

リンク2/光属性/サイバース族/攻1900

【リンクマーカー:左/右】

サイバース族モンスター2体

(1):このカードのリンク先のモンスターは効果の対象にならず、戦闘では破壊されない。

サイバース族の素材指定があるリンク2モンスター。

リンク先モンスターに効果対象耐性・戦闘破壊耐性をつける事ができる。

《ミセスレディエント》

リンク・効果モンスター

リンク2/地属性/獣族/攻1400

【リンクマーカー:左下/右下】

地属性モンスター2体

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。

(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

右下・左下にリンクマーカーを持つリンク2モンスター。

素材指定が地属性だが、右下・左下のリンクマーカー先にEXモンスターを召喚する枠を増やす事ができる。もともとの攻撃力は1400だが、自身の効果で1900まで攻撃値をあげる事ができる。

《バイナル・ソーサレス》

《バイナル・ソーサレス》

リンクモンスター 効果モンスター【LINK-2:左/右】

地属性 サイバース族/ATK1600

トークン以外のモンスター2体

①:このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。

  • 1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターとの戦闘で相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。その数値分だけ自分のLPを回復する。
  • 2体:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。ターン終了時まで、そのモンスター2体の内1体の攻撃力を半分にし、その数値分もう1体の攻撃力をアップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

トークン以外のモンスター2体の素材で出せるリンク2モンスター。

出しやすい上に、相互リンク状態の数によって強力な効果を得る事ができる。

《星杯神楽イヴ》

リンク・効果モンスター

リンク2/水属性/魔法使い族/攻1800

【リンクマーカー:左/右】

種族と属性が異なるモンスター2体

(1):リンク状態のこのカードは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。

(2):このカードのリンク先のモンスターが効果で破壊される場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。

(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

素材が「種族と属性が異なるモンスター2体」で出せるリンク2モンスター。

《プロキシードラゴン》や《バイナルソーサレス》などに比べたら出しにくいが、その分効果が強く、ステータスも1800と低くはない。

《星杯剣士アウラム》

リンク・効果モンスター

リンク2/炎属性/サイバース族/攻2000

【リンクマーカー:左下/右下】

「星杯」モンスター×2

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の「星遺物」モンスターの種類×300アップする。

(2):このカードのリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、そのモンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

「星杯」専用のリンク2モンスター。

効果から、星杯デッキへの採用になるだろう。

《トリックスター・ホーリーエンジェル》

リンク・効果モンスター

リンク2/光属性/天使族/攻2000

【リンクマーカー:左下/右下】

「トリックスター」モンスター2体

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのリンク先に「トリックスター」モンスターが召喚・特殊召喚される度に、相手に200ダメージを与える。

(2):このカードのリンク先の「トリックスター」モンスターは戦闘・効果では破壊されない。

(3):「トリックスター」モンスターの効果で相手がダメージを受ける度に発動する。このカードの攻撃力はターン終了時まで、そのダメージの数値分アップする。

「トリックスター」専用のリンク2モンスター。

専用デッキカードとしての活用になるだろう。

「リンク2モンスター」特集まとめ

リンク2モンスターをまとめてみました。今後、随時更新していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク