【遊戯王】「ヴァンパイア」デッキ回し方・優勝デッキレシピ構築論


「ヴァンパイア」デッキとは「デッキビルドパック ダークセイヴァーズ」で強化された闇属性アンデット族テーマ。

《ユニゾンビ》《馬頭鬼》《不知火》など、豊富なサポートカードが存在するアンデット族テーマにおいて、強力な展開札をもらった「ヴァンパイア」デッキの回し方・優勝デッキレシピ構築の解説をしていきたいと思います。

「ヴァンパイア」大会優勝デッキレシピ構築

「ヴァンパイア」デッキの大会優勝デッキレシピ構築

「ヴァンパイア」デッキ回し方

勝ち筋は《ヴァンパイアの支配》《ハリファイバー》中心の先行制圧パーミッション型

ヴァンパイアデッキの強みは、なんといっても、ヴァンパイア版の《セフィラの神撃》である《ヴァンパイアの支配》というカウンター罠カードを使えることだ。

 《ヴァンパイアの支配》
カウンター罠

このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できない。

(1):自分フィールドに「ヴァンパイア」モンスターが存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。その後、破壊したカードがモンスターカードだった場合、自分はその元々の攻撃力分だけLPを回復する。

《ヴァンパイアの支配》の発動条件は、ヴァンパイアモンスターがフィールドにいることのみ。《竜星の九支》のように「その後破壊」などの付属効果はなく、むしろ破壊したカードがモンスターカードだった場合にLPを回復できる効果を持っている。

非常に使いやすい上《ヴァンパイアの眷属》からのサーチに対応しているため、デッキから引っ張ってきやすい利点もある。これを使って相手のメタを張っていく。

また展開ルート・盤面次第では、

《水晶機巧ハリファイバー》《幽鬼うさぎ》ルートの展開をしていったり、

相手ターンで《水晶機巧ハリファイバー》→Sチューナーから《PSYフレームロードΩ》《氷結界の龍トリシューラ》《水晶機巧グリオンガンド》などの、除去効果を持つ大型シンクロモンスターへつなげていくことも可能。

《ヴァンパイアの使い魔》《ヴァンパイアの眷属》からの起動

「ヴァンパイア」デッキの回し方は、墓地から特殊召喚効果と、特殊召喚成功した場合にデッキからヴァンパイアをサーチできる《ヴァンパイアの使い魔》《ヴァンパイアの眷属》の2枚をメインに動く。

特殊召喚成功した場合という条件でサーチ効果を使えるので、デッキのキーカードでもあり、ほとんどのデッキで両方とも3積みされているカードである。

 《ヴァンパイアの使い魔》
  効果モンスター星1/闇属性/アンデット族/攻 500/守   0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、500LPを払って発動できる。デッキから「ヴァンパイアの使い魔」以外の「ヴァンパイア」モンスター1体を手札に加える。

(2):このカードが墓地に存在する場合、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「ヴァンパイア」カード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

《ヴァンパイアの眷属》
効果モンスター星2/闇属性/アンデット族/攻1200/守   0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、500LPを払って発動できる。デッキから「ヴァンパイア」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

(2):このカードが墓地に存在する場合、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「ヴァンパイア」カード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

《ユニゾンビ》
チューナー・効果モンスター

星3/闇属性/アンデット族/攻1300/守   0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。

(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。

基本的には、《ユニゾンビ》と「眷属もしくは使い魔」のどちらか1枚があれば動ける。

【ケース1】:《ユニゾンビ》《ヴァンパイアの眷属》の2枚から

《ユニゾンビ》通常→効果でデッキから《ヴァンパイアの使い魔》墓地に送る→墓地の《ヴァンパイアの使い魔》効果を手札の《ヴァンパイアの眷属》をコストにして発動。《ヴァンパイアの使い魔》蘇生→500LP払って効果発動→デッキより《ヴァンパイアの使い魔》サーチからセット。

墓地の《ヴァンパイアの眷属》の効果を手札の《ヴァンパイアの使い魔》をコストに発動→《ヴァンパイアの眷属》蘇生→500LP払って効果を使い《ヴァンパイアの支配》をサーチ。

《ユニゾンビ》《ヴァンパイアの眷属》で《水晶機巧ハリファイバー》をリンク召喚。デッキから《幽鬼うさぎ》リクルート。

【最終盤面】

  • 場に《水晶機巧ハリファイバー》《ヴァンパイアの使い魔》《ヴァンパイアの支配》
  • 墓地に《ユニゾンビ》《ヴァンパイアの使い魔》
  • 除外に《ヴァンパイアの眷属》

という布陣ができる。

相手ターンには《幽鬼うさぎ》《ヴァンパイアの支配》の妨害できる。

また《水晶機巧ハリファイバー》の効果で《TGワンダーマジシャン》を出せば、相手ターンに《TGワンダーマジシャン》《幽鬼うさぎ》《ヴァンパイアの使い魔》の3枚で《水晶機巧グリオンガンド》を出していくことができる。 S召喚成功時には、相手フィールド・墓地のカードを3枚除外できる。

【パターン2】:《ユニゾンビ》《ヴァンパイアの使い魔》

《ユニゾンビ》通常召喚→効果でデッキから《ヴァンパイアの眷族》を墓地に送る。墓地の《ヴァンパイアの眷族》効果を手札《ヴァンパイアの使い魔》コストにして発動。《ヴァンパイアの眷族》蘇生→500LP払って効果で《ヴァンパイアの支配》サーチからセット。墓地の《ヴァンパイアの使い魔》効果をフィールドの《ヴァンパイアの眷族》をコストにした発動→蘇生から500LPを払って効果発動で、デッキから《ヴァンパイアフロイライン》をサーチ。

【最終盤面】

  • 場に《ユニゾンビ》《ヴァンパイアの使い魔》《ヴァンパイアの支配》
  • 手札に《ヴァンパイアフロイライン》
  • 除外に《ヴァンパイアの眷属》

ユニゾンビと使い魔からは上記ルートになります。初手でもう一枚手札にヴァンパイアカードがあれば【ケース1】と似たルートへ持っていけます。

ちなみに最終盤面は、《ユニゾンビ》と《ヴァンパイアの使い魔》でハリファイバーを出していくパターンでも良いでしょう。

ですが、ヴァンパイアがフィールドからいなくなると《ヴァンパイアの支配》が使えなくなるので、ハリファイバーになるかは他の手札などの状況によるでしょう。

バトルフェイズの攻撃宣言時には、《ヴァンパイアフロイライン》を出して使っていくのも良いだろう。

 《ヴァンパイア・フロイライン》
効果モンスター

星5/闇属性/アンデット族/攻 600/守2000

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):モンスターの攻撃宣言時に発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。

(2):自分のアンデット族モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、100の倍数のLPを払って発動できる(最大3000まで)。その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ払った数値分アップする。

(3):このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ終了時に発動できる。そのモンスターを墓地から可能な限り自分フィールドに特殊召喚する。

《ヴァンパイアアウェイク》
通常罠

このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できない。

(1):デッキから「ヴァンパイア」モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

また、手札に《ヴァンパイアの支配》を素引きしている場合は、デッキから直でヴァンパイアをリクルートできる《ヴァンパイアアウェイク》を持ってきても良いでしょう。

構築の幅があり様々なデッキタイプの派生

《ユニゾンビ》はこのデッキのキーカードでもあるので、ほとんどのデッキで3枚採用だろう。

また1枚で《ユニゾンビ》に変換できる《不知火の隠者》の採用も多い。

その流れから「不知火」カードを多く採用した「不知火ヴァンパイア」デッキの構築もある。

 《不知火の隠者》
  効果モンスター

星4/炎属性/アンデット族/攻 500/守   0

「不知火の隠者」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。デッキから守備力0のアンデット族チューナー1体を特殊召喚する。

(2):このカードが除外された場合、「不知火の隠者」以外の除外されている自分の「不知火」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動時にフィールドに「不知火流 転生の陣」が存在する場合、この効果の対象を2体にできる。

《PSYフレームギアγ》を採用している場合、《不知火の隠者》のリリース発動に打たれる《灰流うらら》に対して《PSYフレームギアγ》を発動できるのも良い。

また「アンデット」デッキは、《馬頭鬼》あたりの墓地起動効果で強さを発揮する墓地肥やしと相性が良いデッキタイプでもある。そのため、《隣の芝刈り》を採用した「60芝刈りヴァンパイア」軸もあるようだ。

 《馬頭鬼》
効果モンスター

星4/地属性/アンデット族/攻1700/守 800

(1):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。そのアンデット族モンスターを特殊召喚する。

《隣の芝刈り》
通常魔法

(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。 デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

ハリファイバーから持ってこれるレベル2チューナー《妖刀不知火》を採用するケースもあるようだ。

《妖刀不知火》と《不知火の隠者》が墓地にいれば、

《妖刀不知火》墓地効果で、自身と墓地の《不知火の隠者》を除外してレベル6シンクロモンスター《刀神不知火》をEXデッキから特殊召喚→除外された《不知火の隠者》の効果で除外ゾーンの《妖刀の不知火》を特殊召喚→

《刀神不知火》と《妖刀不知火》で《クリスタルウィングシンクロドラゴン》も出せます。

このように「ヴァンパイア」デッキは、純構築の「純ヴァンパイア」デッキのみならず、「不知火」や「芝刈り」などのアンデット族特有の要素を組み合わせたデッキ構築も多い。

《ヴァンパイアの使い魔》《ヴァンパイアの眷族》《ヴァンパイアの支配》《ヴァンパイアウェイク》あたりは出張性能もあるので、ヴァンパイア要素少し取り入れたアンデット族デッキというのもできる。

スポンサードリンク


まとめ

「ヴァンパイア」大会優勝デッキレシピ構築紹介・回し方解説をしてまいりました。

「ヴァンパイア」デッキは、かなり強いテーマです。個人的には、構築次第では「ヴァンパイア」の環境入りをするテーマでもあると思います。

同じく「ダークセイヴァーズ」に収録されている「閃刀姫」に注目が集まっていますが、「ヴァンパイア」デッキもなかなか面白いテーマなんです。

【関連記事:デッキビルドパックダークセイヴァーズ】

【遊戯王】「閃刀姫」デッキ回し方・優勝デッキレシピ構築解説
「閃刀姫(せんとうき)」デッキとは「デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズ」で登場した、リンク召喚テーマのデッキテーマです。 《閃刀...
【遊戯王】「空牙団」デッキ回し方・デッキレシピ構築論・相性の良いカード解説
「空牙団」デッキとは「デッキビルドパック ダークセイヴァーズ」で登場した「空牙団」と名のついたモンスターを駆使して戦うテーマです。 「...
スポンサードリンク