【遊戯王】「ABC」デッキに《マグネットリバース》が使える理由は何か


このページは「ABC」デッキに《マグネットリバース》採用が流行っている理由に関して考察していきます。

《マグネットリバース》テキスト

遊戯王カード DP17-JP005 マグネット・リバース レア 遊戯王デュエルモンスターズ [-王の記憶編-]

《マグネットリバース》

速攻魔法

(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、機械族または岩石族の通常召喚できないモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

「ABC」デッキに《マグネットリバース》が強い理由

ABCドラゴンバスターの帰還

遊戯王OCG ABC-ドラゴン・バスター ウルトラレア SDKS-JP041-UR

「ABC」デッキ はっちCS×ドラスタ杯 in ドラゴンスター岸和田春木店 2位C

「ABC」デッキに《マグネットリバース》が採用されている理由。

それはシンプルに《ABCドラゴンバスター》を蘇生or帰還ができるから。

《マグネットリバース》は、墓地もしくは除外されている通常召喚できない機械族モンスターを特殊召喚する効果を持っているので、

分離効果や壊獣で墓地に行ったり、システムダウンなどで除外された場合でも、《マグネットリバース》を使ってフィールドに戻すことができる。

(ちなみに正規ルートの召喚が必要なため、《浮幽さくら》などでEXから直接除外された場合はその特殊召喚することができません。)

蘇生札としては、昨今人気なカードである《戦線復帰》や《リビングデッドの呼び声》があるが、《マグネットリバース》は速攻魔法ということでスペルスピード2で手札から発動できる奇襲性を持っている。

そのため、自分のターンのバトルフェイズに発動して一気に畳み掛けることもでき、且つ状況に合わせてセットしておけば相手ターンに発動して蘇生していくこともできる。

相手ターンで分離→A、B、Cパーツをそれぞれ特殊召喚→自分ターンに《マグネットリバース》発動からのドラバスで、総打点7600を与えることができる。

単純にABCドラゴンバスターを蘇生できること自体はかなり強力であるので、《死者蘇生》《戦線復帰》《リビングデッドの呼び声》などとは、速攻魔法という点で差別化されている《マグネットリバース》が採用されているのだろう。

召喚獣メルカバーにも対応

遊戯王OCG 召喚獣メルカバー スーパーレア SPFE-JP032-SR 遊☆戯☆王ARC-V [フュージョン・エンフォーサーズ]

もう一つは機械族の《召喚獣メルカバー》にも対応していることだ。

「ABC」デッキは、単純な純構築だけでなく、召喚獣を取り入れる「ABC召喚獣」なるデッキも存在する。

《暴走魔法陣》と《こけコッコ(もしくはデストルドー)》2枚で

デコードトーカー、メルカバー、ABCドラゴンバスターを立てるルートがかなり強い。

詳しくはこちら↓

「ABC召喚獣」「ABCトリックスター」デッキ紹介。回し方・レシピ構築
「ABC召喚獣」デッキレシピ 今回は、個人的に使用している「ABC召喚獣」デッキをご紹介します。 テーマとしては「ABC」デッキを活...

この「ABC召喚獣」デッキの場合、《召喚獣メルカバー》も機械族であるためこのカードも《マグネットリバース》の効果の対象になれる。

「ABC召喚獣」の場合、基本的にはメルカバーとABCドラゴンバスターが切り札で、この2枚を展開することに大きなウェイトをおいたデッキなので、この2枚両方に対応できる《マグネットリバース》を採用するのも納得できる。

そういう意味で、《マグネットリバース》は速攻魔法での蘇生札、そして墓地も除外も対応できるという戻せる範囲の広さから、「ABC召喚獣」デッキなどを中心に「ABC」デッキへの採用されているようですね。

スポンサードリンク


まとめ

「ABC」デッキに《マグネットリバース》の採用の理由について述べてきました。

《戦線復帰》と《ボウテンコウ》のコンボもそうですが、やはり強力なEXモンスターを墓地蘇生して再利用するのは強いですよね。

というわけで今回はこれで以上です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク