「ウォータードラゴン」新規カード効果まとめ・デッキテーマ考察


「ウォータードラゴン」デッキテーマとは

遊戯王OCG「デュエリストパックレジェンドデュエリスト編」で強化される「ウォータードラゴン」と名のつくエースモンスターを中心としたデッキ。

アニメ「遊戯王-GX」で三沢が使用したデッキテーマでもある。アド損が激しいため不人気テーマではあるが、昔の遊戯王をやっていた人にはロマンがあって良い。

下記に「ウォータードラゴン」デッキテーマのカードをまとめました。

《ウォータードラゴンクラスター》

特殊召喚・効果モンスター

星10/水属性/海竜族/攻2800/守2600

このカードは通常召喚できない。「ボンディング」魔法・罠カードの効果でのみ特殊召喚できる。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの効果モンスターはターン終了時まで、攻撃力が0になり、効果を発動できない。

(2):このカードをリリースして発動できる。手札・デッキから「ウォーター・ドラゴン」2体を召喚条件を無視して守備表示で特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

《デューテリオン》

星5 水属性 恐竜族 ATK/2000 DEF/1400

このカードの①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分メインフェイズにこのカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「ボンディング」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「ハイドロゲドン」「オキシゲドン」「デューテリオン」のいずれか1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

《ボンディングD2O》

通常魔法

このカードの?の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分の手札・フィールドの「デューテリオン」2体と「オキシゲドン」1体をリリースして発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「ウォーター・ドラゴン」または「ウォーター・ドラゴン-クラスター」1体を選んで「ボンディングH2O」の効果の扱いとして特殊召喚する。

②:このカードが墓地に存在し、「ウォーター・ドラゴン」または「ウォーター・ドラゴン-クラスター」がフィールドから自分の墓地へ送られた場合に発動する。墓地のこのカードを手札に戻す。

《ボンディングDHO》

通常罠

①:自分の手札・墓地から「デューテリオン」「ハイドロゲドン」「オキシゲドン」を1体ずつデッキに戻して発動できる。自分の手札・墓地から「ウォーター・ドラゴン-クラスター」1体を選んで特殊召喚する。

②:墓地のこのカードを除外して発動できる。自分のデッキ・墓地から「ウォーター・ドラゴン」または「ウォーター・ドラゴン-クラスター」1体を選んで手札に加える。

《ウォータードラゴン》

特殊召喚・効果モンスター

星8/水属性/海竜族/攻2800/守2600

このカードは通常召喚できない。「ボンディング-H2O」の効果でのみ特殊召喚できる。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの炎属性モンスター及び炎族モンスターの攻撃力は0になる。

(2):このカードが破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の「ハイドロゲドン」2体と「オキシゲドン」1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

《ハイドロゲドン》

効果モンスター

星4/水属性/恐竜族/攻1600/守1000

このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分のデッキから「ハイドロゲドン」1体を特殊召喚する事ができる。

《オキシゲドン》

効果モンスター

星4/風属性/恐竜族/攻1800/守 800

このカードが炎族モンスターとの戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、お互いのライフに800ポイントダメージを与える。

《ボンディングH2O》

通常魔法

自分フィールド上に存在する「ハイドロゲドン」2体と「オキシゲドン」1体を生け贄に捧げる。自分の手札・デッキ・墓地から「ウォーター・ドラゴン」1体を特殊召喚する。

「ウォータードラゴン」デッキ効果解説

今までの「ウォータードラゴン」テーマは、《ウォータードラゴン》を出す条件として、《ボンディングH20》の効果で《ハイドロゲドン》2枚と《オキシゲドン》が1体をフィールドからリリースする必要があったので、実に”4枚消費”が必要な高コストテーマ。

今回新規追加されたカードとして《デューテリオン》がいるが、このカードはメインフェイズに手札から捨てることで、

「ボンディングD2O」や「ボンディングDHO」をデッキサーチできるようになる。

出すこと自体重いのは変わらないが、これら「ボンディングD2O」や「ボンディングDHO」では、新規カード《ウォータードラゴンクラスター》を特殊召喚できる。

《ウォータードラゴンクラスター》は効果はそこそこ強くて、後続を呼ぶ②効果で、デッキから《ウォータードラゴン》を2体をデッキ手札から特殊召喚できるので、

自分ターンに使えば、そこからランク8エクシーズにつなげることも可能。

ただし、必ず《ウォータードラゴン》を2体出さないといけない指定があるため、素引きして腐る可能性がある《ウォータードラゴン》を複数枚デッキに積む必要があるのは痛い。

《トレードイン》で、素引きした《ウォータードラゴン》、《ボンディングDHO》で回収した《ウォータードラゴン》をコストにドロー強化などで回転率を上げていくのが正解か。

それぞれ《デューテリオン》《ハイドロゲドン》《オキシゲドン》はすべて恐竜族なので、《魂喰いオヴィラプター》でデッキサーチorデッキから墓地に送る効果を使うことができる。

こうやってみると、恐竜族テーマに救済をした《魂喰いオヴィラプター》はマジで良カードだな。

いずれにせよ「デュエリストパックレジェンドデュエリスト編」が楽しみではある。個人的には「サイバーダーク」も欲しいが「ウォータードラゴン」も地味に好きなので。

GX世代にはロマンがあるぜ。

スポンサーリンク



「デュエリストパックーレジェンドデュエリスト編」予約情報

遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編- BOX

「デュエリストパックーレジェンドデュエリスト編」予約情報です。

デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編(Amazon予約)

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編(駿河屋予約)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク