《リンクディサイプル》効果判明・考察。リンク1サイバース族!


《リンク・ディサイプル》効果テキスト

《リンク・ディサイプル》

リンク・効果

光属性/サイバース族/ATK 500/LINK-1/下

レベル4以下のサイバース族モンスター1体

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードのリンク先のモンスター1体をリリースして発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。

《リンク・ディサイプル》効果解説

《リンク・ディサイプル》は「Vジャンプ2017年7月」で付録されるカード。リンク1サイバース族のリンクモンスター。

リンクマーカーは「下」を向いているので1箇所のEXゾーンの拡張機能がある。

《リンク・ディサイプル》の効果としては、名称指定の1ターンに1度の制限があり、リンク先のモンスターをリリースして、1ドローし手札を1枚をデッキの一番下に戻す効果。1体モンスターをリリースで手札入れ替え。

フィールドから墓地に送られると発動するモンスターをリリースしていきたいところ。

《リンク・ディサイプル》効果考察

《リンク・ディサイプル》は、「リンク1モンスター」としては3枚目のカード。

「リンク1モンスター」

リンクマーカーが自分の陣地に向いているリンク1モンスターとしては、《リンクスパイダー》に継ぐ、2枚目になる。

《リンクスパイダー》は素材として「通常モンスター1体」なので、バニラモンスターやトークン生成カードをデッキに採用する必要があった。

今回の《リンクディサイプル》は素材として「レベル4以下のサイバース族1体」を指定しているため、効果モンスターであってもレベル4以下のサイバースであれば素材とすることができる。

「サイバース族」はまだまだ数は少なく、サイバース族デッキ専用効果を持つカードが多いが、今後いろいろと種類が増えて来て、壊れ効果や、汎用効果を持つモンスターも増えてくるだろう。

そうなると、今後次第では化ける1枚になるかもしれない。

《ドットスケーパー》や《サイバースガジェット》などと相性がよく、

両方ともレベル4以下のサイバース族なので素材にできる。また、ともにフィールドから墓地に送られると《ドットスケーパー》は自身を特殊召喚する効果、《サイバースガジェット》はサイバース族のトークンを生成できる効果を持っている。

そのままリンク召喚をすれば、リンク2モンスターである《ハニーボット》《プロキシードラゴン》《バイナルソーサレス》などにつなげていくことができる。

「リンク2モンスター」

《リンクディサイプル》は、あくまで中継役であり、他のリンクモンスターへアクセスする手段を供給してくれる。

「Vジャンプ2017年7月号」予約

現在、Amazonで予約ができるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク