《炎王獣ガネーシャ》判明考察。《炎王の孤島》と炎王出張がくるか【遊戯王】


《炎王獣ガネーシャ》効果考察

効果モンスター

星4/炎属性/獣戦士族/攻1800/守 200

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがフィールドに存在し、モンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし、このカード以外の自分の手札・フィールドの炎属性モンスター1体を選んで破壊する。

(2):このカードが破壊され墓地へ送られた場合、「炎王獣 ガネーシャ」以外の自分の墓地の炎属性の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。その特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズ時に破壊される。

《炎王獣ガネーシャ》が「サーキットブレイク」への収録が決定しました。

新規の炎王カードですが、効果も非常に強く「炎王」デッキの必須カードとなるだけではなく「炎王」出張を可能にするカードでもあるでしょう。

《炎王獣ガネーシャ》効果解説

《炎王獣ガネーシャ》はATK1800、DEF200というステータスが優秀なだけでなく効果もかなり強い。

効果としては、①効果として、モンスター効果が発動した時に発動できる誘発効果で、その発動を無効にし、このカード以外のフィールド手札の炎属性モンスターを1体選んで破壊できる効果。

注意が必要な点としては、「モンスター効果無効だけで破壊できないこと」と「モンスター効果が発動した時という「時」効果であること」。

また、手札フィールドに炎属性が存在しない場合は、この効果を使うことができない点は注意が必要。ただ、汎用手札誘発《灰流うらら》も炎属性だったりするので、炎属性を扱っているデッキへ汎用カード枠として採用することもできる。また、炎王カードは破壊されると起動するデッキでもあるので破壊先を「炎王」モンスターにすることでディスアドバンテージをアドにかえることができる。

②効果は、破壊され墓地へ送られた場合、炎王獣 ガネーシャ以外墓地の炎属性の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを蘇生できる効果。効果無効とエンドフェイズ破壊となる。

①効果で破壊した炎属性モンスターを墓地から蘇生ということもできる

炎属性獣族・鳥獣族・獣戦士族テーマといえば、「炎星」「炎王」「陽炎獣」あたりがあるだろうか。

チューナーで探すと、レベル1チューナー《紅蓮地帯を飛ぶ鷹》

Pモンスターで探すと、《ドラコニアの獣竜騎兵》《マイルドターキー》あたりがスケールも優秀で汎用カードとして利用できそう。

このように、破壊トリガーの炎王デッキにおいて《炎王獣ガネーシャ》は、破壊する役にも、破壊される役にもなることができるというかなり有用なモンスター。

「炎王」デッキの出張

又、《炎王獣ガネーシャ》の登場によって、《炎王の孤島》との「炎王」出張もより手軽にできるかもしれない。

フィールド魔法

「炎王の孤島」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、デッキから「炎王」モンスター1体を手札に加える。

(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこの効果を発動できる。手札の鳥獣族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。

(3):フィールドゾーンの表側表示のこのカードが、墓地へ送られた場合または除外された場合に発動する。自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

《ドラゴニックD》が登場する以前には、

《kozmo》など破壊によって起動するデッキテーマに対して、手札のモンスターも破壊できる《炎王の孤島》と《炎王獣ガルドニクス》を出張する「炎王kozmo」デッキというのが存在した。

このように手札破壊というアイデンティティーを持っていたが、一つ難点として、《炎王の孤島》の破壊効果を使うためには「炎王モンスター」を採用する必要があったので、《炎王獣ガルドニクス》などの炎王モンスターが必要だった。

《炎王獣ガルドニクス》効果は使えなくはないが汎用性はいまいちだったのがたまにきずだったのですが、今回判明した《炎王獣ガネーシャ》が効果の汎用性は比較的あり出張性能もある。

そのため、今後は《炎王の孤島》とのセットでの出張採用というのも増える可能性がある。

①モンスター効果を無効を使うには、このカード以外の「炎属性」モンスターを採用する必要があるが、《灰流うらら》はもちろんのこと、他にも炎属性を採用するデッキ、または「炎王」モンスターの《ガルドニクス》と一緒の採用する出張などで、その対応を図るのも良いかもしれない。

今後、真竜の環境が弱体化することによって、手札破壊が欲しいデッキへ「炎王」パーツの出張はテーマはマジでアリだろう。

スポンサーリンク



「サーキットブレイク」予約情報

「サーキットブレイク」予約情報です。

現在、ほぼ定価の予約が可能のようです。

「サーキットブレイク」(Amazon予約)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    炎王新規は嬉しいが、炎王に最も必要なのは紙質リメイク