【遊戯王】新規テーマ「クローラー」回し方・デッキレシピ構築について


このページは新規テーマクローラーデッキの回し方・デッキレシピ構築・大会環境での使い方などを解説するページになります。

「クローラー」デッキとは

「クローラー」デッキとは、レベル2昆虫族地属性モンスターを中心にしたデッキテーマ

特徴としては、リバース効果を持っているということや、相手の効果でフィールドから離れた場合に後続を呼ぶ効果を持っているということ

リバース効果ということで、昨今では非常に珍しいテーマでもある。

又、「星杯」テーマデッキ関連でもある「星遺物」テーマとの兼ね合いもある。

「星遺物」カードには、星杯関連の効果と、クローラー関連の効果を持つカードが存在する。そのため、一見「星杯」と「クローラー」は相性が良いように思うのだが、個人的に「星杯」と「クローラー」の相性は召喚権の食い合いが起こるためあまり相性が良いとは思わない。

そのため、クローラーはクローラーで、星杯は星杯でデッキ構築していくのが妥当なのではないかと思う。

今回は、そんな「クローラー」デッキのデッキ構築・回し方等についてまとめてみました。

「クローラー」デッキ構築・回し方

今回、「サーキットブレイク」を購入した管理人は、引きにおいて「クローラー」に好かれたというなんとも言えない体験をした。そこで管理人はこれを好機と捉え「クローラー」デッキを組むことにしました。

そしてテスプレイ、そして大会での実践で、管理人が感じたクローラーデッキ構築や回し方の特徴について述べてみようと思う。

リンクモンスター「エクスクローラー」を出すことが重要

まず、「クローラー」デッキの1番のポイントは、”序盤に弱く中盤以降に強い

そのため、リンクモンスターである「エクスクローラー」を出す必要があるということ。

効果モンスタ−の「クローラー」はそれぞれ特異な能力を持っているが、

単体ではアタッカーとしてステータスが低い上に、すべてレベル2なのでランク2エクシーズや低レベルシンクロではいずれにせよ打点面で強いモンスターが少ないという、打点不足という欠点がある。

又、クローラーモンスターは効果によってフィールドから離れた時にリクルートする効果を持っているので、相手カードの効果には対応できるが、こちらも戦闘破壊に弱い。

なので序盤に打点が高いモンスターを相手に並べられると戦闘を介してアドを失っていくということもある。

それを補う《星遺物に差す影》というフィールド魔法があるが、クローラーデッキにおける非常に重要なカードであるだけに《幽鬼うさぎ》や《コズミックサイクロン》で基本割られると思っていた方が良いくらいによく割られてしまう。

そのため、やはり戦闘という弱点を補うためにも、クローラーリンクモンスターを出していく必要がある。

リンクモンスターである「エクスクローラー」の共通効果は、

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

相手の効果でフィールドから離れた場合、又は戦闘で破壊された場合って、

これ、ほとんどの除去手段が、このカードのトリガーになってしまう。

つまり、めっちゃ強くて、粘り強さがあるのがクローラー。

壁としても強いだけでなく、クローラーモンスターの中ではリンクモンスターが一番ステータスが高い。そのためとにかくこのリンクモンスターを出すために、クローラーモンスターを2体揃えて、展開していくことが重要。

罠カードなどで1ターン目をしのぐ

クローラーは、リンク2モンスターである「エクスクローラー」モンスターを出すことを初動の目的にすれば良いのだが、

フィールドに「クローラー」モンスターを2体揃えることを意識しないといけない

《ワームベイト》という魔法カードが相性が良いという意見もあるが、前述の通りエクスクローラーモンスターは墓地のクローラーを蘇生する効果。

なので、トークンを生成するにすぎない《ワームベイト》経由であればリンクは立ちますが、戦闘効果で破壊されると結局後続を呼ぶことができない。

そのため、あくまでクローラーモンスター2体でリンク召喚して行きたい。

1ターン目でクローラーを2体揃える一番良い方法は、《星遺物に差す影》《ライバルアライバル》などで手札から特殊召喚する効果を使っていく必要があるが、

これらがひけない時、無効にされた時などは、次のターンまで「クローラー」を守りきる必要がある。そのため「クローラー」デッキには罠カードの採用をおすすめしたい。

《覇者の一括》《威嚇する咆哮》などの攻撃封じカードも良いし、攻撃反応系の《聖なるバリアミラーフォース》なども良いだろう。

「クローラー」デッキは、「リンクモンスター」墓地蘇生や相互リンク効果などで、クローラーモンスターをフィールド・墓地に揃えば揃うほど効果を発揮するテーマ

そのため、中盤から終盤にかけてはかなり安定感・防御力がある。

そのため、いかに序盤をしのぎリンクモンスターを出して、アドを取るルートが取れるのかが重要。

幸い、

「クローラー」は、”相手効果でフィールドから離れた場合”にはデッキから後続を呼ぶ効果を使えるのでバトルフェイズの戦闘の対策さえしてしまえば1ターン目をしのぐことができるといっても良いだろう。

なので、1ターン目は「クローラー」を裏守備でセットして、罠カードで1ターン目をしのぎ、次のターンに「クローラー」モンスターをもう1体出して、リンク召喚していくというルートが強いだろう。

以上のように、なんとか序盤を耐えて、後半以降の畳み掛けを狙って行きたいテーマである。

スポンサーリンク



まとめ

今回は「クローラー」デッキの回し方・構築を管理人の個人的な意見も交えて解説してみました。

リバース効果という少し変わった特徴を持つ「クローラー」デッキですが、なかなか面白い動きをしてくれるテーマになりそうです。

「クローラー」デッキ関連のカードは初動価格もそこまで高くないので、他のサーキットブレイク収録テーマに比べたら比較的安価に組むことができそうです。

「サーキットブレイク」の通販購入情報まとめです。

【オンライン通販購入情報】

遊戯王OCG デュエルモンスターズ CIRCUIT BREAK BOX

サーキットブレイク購入(駿河屋)

サーキットブレイク購入(Amazon)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク