『コードオブザデュエリスト』全収録リスト一覧・考察記事まとめ【遊戯王OCG】

最新情報

【遊戯王】『コード・オブ・ザ・デュエリスト』s収録リスト一覧・考察記事まとめ

  1. 『コードオブザデュエリスト』内容
  2. 『コードオブザデュエリスト』収録一覧
    1. 《ファイア・ウォール・ドラゴン》
    2. 《電影の騎士ガイアセイバー》
    3. 《ミセス・レディエント》
    4. 《星杯剣士アウラム》
    5. 《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》
    6. 《覇王眷竜クリアウィング》
    7. 《ランチャー・コマンダー》
    8. 《サルベージェント・ドライバー》
    9. 《サイバース・ウィザード》
    10. 《戒めの龍》
    11. 《トワイライトロード・ジェネラル・ジェイン》
    12. 《トワイライトロード・ソーサラー ライラ》
    13. 《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》
    14. 《トワイライトロード・ファイター ライコウ》
    15. 《黄昏の双龍(トワイライト・ツイン・ドラグーン)》
    16. 《トワイライト・イレイザー》
    17. 《剛鬼ザ・グレート・オーガ》
    18. 《剛鬼スープレックス》
    19. 《剛鬼ツイストコブラ》
    20. 《トリックスターホーリーエンジェル》
    21. 《トリックスター・キャンディナ》
    22. 《トリックスター・ライトステージ》
    23. 《切れぎみ隊長》
    24. 《影星軌道兵器ハイドランダー》
    25. 「Re:EX(レックス)」
    26. 《キャッスル・リンク》
    27. 《緊急救急救命レスキュー》
    28. 《ブーギートラップ》
    29. 《絶縁の落とし穴》
    30. 《スリーストライク・バリア》
    31. 《暗黒界の洗脳》
    32. 《戦線復帰》
    33. 《砂塵の大嵐》
  3. 『コードオブザデュエリスト』予約情報まとめ

『コードオブザデュエリスト』内容

発売日:2017年4月15日

全80種

ウルトラレアカード 6種
スーパーレアカード 10種
レアカード 18種
ノーマルカード 46種

『コードオブザデュエリスト』収録一覧

《ファイア・ウォール・ドラゴン》

リンク 効果モンスター

サイバース族・光属性・ARK2500 上下左右

モンスター×2体以上

①:このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

②:このカードのリンク先のモンスターが戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場に発動できる。手札からモンスター1体を特殊召喚する。

《ファイアウォールドラゴン》藤木優作エースモンスター効果判明・考察!

《電影の騎士ガイアセイバー》

地属性/機械族/リンク/ATK/2600 LINK-3 左/右/下

モンスター2体以上

効果テキストなし

《ミセス・レディエント》

地属性/獣族/リンク ATK/1400 LINK-2 左下/右下

地属性モンスター×2体

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。

②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

《ミセス・レディエント》考察

《星杯剣士アウラム》

炎属性サイバース族・リンク

【LINK-2:左下/右下】ATK/2000

「星杯」モンスター2体

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードの攻撃力は、自分の墓地の「星杯」モンスターの種類×?00アップする。

②:このカードのリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、そのモンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

『星杯』デッキテーマ考察!『コードオブザデュエリスト』収録

《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》

融合/効果/星8/ドラゴン族/闇属性/ATK2800/DEF2000

闇属性Pモンスター×2

このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。

  • 自分フィールドの上記カードをリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。

①1ターンに1度、このカード以外の自分または相手のフィールド・墓地のモンスター1体を対象として発動できる。エンドフェイズまで、このカードはそのモンスターと同じ、もともとのカード名・効果を得る。このターン、自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

《覇王眷竜スターヴヴェノム》効果考察!『コードオブザデュエリスト』収録

《覇王眷竜クリアウィング》

シンクロ 効果

星8 闇属性 ドラゴン族 ATK 2500/DEF 2000

チューナー+チューナー以外の闇属性Pモンスター1体以上

(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。

(2):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。そのモンスターを破壊し、破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

(3):このカードが墓地に存在する場合に、自分フィールドの「覇王眷竜」モンスター2体をリリースして発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。

「覇王眷竜クリアウィング」効果考察【遊戯王OCG】

《ランチャー・コマンダー》

星4 地属性 サイバース族 ATK/1700 DEF/1200

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。

②:1ターンに1度、自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

《サルベージェント・ドライバー》

星6 光属性サイバース族 ATK/2200 DEF/2100

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドのサイバース族リンクモンスターが相手によって破壊された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

②:手札から魔法カード1枚を捨て、自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン直接攻撃できない。

《サイバース・ウィザード》

星4/光属性/サイバース族/攻1800/守 800

(1):1ターンに1度、相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示にする。この効果で守備表示にしたターン、自分のモンスターは対象のモンスターしか攻撃できず、自分のサイバース族モンスターが対象の守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

《戒めの龍》

星8/効果/特殊召喚/ドラゴン族/闇属性 ATK3000/DEF2600

このカードは通常召喚できない。除外されている自分の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。

①1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。「ライトロード」モンスター以外の、お互いの墓地のカード及び表側表示で除外されているカードを全て持ち主のデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

②1ターンに1度、自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

《トワイライトロード・ジェネラル・ジェイン》

星4/効果/戦士族/闇属性 ATK1800 DEF1200

①1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで除外したモンスターのレベル×300ダウンする。

②1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

《トワイライトロード・ソーサラー ライラ》

星4 闇属性 魔法使い族 ATK/1700 DEF/200

①:1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》

星3 闇属性魔法使い族 ATK/1000 DEF/1000

①:1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、「トワイライトロード・シャーマン ルミナス」以外の除外されている自分の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

《トワイライトロード・ファイター ライコウ》

星2 闇属性 獣族 ATK/200 DEF/100

①:このカードが召喚・リバースした場合、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外して発動できる。フィールドのカード1枚を選んで除外する。

②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

《黄昏の双龍(トワイライト・ツイン・ドラグーン)》

通常魔法

①:自分フィールドに「戒めの龍」が存在する場合、自分の墓地の「裁きの龍」1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。その後、自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

②:このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合、自分の墓地の「戒めの龍」1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。その後、自分のデッキの上からカードを4枚除外する。

《トワイライト・イレイザー》

通常罠

①:自分フィールドに同じ種族でカード名が異なる「ライトロード」モンスターが2体以上存在する場合、自分の墓地の「ライトロード」モンスター2体を除外し、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。

②:このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「ライトロード」モンスター1体を特殊召喚する。

《剛鬼ザ・グレート・オーガ》

リンク・効果

地属性・戦士族  LINK3 右下・下・左下 ATK2600

「剛鬼」モンスター2体以上

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドのモンスターの攻撃力は、そのモンスターの元々の守備力分ダウンする。

(2):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。

「剛鬼」テーマ考察!『コードオブザデュエリスト』収録

《剛鬼スープレックス》

星4・地属性・戦士族

ATK1800 DEF 0

このカード名のの効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札から「剛鬼」モンスター1体を特殊召喚する。

(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「剛鬼スープレックス」以外の「剛鬼」カドを手札に加える。

《剛鬼ツイストコブラ》

星3・地属性・天使族

ATK 1600 DEF 0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体をリリースし、自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、リリースしたモンスターの元々の攻撃力分アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「剛鬼ツイストコブラ」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

《トリックスターホーリーエンジェル》

リンク 効果モンスター

天使族・光属性・ARK2000「LINK2」左下・右下

「トリックスター」モンスター×2体以上

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのリンク先に「トリックスター」モンスターが召喚・特殊召喚される度に、相手に200ダメージを与える。

②:このカードのリンク先の「トリックスター」モンスターは戦闘・効果では破壊されない。

③:「トリックスター」モンスターの効果で相手がダメージを受ける度に発動する。このカードの攻撃力はターン終了時まで、そのダメージの数値分アップする。

『トリックスター』考察!『コードオブザデュエリスト』収録

《トリックスター・キャンディナ》

効果モンスター

星4 天使族・光属性・ATK1800 DEF400

①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「トリックスター」カード1枚を手札に加える。

②:このカードがモンスターゾーンに存在する際に相手が魔法・罠カードを発動するたびに相手に200ダメージを与える。

《トリックスター・ライトステージ》

フィールド魔法

(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「トリックスター」モンスター1体を手札に加える事ができる。

(2):1ターンに1度、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。このカードがフィールドゾーンに存在する限り、セットされたそのカードはエンドフェイズまで発動できず、相手はエンドフェイズにそのカードを発動するか、墓地へ送らなければならない。

(3):自分フィールドの「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で相手にダメージを与える度に、相手に200ダメージを与える。

《切れぎみ隊長》

星1/効果/戦士族/地属性 ATK400 DEF1200

①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

《影星軌道兵器ハイドランダー》

特殊召喚・効果モンスター

星8/闇属性/機械族/攻3000/守1500

このカードは通常召喚できない。自分の墓地にモンスターが5体以上存在し、それらのモンスターのカード名が全て異なる場合のみ特殊召喚できる。

(1):1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動できる。自分の墓地のモンスターのカード名が全て異なる場合、フィールドのカードを1枚選んで破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

「影星軌道兵器ハイドランダー」考察『コードオブザデュエリスト』収録

「Re:EX(レックス)」

効果モンスター

星4・光属性・恐竜族 ATK1900 DEF1200

①このカードがEXモンスターゾーンのモンスターと戦闘を行う場合、ダメージステップ時の間だけこのカードの攻撃力・守備力は800ポイントアップする。

「Re:EX(レックス)」考察!恐竜真竜に使えるか

《キャッスル・リンク》

フィールド魔法

①1ターンに1度、自分メインフェイズにフィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの位置を、そのモンスターのリンク先のメインモンスターゾーンに移動する(そのモンスターから見て相手フィールドには移動できない)。

②1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分のメインモンスターゾーンのリンクモンスター2体または相手のメインモンスターゾーンのリンクモンスター2体を選び、その位置を入れ替える。

《緊急救急救命レスキュー》

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分のLPが相手より少ない場合に発動できる。デッキから攻撃力300/守備力100の獣族モンスター3枚を相手に見せ、相手はその中から1枚を選ぶ。そのモンスター1体を自分の手札に加え、残りをデッキへ戻す。

《緊急救急救命レスキュー》考察!サーチできる4枚まとめ

《ブーギートラップ》

《ブーギートトラップ》

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できない。

①:手札を2枚捨て、自分の墓地の罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを自分フィールドにセットする。この効果でセットしたカードはそのターンでも発動できる。

「ブーギートラップ」考察!罠カードの墓地回収セット&即発動効果持ち

《絶縁の落とし穴》

罠カード

①:リンクモンスターがリンク召喚に成功した時に発動できる。フィールドのリンク状態ではないモンスターを全て破壊する。

《スリーストライク・バリア》

通常罠
①:相手フィールドのカードが3枚のみの場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このターン、自分のモンスターは戦闘では破壊されない。
●このターン、自分が受ける戦闘ダメージは0になる。
●このターン、自分のモンスターが相手に戦闘ダメージを与える度に、その数値分だけ自分のLPを回復する。

《暗黒界の洗脳》

永続罠カード

①:自分の手札が3枚以上存在し、相手モンスター効果が発動した時、フィールドの「暗黒界」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。対象のモンスターを持ち主の手札に戻し、その相手の効果は「相手の手札をランダムに1枚捨てる」となる。

《暗黒界の洗脳》考察!

《戦線復帰》

通常罠

①:自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

《戦線復帰》考察!「通常罠バージョン」のリビデ!

《砂塵の大嵐》

通常罠

このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。

①:フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

『コードオブザデュエリスト』予約情報まとめ

遊戯王OCG デュエルモンスターズ CODE OF THE DUELIST BOX

この記事を書いた人はこちら。

遊戯王情報サイト「DJ遊戯王ドットコム」の管理人。

コメント