「ミレニアムアイズサクリファイス」は簡易融合から手札誘発ケアになる


《ミレニアムアイズサクリファイス》効果テキスト

《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》

融合・効果モンスター

星1/闇属性/魔法使い族/攻   0/守   0

「サクリファイス」+効果モンスター

(1):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、相手のフィールド・墓地の効果モンスター1体を対象として発動できる。その相手の効果モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。

(2):このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値分アップする。

(3):このカードの効果で装備したモンスターと同名のモンスターは攻撃できず、その効果は無効化される。

《ミレニアムアイズサクリファイス》効果考察

《ミレニアムアイズサクリファイス》は「デュエリストパックレジェンドデュエリスト編2」で登場する融合モンスター。

レベル1モンスターなので、カップ麺でおなじみの《簡易融合》から特殊召喚できるモンスター。

効果がなかなか特殊で、

相手効果モンスターが発動した時に、相手の墓地・フィールドのモンスターを対象に発動でき、そのカードを装備する効果。で、装備したモンスターと同名モンスターは攻撃できず、効果が無効化される、という内容。

つまり、この《ミレニアムアイズサクリファイス》は手札誘発モンスターメタになる。

《灰流うらら》《幽鬼うさぎ》などの手札誘発モンスターはコストで墓地なので、その効果に対してチェーンを組む際にはすでに墓地にある。

なので、例えば

《SPYRAL RESORT》発動(チェーン1)→《幽鬼うさぎ》効果(チェーン2)→《ミレニアムアイズサクリファイス》を相手墓地のうさぎ対象に発動(チェーン3)

とすれば、そのまま相手のうさぎを装備して、チェーン2のうさぎの効果が無効化される。

((注)ただしKONAMIさんの特殊裁定次第で変わるかもしれないが。)

というわけで、うさぎやうららの手札誘発モンスター対策に《ミレニアムアイズサクリファイス》は簡易融合1枚からなってくれる。

しかも《簡易融合》自体はデメリットは1000ライフコストだけで、特殊召喚制限があるわけでも、召喚権を消費してしまうわけでもないのも良い。

なので、先行1ターン目で《簡易融合》発動からの《ミレニアムアイズサクリファイス》を出して、誘発ケアをしておきながらその後の自分のギミックを回してくということができる。

効果を使い終わったらあとは役に立たないので、リンク召喚していくのも良い。

特に《ミレニアムアイズサクリファイス》はレベル1モンスターなので、リンク1《リンクリボー》にしていくのも良いだろう。

リンク召喚をするテーマも増えているので、単純に「効果モンスター1体分」としてリンク2・リンク3あたりのリンク素材にしていっても良い。

また、《ミレニアムアイズサクリファイス》は魔法使い族でもあるので、

《ルドラの魔導書》を採用しているデッキであればそのままドローソースとしても利用していくこともできる。

このうさぎ・うららなどの誘発ケアもできてリンク召喚なのでの様々な素材になれる《ミレニアムアイズサクリファイス》は、間違いなく今回のパックの目玉になるカードだ。

スポンサードリンク


デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2」予約

現在「レジェンドデュエリスト編2」定価予約が可能です。

レジェンドデュエリスト編2(Amazon予約)

レジェンドデュエリスト編2(楽天予約)

スポンサーリンク
スポンサーリンク