《No.29マネキンキャット》考察。新たな汎用ランク2エクシーズ!


《No.29マネキンキャット》効果テキスト

《No.29 マネキンキャット》

星2 光属性 獣族・エクシーズ ATK/2000 DEF/900

レベル2モンスター×2

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを相手フィールドに特殊召喚する。

②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。

《No.29マネキンキャット》効果解説

《No.29マネキンキャット》が「コレクターズパック2017」への収録が決定しました。

光属性・獣族のランク2エクシーズモンスター。攻撃力がランク2にしては2000とそこそこあり、攻撃力でみたら《聖騎セイントレア》と同じ数値を持っている。

《No.29マネキンキャット》の効果としては、①の起動効果として、相手モンスターを墓地から相手フィールドに蘇生させる効果と、②誘発効果として、相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合に相手フィールドのモンスターを対象に発動しそれと同じ属性か種族のモンスターを自分の手札・デッキ・墓地から特殊召喚できる効果を持っている。

この②誘発効果は、①起動効果に連動する形で展開することもできるし、他で相手がモンスターを特殊召喚した場合でも使うことができる。

もちろん②効果には、名称指定の1ターンに1度の縛りはあるが、相手モンスターの特殊召喚がトリガーになっている分”擬似的な特殊召喚制限”とすることも可能。

《No.29マネキンキャット》効果考察

「壊獣」を送りつける

《No.29マネキンキャット》は、相手フィールドにモンスターが特殊召喚されると発動する誘発効果なので、「壊獣」モンスターを特殊召喚することで効果を使っていくこともできる。

しかも「壊獣」モンスターは、自分自身でその属性or種族を選択できるため、特殊召喚するモンスターもある程度こちらの自由に選択できる利点がある。

《妨げられた壊獣の眠り》が制限カードとなりこのカードの採用率も下がっているため、「壊獣」の種類数にはあまりこだわらずにデッキ投入できるため、都合の良い「壊獣」を複数枚入れるのが良いのではないだろうか。

盤面を広げるランク2エクシーズ枠としての活用

ランク2エクシーズは《聖騎セイントレア》《ダイガスタフェニクス》などのアタッカーや、《No.45滅亡の予言者クランブルロゴス》や《幻影騎士団カースドジャベリン》などの相手に干渉する効果を持つモンスターは多くいるが↓

「ランク2・エクシーズモンスター」おすすめ汎用カード一覧【遊戯王】
「ランク2・エクシーズモンスター」汎用・優良おすすめカード一覧! 現在の「ランク2エクシーズ」として汎用性が高いカード・採用率が高いカード...

自分フィールドの盤面強化”の効果を持っているランク2エクシーズは少ない。

《No.29マネキンキャット》は②効果として特殊召喚効果を持っており、状況次第ではランク2エクシーズから強力な後続を呼ぶ効果を使っていくことができる。

デッキリクルートもできるため、《kozmoダークシミター》のような大型モンスターをデッキから呼べるのは盤面強化の面でランク2エクシーズ随一かも。

いずれにせよ、そもそもの種類があまり多くないランク2エクシーズが増えたのは単純に嬉しいですね。

【関連記事】

「ランク2・エクシーズモンスター」おすすめ汎用カード一覧

スポンサーリンク



「コレクターズパック2017」予約情報

『コレクターズパック2017(COLLECTORS PACK)』全収録カード一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク