「十二獣真竜」デッキに《エクシーズギフト》採用するメリット考察【遊戯王】


「十二獣真竜」大会優勝デッキレシピ

「十二獣真竜」の大会優勝デッキが増えてきていますね。

「十二獣真竜」大会優勝デッキレシピ

2017年5月21日 第23回トレカマーケットCS 1位

その中で上記「十二獣真竜」デッキレシピにて、《エクシーズギフト》《エクシーズユニバース》が採用されていました。

十二獣と真竜の良いとこ取りをしている「十二獣真竜」デッキですが、さらに改良の余地があったみたいですね。

規制後の「十二獣真竜」デッキが大会優勝!デッキレシピ構築・回し方

《エクシーズギフト》効果テキスト

通常魔法

自分フィールド上にエクシーズモンスターが2体以上存在する場合に発動できる。自分フィールド上のエクシーズ素材を2つ取り除き、デッキからカードを2枚ドローする。

《エクシーズギフト》と「十二獣真竜」考察

《エクシーズギフト》効果は、フィールドにエクシーズモンスターが2体以上いる時に発動でき、自分フィールドのX素材2つ取り除き2ドローする効果

十二獣の動き方として、

《十二獣》効果モンスター召喚→《十二獣ブルホーン》→《十二獣ライカ》と続くのが一般的で《十二獣ライカ》の効果でもう1体墓地に「十二獣」エクシーズモンスターを蘇生させるのが初動の動き。

例えば、《十二獣サラブレード》召喚→《ブルホーン》でサーチ→《ライカ》でブルホーン蘇生となると、素材なし《ライカ》と、素材なし《ブルホーン》の2体が並ぶ。

で、エクストラには《ワイルドボウ》と《ハマーコング》が残っているが、正直この2枚の使い道としては《ワイルドボウ》→《ハマーコング》で終わりで、せいぜい《ハマーコング》の対象耐性効果を持ったせる程度。

確かにないよりはマシだが、ちょっともったいない。そこで《エクシーズギフト》が使える。

素材が2つ持っている《ハマーコング》から、2つ素材を取り除き2枚ドローできる効果を使える。これによって、ワイルドボウとハマーコングの使い道を提供してくれている。

「十二獣真竜」デッキは、サーチ手段としてブルホーンを使えるので、手札アドは取りやすいのは事実。

ただ《十二獣ヴァイパー》素材になる効果を使っていくと案外簡単に手札が減りやすい。さらに十二獣をサーチしているだけで手札誘発や魔法罠をサーチしているわけではない。そのため、手札でだぶついて腐るケースもある。

そういった観点から、十二獣サーチ以外での単純なドロー強化が望ましいという点もあり、《強欲で貪欲な壺》以外でドローソースとして期待できるのが普通に嬉しい。

さらに付け加えると、この「十二獣真竜」デッキには《エクシーズユニバース》が採用されている。

このカードは「十二獣ミラー」でも使えるし、横展開で広がった自分の十二獣モンスターを対象に発動して、ランク7、8のエクシーズを持ってこれる。

《エクシーズユニバース》も同時に採用することで《ジェネレーションフォース》を採用することができ、

状況に応じて《エクシーズギフト》《エクシーズユニバース》のどちらかをデッキサーチすることが可能になる。

《エクシーズギフト》でドロー強化から「手札誘発」、《コズミックサイクロン》、「真竜パーツ」などで呼びこめ、ミラーでは《エクシーズユニバース》で対処。

十二獣デッキが増えてきている環境ならでの使えそうなカードですね。

スポンサーリンク



《エクシーズギフト》通販相場価格

《エクシーズギフト》の通販価格です。ノーマルカードなので1枚100円以下で購入可能です。下記でリアルタイム価格が確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク