「トリックスター」デッキに《ドンサウザンドの契約》採用のメリット【遊戯王】


《ドン・サウザンドの契約》効果テキスト

永続魔法

「ドン・サウザンドの契約」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードの発動時の効果処理として、お互いのプレイヤーは1000LPを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。

(2):お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、このカードの(1)の効果でドローしたカードを公開し続ける。

(3):このカードの効果で手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは、モンスターを通常召喚できない。

「トリックスター」デッキに《ドン・サウザンドの契約》を採用することが相性が良さそう。

《ドンサウザンドの契約》の効果は3つある。

  1. 発動時効果処理として、互いに1000LP失い、互いに1ドロー効果
  2. ①効果でドローしたカードは公開し続ける
  3. 魔法カードを公開しているプレイヤーは通常召喚できない。

特に、①効果が強い。

「トリックスター」デッキは、効果バーンで相手ライフを削っていくテーマである上、《トリックスターマンジュシカ》がいれば相手が手札にカードを加えるとバーンが発動する。

つまり、フィールドに《トリックスターマンジュシカ》がいればただの1000LPだけでなく、プラスで200LPを削っていける。

もし《トリックスターライトステージ》があればさらに200LPの効果バーンを加えられる。

そして、《トリックスターリンカーネイション》と《ドロール&ロックバード》のハンデスコンボにおける条件である、「ドローフェイズ以外で相手がデッキからカードを手札に加えた場合」という発動条件を満たすことができるので、

《ドン・サウザンドの契約》→互いにドローの効果処理時《トリックスターリンカーネイション》→《ドロール&ロックバード》と発動していき、相手のハンデスを狙っていくこともできる↓

《ドロバ》と《リンカーネイション》ハンデスコンボがやばすぎる【遊戯王】
効果テキスト 《トリックスターリンカーネイション》 通常罠 (1):相手の手札を全て除外し、その枚数分だけ相手はデッキからドロ...

相手の手札はすべてハンデスして、自分だけ1ドローできればアドの温存にもなる。

《ドロール&ロックバード》の発動は基本的に相手依存であることが多く「相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加える場合」でないとコンボの条件を満たせない。そんな中、《ドンサウザンドの契約》であれば、自分のカードで相手のドローを促すことができ、自分メインフェイズに積極的に相手のハンデスを狙っていくことができることがポイント

さらに、この《トリックスターリンカーネイション》と《ドロール&ロックバード》ハンデスコンボの弱点は《リンカーネイション》発動時にチェーンされる《灰流うらら》になるが、

《灰流うらら》の手札誘発効果は、名称指定の1ターンに1度の縛りがあるので、先にうららを打たせた後にこのコンボを狙っていけばほぼ確実にハンデスコンボきめていくことができる

相手ターンに相手の動きに反応していくタイプの場合であれば、うららが手札にあることがあれば防がれてしまうが、自分ターンであれば相手が先にうららを使うケースは結構あるわけなので、コンボ成功率は高い。

そういった意味で、「トリックスター」デッキと《ドンサウザンドの契約》の相性はかなり良いと言える。

「トリックスター」大会入賞デッキレシピにもちょくちょく《ドンサウザンドの契約》は採用されているようです。

2017年6月3日 ショップ大会1位

2017年5月28日 熊本ランキング2位C

スポンサーリンク



【トリックスター】デッキ関連記事

「トリックスター」デッキの関連記事をまとめました。

「WWトリックスター」大会準々優勝デッキレシピ構築・回し方【遊戯王】
「WW(ウィンドウィッチ)トリックスター」デッキレシピ構築 「WWトリックスター」デッキが先日のCS大会で準々優勝しているようです...
「トリックスター」デッキ対策メタ方法。WWとのバーン連打【遊戯王】
「トリックスター」大会準々優勝デッキレシピ 「トリックスター」は、「WWトリックスター」というデッキタイプで大会入賞しています。 ...
「ABC召喚獣」「ABCトリックスター」デッキ紹介。回し方・レシピ構築
「ABC召喚獣」デッキレシピ 今回は、個人的に使用している「ABC召喚獣」デッキをご紹介します。 テーマとしては「ABC」デッキを活...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    トリックスターにドン千の契約を使う際に注意点がありまして、ドン千適応中に「トリックスター・マンジュシカ」をドローしてしまうと、特殊召喚効果が使えなくなる、という点があります
    これはマンジュシカは発動条件が、「手札のこのカードを相手に見せ…(以下略)」となってるのですが、「既に公開情報であるカードを再度公開することが出来ない」という裁定により、ドン千でマンジュシカをドローしてしまうと特殊召喚効果は使えなくなります
    既にご存知でしたら、すみません

    • DJみーくん より:

      コメントありがとうございます。
      いえいえ!むしろドンドンコメントしてくださいw 私自身は知ってましたが、確かに読者の方々には裁定として誤解されやすい部分ではあるかなと思いました。あくまでマンジュシカがフィールドにいる前提で《ドンサウザンドの契約》を打つのが良いかなーと思いますが、効果でドローしてしまうっていう状況にもなることもあるでしょうからね。
      それにしても、トリックスターは次期に環境でもやばそうですよね〜笑