【遊戯王】闇鋼龍ダークネスメタル、氷獄龍トリシューラ、熾天龍ジャッジメント、撃滅龍ダークアームド、終焉龍カオスエンペラー効果判明!


Vジャンプ7月号の付録&応募者全員サービスカードである《闇鋼龍ダークネスメタル》《氷獄龍トリシューラ》《熾天龍ジャッジメント》《撃滅龍ダークアームド》《終焉龍カオスエンペラー》の詳細効果が判明しました。

融合・シンクロ・エクシーズ・ペンデュラム・リンク召喚それぞれ1体ずつ5体のドラゴン族モンスターになります。というわけで、その詳細を確認します。

Vジャンプ7月号付録・応募者全員サービス特典カード

闇鋼龍ダークネスメタル

闇鋼龍 ダークネスメタル リンク4 闇属性

【リンクマーカー:上/左下/下/右下】

ドラゴン族・リンク ATK2800

同じ種族・属性の効果モンスター2体以上

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分の墓地のモンスターまたは除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合持ち主のデッキの一番下に戻る。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンクモンスターを特殊召喚できない。

《氷獄龍トリシューラ》

氷獄龍 トリシューラ 星9 水属性
ドラゴン族・融合 ATK/2700 DEF/2000
カード名が異なるモンスター×3
このカードは自分の手札・フィールドのモンスターを素材とした融合召喚及び以下の方法でのみEXデッキから特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードを除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:元々の種族がドラゴン族のモンスターのみを素材としてこのカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分のデッキ・相手のデッキの一番上・相手のEXデッキの順に確認してそれぞれ1枚ずつ除外する。このカード名のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

《熾天龍 ジャッジメント》

熾天龍 ジャッジメント 星8 光属性
ドラゴン族・シンクロ ATK/3000 DEF/2600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードをS召喚する場合、S素材モンスターは全て同じ属性のモンスターでなければならない。
①:自分の墓地にチューナーが4種類以上存在し、このカードがS召喚されている場合、1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。
②:自分エンドフェイズに発動する。自分のデッキの上からカードを4枚除外する。

《撃滅龍 ダーク・アームド》

撃滅龍 ダーク・アームド ランク7 闇属性
ドラゴン族・エクシーズ ATK/2800 DEF/1000
レベル7モンスター×2体以上
「撃滅龍 ダーク・アームド」は1ターンに1度、自分の墓地の闇属性モンスターが5体のみの場合、自分フィールドのレベル5以上のドラゴン族・闇属性モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。その後自分の墓地からカード1枚を選んで除外する。この効果の発動後、ターン終了時までこのカードは攻撃できない。

《終焉龍カオス・エンペラー》

終焉龍カオス・エンペラー 星8 闇属性
ドラゴン族・ペンデュラム ATK/3000 DEF/2500
【モンスター効果】
このカードは通常召喚できない。「終焉龍 カオス・エンペラー」は1ターンに1度、自分の墓地の光属性と闇属性モンスターをそれぞれ1体ずつ除外した場合のみ、手札・EXデッキから特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。EXモンスターゾーン以外の自分のフィールドのカードを全て墓地へ送り、墓地へ送った数まで相手フィールドのカードを選んで墓地へ送る。その後、相手の墓地へ送った数×300ダメージを相手に与える。
②:特殊召喚した表側表示のこのカードがはフィールドから離れた場合にデッキの一番下に戻る。
【P効果】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1000LPを払い、除外されている自分のドラゴン族モンスターを対象として発動できる。このカードを破壊しそのモンスターを手札に加える。

スポンサードリンク


まとめ

ダムドはレッドアイズや海皇水精鱗などのランク7デッキに採用可能。

カオスエンペラーは闇と光を使うデッキには採用可能できる感じですね。《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》のサーチに対応スケール1Pモンスターという点も見逃せません。

ダークネスメタルは、リンク4の中では、珍しく展開補助系効果を持っているので、墓地や除外ゾーンを利用するデッキには使えそう。

トリシューラはドラゴン族デッキなら強いことは間違いない上に、カード名が異なる3枚で出せる点、リンク3の2500打点の《トポロジックトゥリスバエナ》よりも、攻撃力が2700と200ポイント高いので、3体素材で出せる突破モンスターとして使えるかも。

ジャッジメントはライロやアンデットなどのチューナーを使い除外が活きるデッキに利用できる感じかもしれませんね。いずれにせよ、4体チューナーを揃えるのは墓地が肥えてないことには始まらない。

全体的に、10期の抑え目な感じを受けますね。

でも、EXモンスターなので、1枚ずつは確保しても良さそうなカードかなと個人的には思います。後々化ける可能性があるカードもあるので。

スポンサードリンク